日誌は、学生が教員と個人的にコミュニケーションするための個人用スペースです。学生は、自己反省のツールとして日誌を使用することもできます。コースについての意見、アイデア、疑問点を投稿したり、コースの関連教材について議論や分析を行ったりできます。

学生に向けた幅広い日誌の課題を作成することができます。学生は学習プロセスを振り返り、見識や態度の変化を記録として残すことができます。学生は、直面した問題と、その解決方法を説明できます。また、教員はより公式な意味合いを持つ、教員主導の日誌エントリを作成することもできます。掲示板のトピック一覧で焦点を絞ることができます。


日誌の使用方法

日誌は個別のプロジェクトに理想的です。たとえば、創作文のコースでは、各学生がエントリを作成し、教員がコメントを記述します。この方法では、学生は教員のガイダンスや提案を参考にしながら、作文課題のセクションを一定期間にわたって改善できます。学生は、自分のエントリにコメントを作成して、会話を続けることもできます。

教員は日誌エントリを公開することを選択できます。公開すると、すべてのコースメンバがすべてのエントリを表示できます。たとえば、教員はアセスメントプロセスの改善方法について意見を求める場合、日誌を公開できます。学生は他の学生が書いた内容を読み、そのアイデアを発展させることができます。

グループ領域で使用する場合、グループのメンバは、グループ日誌の互いのエントリを表示し、コメントすることができます。グループ全体で教員とコミュニケーションでき、すべてのメンバがコメントから恩恵を受けられます。

日誌エントリは、採点の対象にすることも、単にコミュニケーションの手段として使用することもできます。どちらの場合も、1つの日誌トピックに対して複数のエントリを作成できます。


日誌の作成

お使いの画面表示と異なる場合。日誌の作成に関する"Ultra"のヘルプを参照してください

教員は、学生がコースで使用する日誌を1つ以上作成できます。学生がエントリを追加できるようにするには、日誌トピックを作成しておく必要があります。

日誌エントリの採点の詳細

  1. [コントロールパネル] > [コースツール] > [日誌]に移動して、[日誌の作成]を選択します。
  2. 名前を入力し、必要に応じて手順も入力します。学生が日誌を利用できるようにします。
  3. [表示開始日]および[表示終了日]チェックボックスをオンにすると、選択した日付と時刻が有効になります。表示制限は、日誌のアクセス設定には影響せず、表示のタイミングにのみ影響します。
  4. [日誌の設定]セクションで、[月単位]または[週単位]インデックスエントリを選択します。必要に応じて、ユーザがエントリを編集および削除したり、コメントを削除したりできるようにチェックボックスを選択します。
    • オプションで、ユーザが日誌を表示できるようにするには、[コースユーザに日誌の表示を許可する]チェックボックスをオンにします。選択すると、日誌がパブリックになります。すべてのユーザが、日誌トピックに対して作成されたすべての日誌エントリを表示できます。
  5. [成績の設定]セクションで、[採点なし]を選択するか、[成績]オプションを選択して[満点の点数]の数値を入力します。

    満点の点数を整数以外に設定すると、評価区分による成績が正しく割り当てられない場合があります。

    満点の点数は、日誌トピックに対するユーザの1つ以上のエントリに適用されます。採点を有効にすると、成績管理に列が自動的に作成されます。日誌は恒久的に採点可能になり、設定を[採点なし]に変更することはできません。

  6. 必要に応じて、[要採点]ステータスの参加者を表示するチェックボックスをオンにし、必要なエントリ数を選択します。この設定を適用すると、[要採点]アイコンが成績管理に表示されます。学生のアクティビティがこのしきい値に到達すると、[要採点]ページのキューにエントリが表示されます。
  7. オプションで[期日]を追加します。
  8. 必要に応じて、ルーブリックを追加します。
  9. 送信]を選択します。

日誌トピックは、[日誌]リストページにアルファベット順に表示されます。任意の列タイトルを選択して、コンテンツをソートします。

日誌トピックページの詳細

また、コンテンツエリアやフォルダなどのコース領域に日誌へのリンクを追加することもできます。


日誌トピックページ

日誌トピックページには、次の方法でアクセスします。

  • [日誌]ツールで、日誌を開き、[すべてのコースメンバ]メニューからユーザを選択します。
  • [要採点]ページで、日誌のメニューにアクセスし、[すべてのユーザの採点]を選択します。
  • 成績管理で、採点する日誌用の列を特定します。[要採点]アイコンが付いたセルにマウスカーソルを重ね、日誌のメニューにアクセスします。[ユーザアクティビティの採点]を選択します。

