従来のコースビューで利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。Ultraコースビューでは、インストラクタはテストを常に利用できますが、匿名で提出されるアンケートはまだサポートされていません。

多肢選択問題

多肢選択問題では、学生は複数の選択肢の中から正解を1つ選択します。

複数回答問題を使用して、複数の回答を持つ問題を作成します。

多肢選択問題とJAWS®の詳細

多肢選択問題の作成

  1. テスト、アンケート、またはプールにアクセスします。質問の作成メニューで、[多肢選択問題]を選択します。
  2. [質問文]を入力します。
  3. メニューから[解答の番号付け]と[解答の表示方向]を選択するか、デフォルトのままにします。
  4. デフォルトの選択肢の数は4です。多くする場合は、メニューから[解答数]を選択します。解答数を減らすには、解答ボックスの横の[削除]を選択して削除します。多肢選択問題の解答数は2から99個の間で用意してください。
  5. 各ボックスに解答を入力します。
  6. 1つの正解に対するオプションを選択します。
  7. オプションで、正解および不正解のフィードバックを入力します。部分的な評価を許可した場合、部分的に正解している解答は、不正解のフィードバックを受け取ります。
  8. [送信]または[送信して次の質問を作成]を選択して、質問をテストに追加します。

多肢選択問題は自動的に採点されます。テストにこの種類の問題しかない場合、テストの得点は自動的に投稿され、学生に表示されます。


部分的な評価と負の評価

多肢選択問題では、部分的な評価または負の評価を指定できます。部分的な評価は、教材の一部しか理解していない解答をした学生に与えられます。部分評価の割合を、各解答に入力します。負の評価は、推量を抑止するために使用されます。不正解および質問に負の点数を与えることができます。

個々の質問で部分的な評価または負の評価を使用するには、[質問の設定]ページでそれらの評価を指定するオプションを有効にする必要があります。負の得点を許可するオプションは、部分的な評価を許可するオプションを選択していない限り表示されません。

部分評価と負の評価の詳細