従来のコースビューで利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。Ultraコースビューでは、インストラクタは成績表を常に利用できます。

成績管理での成績の割り当て

手動による採点を必要とする問題がないオンラインのテストおよびアンケートの場合、成績は自動的に割り当てられます。それらの成績を手動で編集できます。

成績管理の成績は次の方法で割り当てることができます。

  • [成績管理]または[要採点]ページから採点する項目にアクセスします。採点可能なブログや掲示板など一部の項目は、成績を割り当てるツールに移動します。
  • [成績管理]で、手動で成績を割り当てます。
  • カンマ区切り値 (CSV) ファイルやExcelスプレッドシートなどの外部ソースから、成績をアップロードします。オフラインで作業してから成績管理に成績をアップロードできます。

成績は、成績管理のセルに割り当てるか、セルのメニューからアクセスできる[成績の詳細]ページから割り当てます。セルで入力する場合は、その成績が成績の上書きになることがあります。[Enter]キーを押してエントリを保存します。押さないと、エントリを保存するように促されます。

成績値が小数で表される理由


[成績の詳細]ページでの成績の割り当て

[成績の詳細]ページで、学生の答案や成績の履歴の表示、成績の割り当てと編集、成績のクリアと除外を行えます。

  1. 成績のセルのメニューにアクセスし、[成績の詳細の表示]を選択します。
  2. [答案]タブの[成績の詳細]ページで、[答案の採点]を選択して、成績を入力します。
  3. [保存して終了]を選択して成績管理のメインページに戻ります。

    -または-

    [保存して次へ]を選択して次の答案を表示します。

[成績の詳細]ページの詳細


未提出の学習活動に関するリマインダの送信

未提出の学習活動がある学生とグループのメンバに、成績管理列からEメールリマインダを送信することができます。学生は、システムによって生成されたEメールを受け取ります。これには、コース、学習活動および期限日 (教員が設定している場合) が記載されています。Eメールが送信されると、画面上部に送信完了のメッセージと、記録用のEメールのコピーが表示されます。

匿名採点または採点の委託が有効化されている課題のリマインダを送信することもできます。匿名性を守るため、学生の名前および答案のステータスは公開されません。

所属の教育機関がBlackboard Learnの過去のバージョンを使用している場合、このメニューオプションは表示されません。


課題をブラウザで採点することはできますか?

元のコースビューとUltraコースビューの両方で、Bb Annotateを使用してインライン採点を行うことができます。Bb Annotateは、学生にカスタマイズ可能なフィードバックを提供するための、より強固な機能セットを備えています。提供される機能には、サイドバーの概要ビュー、手書き描画ツール、さまざまなカラー選択などがあります。

インライン採点の詳細


複数の答案の採点と管理

テストや課題を作成するとき、複数の答案を有効にします。学生に表示される成績に使用する答案を選択することも可能です。

課題の複数の答案の詳細

[成績の詳細]ページ

セルのメニューから[成績の詳細]ページにアクセスします。[答案]タブに、提出されたすべての答案が一覧表示され、ここで答案を採点したりクリアしたりできます。また、追加の答案を許可することもできます。すべての答案の成績は、[成績の履歴]タブに記録されます。

また、答案を無視して、保存はするものの、成績管理の集計からその得点を除外することもできます。その答案は許可された実施回数には数えられません。課題の成績を編集することもできます。

[削除]メニューを使用して、削除する1つまたはすべての答案を選択します。

成績管理グリッド

成績管理グリッドの成績セルのメニューから完了した答案の一覧を表示できます。成績を除外することができますが、メニューから答案をクリアまたは削除することはできません。

課題を2回受けられるように設定します。提出すると、両方の答案がセルのメニューに表示されます。

1つの答案を採点すると、セルとメニューに得点が表示され、更新された答案に要採点のアイコンが表示されます。

採点する答案の選択

複数の答案を許可している場合、すべての答案を採点する必要はありません。成績セルのメニューでは、各答案が1つまたは2つのアイコンとともに表示されます。採点に最初の答案または最終の答案を使用する場合、採点する必要がある答案が[要採点]アイコンとともに表示されます。クラスが大人数で採点の作業負荷が大きい場合、これで必要な答案を簡単に見分けることができます。

成績セルメニューのその他の答案は、[ユーザの成績に貢献しない]アイコンと[要採点]とともに表示されます。

所属の教育機関がBlackboard Learnの過去のバージョンを使用している場合、[ユーザの成績に貢献しない]アイコンは表示されません。

フィルタ機能を利用して、各成績セルのメニューに表示される答案を管理することもできます。デフォルト表示では、各答案が表示されます。[フィルタ]フィールドを開き、[ユーザの成績に貢献しない答案を表示]のチェックボックスをオフにします。そうすると、各成績セルのメニューに採点する必要がある答案のみが表示されます。

重要 : 4回の答案を許可していて、最後の答案を採点に使用することを選択している場合、[要採点]アイコンは最後に提出された答案にのみ表示されます。したがって、学生が3回答案を提出している場合、3回目の答案に[要採点]アイコンのみが表示されます。その答案を採点しても、学生はもう一度答案を提出できます。次の答案は4回目で最後の答案となるため、[要採点]アイコンのみが表示されます。

課題など一部の採点可能な項目については、成績列のメニューの[答案の採点]を選択し、採点を開始することもできます。学生の成績計算に含まれない答案は[ユーザの成績に貢献しない]アイコンとともに表示されます。[要採点]アイコンのみが表示されている答案に移動することができます。