日誌トピックページは、2つのメインセクションに分かれています。コンテンツフレームで日誌エントリを表示できます。サイドバーで、日誌トピックまたはエントリに関する情報を表示し、[インデックス]を展開し、日誌が採点可能であればエントリを採点できます。個々のユーザ名を選択してエントリだけをコンテンツフレームに表示できます。

サイドバーに採点機能が表示されない場合、教育機関側がこの機能を無効にしています。

  1. サイドバーで[日誌の詳細]のセクションを展開し、作者、エントリ数、コメント数など現在の選択に関する情報を表示できます。右矢印を選択すると、サイドバーが折り畳まれ、エントリの表示スペースが増えます。日誌エントリを画面全体に表示するには、4方向矢印を選択します。
  2. 日誌の手順は、デフォルトで展開されています。これは最小化できます。配置を追加するには、[配置]を選択します。
  3. [すべてのコースメンバ]については、下矢印を選択してリストを表示し、メンバを選択します。選択したメンバのエントリがコンテンツフレームに表示されます。左矢印および右矢印を使用して、前の学生または次の学生に移動します。[空白の日誌を表示]を選択し、どの学生が貢献していないかを確認します。
  4. 採点対象日誌については、アイコンによってユーザのアクティビティのステータスが示されます。[要採点]のアイコンは、日誌に設定した、採点に必要な最小限のアクティビティをユーザが実施済みであることを示します。[実行中]アイコンは、ユーザがアクティビティをいくつか実施してはいるものの、要採点ステータスになるために必要な最小数を満たしていない場合に表示されます。
  5. 採点サイドバーに、学生の成績とフィードバックを入力します。[学生へのフィードバック]ボックスで、Aという文字で示されているエディタアイコンを選択してポップアップエディタウィンドウを開きます。
  6. [インデックス]には、選択した期間内に作成者が作成したエントリのタイトルが表示されます。マイナス記号を選択すると、タイトルリストが折り畳まれます。

日誌エントリの作成

お使いの画面表示と異なる場合。日誌エントリに関する"Ultra"のヘルプを参照してください

教員と学生は日誌エントリを作成できます。教員のみが学生のプライベートエントリにコメントできます。グループエントリには、教員とグループメンバがコメントできます。[日誌]リストページには、各日誌の情報が記載されます。学生は、エントリがプライベート (学生と教員の間) なのかパブリックなのかを確認できます。

  1. [日誌]リストページで、日誌のタイトルを選択します。
  2. 日誌のトピックページで、[日誌エントリの作成]を選択します。
  3. タイトルとエントリを入力します。
  4. [マイコンピュータの参照]を選択して、ファイルをコンピュータからアップロードします。以下のリポジトリからファイルを添付することもできます :ユーザアクセスを制御する設定。

    -または-

    コンピュータから[添付ファイル]領域の「ホットスポット」にファイルをドラッグします。ブラウザで許可されていれば、ファイルのフォルダをドラッグできます。ファイルは個別にアップロードされます。フォルダをアップロードした後、課題の提出がブラウザで許可されない場合、フォルダの行の[添付しない]を選択して削除します。ファイルを個別にドラッグし、もう一度提出することができます。

    所属の教育機関がBlackboard Learnの過去のバージョンを使用している場合、ファイルをドラッグしてアップロードすることはできません。

    このリンクにはファイル名を使用することも、別の名前を指定することもできます。

  5. [エントリの投稿]を選択して日誌エントリを送信するか、[エントリをドラフトとして保存]を選択して後でエントリを追加します。

日誌のドラフトの表示

保存したドラフトを表示または内容を追加するには、[日誌]リストページで[ドラフトの表示]を選択します。


日誌エントリへのコメント

教員と学生は、特にWebベースのコースにおいて、日誌を大切な意思疎通のために使用できます。学生のエントリと教員のコメントで良好な関係を築き、有益で知的なやり取りが行えます。

学生はエントリに対する教員のコメントに続けてコメントを作成し、会話を継続できます。学生は、関係のない学生の日誌エントリには (教員がその日誌を公開に設定していても) コメントできません。同じグループのメンバであれば、学生は別の学生のエントリにコメントできます。グループ日誌の場合、教員とすべてのグループメンバが個々のエントリにコメントを作成できます。

  1. [日誌]リストページで、日誌のタイトルを選択します。
  2. サイドバーのリストでユーザの名前を選択して、表示する日誌エントリを選択します。ユーザの日誌エントリが、コンテンツフレームで開かれます。
  3. ユーザのエントリの下で[コメント]を選択し、コメントを入力します。
  4. [追加]を選択します。
  5. すべてのコメントを表示するには、番号が付けられた[コメント]リンクを選択します。

