この情報は、Ultraユーザエクスペリエンスのみに適用されます。

学生の心を読む!

それは無理だとしても、学生の成績を予想して改善するために、学生データを役立てることができます。[成績に関連するコースアクティビティ]レポート (学習分析) では学生のコース教材の利用状況を確認することができます。このアクティビティは、コースの成果と強く相関することが示されています。オンラインのコース教材を積極的に利用する学生は、良い成績を取る傾向があります。

このデータから、懸命に努力しているもののまだ苦労している学生を特定し、支援することができます。オンラインのコース教材でアクティビティを増やし、学生の成績を向上させることができます。そして懸命な努力が実った学生を褒めることができます。

学生用トピックにアクセスして、この情報がどのように表示されるか確認できます。ブラウザの[戻る]機能を使用してこのトピックに戻ります。

[成績に関連するコースアクティビティ]ページには2つの方法でアクセスすることができ、ビューを選択できます。

アクティビティストリームから

表示するアクティビティおよび成績データがシステムに十分ある場合、アクティビティストリームに警告が表示されます。この警告が最初にトリガされるには、学生の積極的な取り組みがある程度必要であるため、数日かかる場合があります。

学期の間、学生の学習進度が遅れたり、不合格になったりすると警告が表示されます。警告は、学生の順位や成績がクラスの上位層に入っている場合、またはクラスの最下位層に落ちた場合にトリガされます。ストリーム警告を選択し、データを表示します。

[成績]ページから

自分の名前が表示されている一覧で、[成績]を選択します。[成績]ページで、コースの平均成績を表示するセルを選択します。[成績に関連するコースアクティビティ]レポートは、学生の半数が複数の採点を受けた場合に表示されます。

クラスの登録者数が数千におよぶ場合、今回のリリースではこのデータは表示されません。同様に、5人以下の少人数クラスでもこのデータは表示されません。匿名データにもかかわらず、少人数のクラスでは互いの成績が特定される可能性があるからです。


表示の選択

[学生のデータを理解する]ページで、[チャート表示]または[テーブル表示]アイコンを選択してビューを選択します。スクリーンリーダーでは、チャート表示は利用できません。

チャート表示

アクティビティストリーム、または[成績]ページから学生のアクティビティと成績を比較した散布図を表示します。学生のパフォーマンスを他の学生やアクティビティレベルと関連させて、幅広い観点で確認できます。

Y軸 :コースにおける学生の現在の成績はY軸に表示されます。

X軸 :アクティビティ数は、ページでのクリック数や滞在時間を考慮したアルゴリズムに基づいています。

回帰直線 :Blackboardの調査によると、学生の成績とそのアクティビティレベルは重要な相関関係があることがわかっています。回帰直線はその相関関係を示していて、アクティビティレベルに基づいて予測される成績を表しています。

拡大:散布図の特定の部分を拡大するには、クリックしドラッグしてその範囲を選択します。選択範囲に半透明の長方形が表示され、画面が自動的に拡大されます。[ズームをリセット]を選択してリセットします。

テーブル表示

[テーブル表示]を選択するとデータが行と列で表示されます。

予測との差 :学生の成績が努力のレベルをどのように反映しているかの概要を把握できます。たとえば、値がゼロの場合、学生の成績がその取り組みをよく反映していることを示します。値がマイナスの場合、成績が示すよりも学生はもっと積極的にコースに取り組んでいる可能性を示します。値がプラスの場合、成績が示すよりも学生の取り組みが不足している可能性を示します。

アクティビティレベル :学生のアクティビティレベルは、ページでのクリック数や滞在時間を考慮したアルゴリズムに基づいています。


学生の選択

"X人の学生の学習進度が遅れている"というストリーム警告からコースアクティビティデータにアクセスした場合、対象の学生が自動的に選択されています。選択された学生は点数が紫で表示され、[選択された学生]セクションに表示されます。

選択された学生の管理 :新たに学生を選択するには、検索バーに名前を入力し、結果を選択します。また、[クラス]セクションから学生の名前を選択することもできます。[クリア]を選択するとすべての学生が消去されます。点数を選択してオフに切り替えることもできます。

個人の詳細 :特定の学生について詳細を知るには、その点数を選択して[詳細を表示]を選択するか、名前の横にある矢印を選択します。

個々の学生データの表示の詳細


アクションの実行

データのダウンロード。[ダウンロードオプション]アイコンを選択すると、画像またはPDFとしてデータを保存できます。

アポイントをとる。[アポイントのスケジュール]アイコンを選択し、成績が低迷している学生との面談または学習セッションをスケジュールします。

学生へのメッセージの送信。[メッセージの送信]アイコンを選択し、激励、懸念、お祝いのメモを送ります。選択した学生が受信者として自動的に入力されます。他の受信者を追加することもできます。


詳細の確認