また、[要採点]ページで複数答案の採点作業負荷をフィルタリングし、[成績の詳細]ページで答案を表示することもできます。課題の匿名採点または委託採点を有効化している場合、複数の答案は同じ方法で管理されます。匿名性を守るため、学生の名前および答案のステータスは公開されません。

複数の答案および匿名採点の詳細

複数の答案および委託採点の詳細


成績に使用する答案の選択

複数の答案を許可している場合、成績として使用する答案を選択することができます。採点可能項目を作成するときに答案を選択できます。

使用する答案を変更するには、列のメニューにアクセスして[列情報の編集]を選択します。[使用する得点]メニューのオプションから選択します。

  • 最後の採点済み答案
  • 最高の成績
  • 最低の成績
  • 最初の採点済み答案
  • 採点済み答案の平均

コメントを含める

採点時にフィードバックを入力できます。また、項目のセルに戻って成績エントリにコメントを含めることもできます。

[ユーザへのフィードバック]セクションに入力したコメントは学生に表示されます。[教員用のメモ]セクションに入力したコメントは、教員にしか表示されません。

セルのメニューにアクセスし、[簡易コメント]を選択します。[ユーザへのフィードバック]セクションまたは[教員用のメモ]セクションにテキストのみのコメントを入力します。[テキストエディタ]を選択します。ファイルの添付など、全機能を利用できます。

コメントは、成績の上書きを割り当てるときに、[成績の詳細]ページの[手動上書き]タブからも入力できます。

添付ファイルの詳細


フィードバックの記録を追加する

答案を採点する際、フィードバックに音声または動画を記録したものを埋め込むことができます。学生は教員がテキストに埋め込んだ音声や動画の内容を確認できます。

このような記録によって、学生と顔を合わせる時間がほとんどあるいはまったくなくても、コース内で学生とつながることができます。音声や動画の記録は、テキスト形式のフィードバックと組み合わせることにより、学生の提出物に対して有益かつ実用的な、個人に合わせたフィードバックを提供するのに役立ちます。

現時点では、音声および動画によるフィードバックは、ルーブリックを使用した採点ではサポートされていません。この機能は、すべてのブラウザでサポートされているわけではありません。最高の操作環境を実現するために、ChromeまたはFirefoxを使用してください。

音声/動画の記録の詳細


学生の名前を非表示にしてテストを採点する

学生情報を表示せずに成績項目を採点できます。学生はランダムに表示され、個人を特定できる情報は表示されません。匿名採点は、採点する際に偏見を取り除くために役立ちます。

  1. 列ヘッダのメニューにアクセスし、[ユーザ名を非表示にして採点]を選択します。

    -または-

    成績のセルのメニューにアクセスし、答案を選択します。[成績の詳細]ページで[ユーザ名を非表示]を選択します。[OK]を選択します。新しい答案が開きます。

  2. 採点します。
  3. [保存して終了]を選択して成績管理のメインページに戻ります。

    -または-

    [保存して次へ]を選択して次の学生を表示します。

    -または-

    次の項目の採点前の項目の採点のアイコンを使用して、次または前の学生に移動します。

課題の匿名採点の詳細


成績の削除

教員は成績を削除することができます。セルにダッシュ (-) を入力して成績を空白値にすることができます。また、[Delete]キーまたは[Backspace]キーを押して成績を削除することもできます。[Enter]キーを押してエントリを保存します。保存しないと、成績のエントリを保存するように促されます。

成績管理列の削除

デフォルトの列 (氏名 (名)、氏名 (姓)、ユーザ名) や、採点可能項目のために自動的に作成された列は削除できません。また、外部の成績列も削除できません。成績列または計算対象列が外部の成績列として設定されている場合は、別の列を外部の成績列に選択してから、最初の列を削除する必要があります。

外部の成績列の詳細

採点可能な項目をコースに作成した場合、成績管理に次の成績列が自動的に作成されます。

  • テスト、アンケート、自己査定と学生同士のアセスメント
  • 課題
  • 掲示板の投稿
  • 日誌およびブログのエントリ
  • Wikiへの寄稿

これらの自動作成の成績列を削除する唯一の方法は、コース内の採点可能な項目を最初に削除することです。場合によっては、項目を削除した時点で学生の提出物がなかった場合は、列が自動的に削除されるか、その列を削除するかどうかを選択できます。

コース内の採点可能なコンテンツを削除する前に、その影響について十分に検討してください。コース内のコンテンツ項目を削除すると、課題の提出物など、学生の作業も一緒に削除されます。元に戻すことはできません。場合によっては、割り当てた成績を成績管理に保存できます。成績列を保持している場合でも、学生の提出物にはアクセスできません。それらはコース内の項目とともに削除されているためです。または、コース内の成績可能項目を利用不可にして、提出物および得点を成績管理に保持することができます。

:課題の削除

学生の提出物がある課題を削除すると、その提出物もすべて削除されます。次の2つのオプションがあります。

  • 成績管理内の得点を保持する一方で、その課題とすべての提出物を削除します。得点は成績管理に保持されますが、学生の提出物には二度とアクセスできません。この操作は取り消しできません。
  • その課題、成績管理列、すべての割り当て済み成績、およびすべての提出物を削除します。この操作は取り消しできません。

成績の除外

成績を学生の記録から除外することができます。成績はすべての成績管理の計算から除外されます。成績列には除外アイコンが表示されます。成績が割り当てられる前に除外を適用することもできます。

成績を割り当ててから除外を行うと、成績は[成績の詳細]ページで利用可能なまま残ります。[成績の詳細]ページで成績を除外することもできます。

セルのメニューにアクセスし、[成績の除外]を選択します。セルのメニューの[除外のクリア]オプションを使用して、除外をクリアすることができます。