日誌の編集と管理

教員は、名前、手順、アクセス設定、一部の設定など、日誌トピックの基本プロパティを編集できます。また、教員はユーザの日誌エントリを編集したり、日誌トピックとコメントを削除したりすることもできます。

[日誌]ページで日誌のメニューにアクセスし、[編集]を選択します。変更を行って[送信]を選択します。

日誌の削除

日誌が不要になった場合には、日誌を削除できます。削除の操作は元に戻せません。

  1. [日誌]リストページで日誌のメニューを開き、[削除]を選択します。
  2. 警告のポップアップが表示されたら、[OK]を選択します。日誌が採点可能な場合、[削除の確認]ページが表示され、この日誌に関連付けられた成績列を削除するかどうか確認するように要求されます。
    • 成績管理列を保持 (どのボックスもチェックを入れない) :日誌は削除されますが、[成績管理]列と割り当てた得点は維持されます。たとえば、すべての学生エントリを採点し、最終成績の計算のために[成績管理]列を保持する必要があるとします。日誌を削除し、かつ[成績管理]列を維持している場合は、いつでもその列を成績管理から削除できます。
    • 成績管理列の削除 (チェックボックスを使用して削除する列を選択) : 成績管理の成績列および日誌が削除されます。たとえば、日誌エントリの成績列を最終成績に含めない場合、すべてを削除しても問題ありません。
  3. [削除]を選択して、削除を完了します。

コースメニューへの日誌リンクの追加

日誌ツールにすぐにアクセスできるように、コースメニューにリンクを追加できます。リンクの名前をカスタマイズすることもできます。

  1. コースメニューの上にあるプラス記号を選択します。[メニュー項目の追加]メニューが表示されます。
  2. [ツールリンク]を選択してリンクの名前を入力します。
  3. [タイプ]リストから[日誌]を選択します。
  4. [ユーザが利用できるようにする]チェックボックスを選択します。
  5. 送信]を選択します。

日誌管理のトラブルシューティング

  • ユーザが投稿中に教員が日誌を削除した場合、その日誌とすべてのコメントが削除されます。
  • ユーザが投稿中に教員が日誌を利用不可にした場合、教員にはブログが[編集モード]で表示されますが、ユーザには表示されなくなります。
  • 教員が[ユーザがエントリを編集および削除できるようにする]設定を変更した場合、エントリはそのまま残りますが、ユーザはコメントを編集できなくなります。
  • 教員が[ユーザがコメントを削除できるようにする]設定を変更した場合、コメントはそのまま残りますが、ユーザはコメントを削除できなくなります。
  • 日誌の採点を有効にすると、教員はこの設定を変更できなくなります。削除するには、日誌および成績管理の列を削除します。日誌エントリが必要でも、採点は不要な場合、成績管理の計算にその日誌の[成績管理]列を含めないようにすることができます。

ULTRA :日誌について

日誌は、学生が教員と個人的にコミュニケーションするための個人用スペースです。学生は、自己反省のツールとして日誌を使用することもできます。コースについての意見、アイデア、疑問点を投稿したり、コースの関連教材について議論や分析を行ったりできます。

学生に向けた幅広い日誌の課題を作成することができます。学生は学習プロセスを振り返り、見識や態度の変化を記録として残すことができます。学生は、直面した問題と、その解決方法を説明できます。また、教員はより公式な意味合いを持つ、教員主導の日誌エントリを作成することもできます。掲示板のトピック一覧で焦点を絞ることができます。

個別のプロジェクトでの日誌の使用

日誌は個別のプロジェクトに理想的です。たとえば、創作文のコースでは、各学生がエントリを作成し、教員がコメントを記述します。この方法では、学生は教員のガイダンスや提案を参考にしながら、作文課題のセクションを一定期間にわたって改善できます。学生は、自分のエントリにコメントを作成して、会話を続けることもできます。


ULTRA :日誌の作成

お使いの画面表示と異なる場合。日誌の作成に関する"元の"ヘルプを参照してください

必要な時に対話の機会を作りましょう。

[コースコンテンツ]ページで、日誌を追加する場所のプラス記号を選択します。[作成] > [参加と積極的な取り組み] > [日誌]を選択します。フォルダや学習モジュールを展開または作成して、日誌を追加することもできます。

わかりやすいタイトルを入力し、学生がコンテンツリストで適切な日誌を検索できるようにします。タイトルを追加しないと、[コースコンテンツ]ページに「新しい日誌」と日付が表示されます。

