この情報は、従来のコースビューのみに適用されます。利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。

タスクツールを使用して、プロジェクトやアクティビティの編成、タスクの優先度の定義、学生のタスクステータスの追跡ができます。教員がコースにタスクを追加します。学生は[タスク]モジュールまたはコース内のツールリンクを使って、各自のタスクを管理できます。

モジュールの詳細

教員はタスクを作成して、それらを[タスク]ページに投稿できます。各学生は、自分のタスクページに個人のタスクを投稿できます。タスク情報は、優先度、タスク名、状態、および期日を表示する各列によって整理されます。

タスクは、コース内の小規模グループ固有のタスクのための、コースグループツールとしても利用できます。


コースタスクの作成、編集、削除

  1. コースメニューの[ツール]を選択します。[ツール]ページで[タスク]を選択します。

    -または-

    コントロールパネル]で[コースツール]セクションを展開し、[タスク]を選択します。
  2. [タスク]ページで、[コースタスクの作成]を選択します。
  3. [コースタスクの作成]ページで、名前、説明、期日を入力します。エディタのオプションを使用してテキストを書式設定したり、ファイル、画像、マルチメディアをアップロードできます。
  4. 通常、またはの優先度を割り当てます。
  5. 送信]を選択します。
  6. タスクが[タスク]ページに表示されます。タスクのメニューにアクセスし、タスクを編集または削除します。

タスクの表示

デフォルトでは、タスクは、日付ではなく、最高優先度から最低優先度の順に一覧表示されます。期日の順にタスクを表示するには、[期日]見出しを選択します。進行状況を報告済みの学生の人数やタスクを完了済みの学生の人数を表示するには、[ステータス]列を使用します。

タスク進行状況の表示

タスクのタイトルをクリックし、[タスクの表示]ページにアクセスします。[タスクの表示]ページには、そのタスクに関するすべての受講者の進行状況が表示されています。


タスクのリンクのコースメニューへの追加

タスクツールに簡単にアクセスできるように、コースメニューにリンクを追加できます。リンクの名前をカスタマイズすることもできます。

  1. [編集モード]を[ON]に変更し、コースメニュー上部の[メニュー項目の追加]アイコンを選択してメニューにアクセスします。
  2. [ツールリンク]を選択して名前を入力します。
  3. [タイプ]メニューから[タスク]を選択します。
  4. 学生に公開する準備ができたら、[ユーザが利用可能]チェックボックスをオンにします。
  5. [送信]を選択します。

新しいツールリンクがコースメニューのリストの最後に表示されます。矢印アイコンを押しながらドラッグして、リンクを新しい位置に移動します。リンクの名前変更や削除を行ったり、学生に対してリンクを非表示にしたりするには、リンクのメニューにアクセスします。

コースメニューの詳細