  1. 期待事項およびガイドラインを定めたプロンプトを追加して、学生が好スタートを切れるようにします。エディタのオプションを使用して、テキストの書式を設定し、ファイルを添付し、マルチメディアを埋め込むことができます。プロンプトを追加しない場合、この日誌について教員が指示を追加していない旨のメッセージが学生に表示されます。

    キーボードを使用してエディタツールバーに移動する場合は、[Alt]+[F10]を押します。Macでは[Fn]+[Alt]+[F10]を押します。番号付きリストなどのオプションを選択するには、矢印キーを使用します。

  2. 日誌を表示または非表示にします。新しい日誌はデフォルトで非表示になっています。教員が表示することを選択するまで、日誌は学生に表示されません。事前にすべてのコンテンツを作成し、スケジュールに基づいて学生に表示するものを選択することができます。また、日付、時刻、コース成績表のその他の項目のパフォーマンスに基づいて、利用可能性の条件を設定することもできます。学生は[コースコンテンツ]ページで、教員が設定した日時に日誌を表示できるようになります。
  3. 日誌の投稿を採点します。見識ある投稿を学生に促すために、日誌を成績の対象とすることができます。[設定]アイコンを選択して、[日誌の設定]パネルを開きます。日誌の採点を選択した場合、期日や最高点など、その他のオプションが表示されます。最高点は、学生による1つ以上のエントリに適用されます。

    日誌の採点の有効化に関する詳細


ULTRA :日誌を開く

誰かが日誌に投稿すると、[コースコンテンツ]ページのタイトルの横にアクティビティアイコンが表示されます。タイトルを選択すると新しいレイヤで日誌が開きます。また、直接アクティビティストリームから日誌を開くこともできます。


ULTRA :エントリの表示とコメント

お使いの画面表示と異なる場合。日誌エントリに関する"元の"ヘルプを参照してください

教員と学生は、特にWebベースのコースにおいて、日誌を大切な意思疎通のために使用できます。学生のエントリと教員のコメントで良好な関係を築き、有益で知的なやり取りが行えます。教員がコメントした後、学生がコメントして会話を続けることができます。また、学生の日誌に新しいエントリを追加して新しい意見を開始することもできます。

参加者リスト

日誌ページでは、学生は[参加者]リストにアルファベット順に表示されます。ティーチングアシスタントや採点者がいる場合はその名前が最初に表示されます。無効または利用不可のユーザは、リストに表示されません。

ある学生が特定の日誌に何回参加しているか知りたい場合、その学生のエントリのみを表示するには、リスト内の名前を選択します。

参加者リストの機能拡張が現在進行中です。

エントリおよびコメント

プロンプトの後に学生の名前、エントリ数、エントリが表示されます。追加したエントリもすべてカウントに追加されます。

エントリの下にある[コメント]リンクを選択して、フィードバックを追加します。

教員と学生が追加できるエントリおよびコメントの数は無制限です。エディタのオプションを使用して、テキストの書式を設定し、ファイルを添付し、マルチメディアを埋め込むことができます。学生の場合と同様、テキストボックスの下にワード数が表示されます。

エントリまたはコメントのメニューを開いて、[編集]および[削除]機能にアクセスします。誰かがエントリを削除すると、そのエントリに関するすべてのコメントも削除されます。

各エントリの下のリンクにコメント数が表示されます。"新規"のラベルが新しいコメントの件数とともに表示されます。[コメントを表示]リンクを選択して、コメントセクションを開きます。[コメントを隠す]リンクを選択して、コメントセクションを折りたたみます。

[参加者]リストで別の学生を選択すると、エントリの表示およびコメントの追加ができます。

投稿を採点する場合は、「日誌の採点の基本ワークフロー」のトピックを参照してください。


ULTRA :日誌の編集と管理

現時点では、教員が日誌のコンテンツを編集したとき、学生には新しいコンテンツが表示されることが通知されません。

採点済みの日誌を未採点に変更すると、成績は削除されますが日誌は残ります。日誌は成績表から削除されます。

採点済みの日誌を削除すると、日誌は[コースコンテンツ]ページおよび成績表から削除されます。


ULTRA :日誌と変換

現時点では、元のコースビューでの日誌はUltraコースビューではサポートされていません。元の日誌は変換中に削除されます。

現時点でのUltraコースビューでは、コースをエクスポートしてリストアした場合に日誌は含まれません。また、あるコースから別のコースにコピーする項目を選択した場合にUltraの日誌はリストに表示されません。