活動状況一覧は、コースを通じた学生の進捗状況を観察するために使用できる有用なツールです。このページでは、各学生のアクセスと進捗の履歴が要約された表が表示されます。学期の進行に伴い、学生が定期的にコースにアクセスしてコースコンテンツを確認しているかどうかや、掲示板に投稿しているかどうかをすばやく確認できます。この情報は、参加状況が通常の範囲外の学生や支援および激励が必要な学生を特定するのに役立ちます。

活動状況一覧を利用可能にするかどうかは、教育機関が管理しています。また、教育機関は掲示板ツールを無効にすることもできます。その場合は、活動状況一覧に表示される情報に影響します。

掲示板の統計の表示

お使いの画面表示と異なる場合。掲示板の分析に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

[コントロールパネル] > [利用状況] > [活動状況一覧]

  1. [活動状況一覧]ページで、ユーザが投稿を行ったフォーラムの数を表示できます。[掲示板]列で、番号が付けられたリンクをクリックして詳細を表示します。
  2. [掲示板]ページに、次の情報が表示されます。

    エントリを列でソートするには、列見出しを選択します。

    • フォーラム : 特定のユーザが投稿したフォーラムがすべて表示されます。
    • 総投稿数 :リンクを選択すると、そのフォーラムでのユーザの投稿を表示するページにアクセスします。
    • 最終投稿日:ユーザがフォーラムに最後にアクセスした日を示します。
    • 平均投稿文字数:投稿の平均長さ(単位:文字数)が表示されます。
    • 最小投稿もじ数:投稿の最小長さ(単位:文字数)が表示されます。
    • 最大投稿文字数:投稿の最大長さ(単位:文字数)が表示されます。
    • 平均投稿位置 : スレッドでのユーザの参加状況を表示します。
    • 成績 : 列内のリンクを選択すると、[成績管理]列にアクセスします (成績が表示される場合)。
  3. [フォーラム]列で、フォーラムのタイトルを選択すると、そのフォーラムでのユーザの全投稿を表示する[収集]ページが表示されます。

このページからクラスの参加者とコミュニケーションすることもできます。[掲示板]ページからEメールを送信するには、[ユーザにEメール送信]を選択します。


ULTRA :掲示板の分析の表示

お使いの画面表示と異なる場合。掲示板の統計に関する“元の”ヘルプを参照してください。

掲示板の分析では、フォーラムの参加者と活動についての見識を得ることができます。この情報は、参加している学生や支援および激励が必要な学生を特定するのに役立ちます。それから、[掲示板]または[コースコンテンツ]ページから掲示板の分析にアクセスできます。

  1. [その他のオプション]アイコンを選択し、[分析を表示]を選択します。
  2. 掲示板に関する次の情報を表示します。
    • 参加学生の数
    • 学生あたりの平均投稿数
    • 投稿あたりの平均ワード数
    • 掲示板の平均得点
    • 参加 :掲示板に参加した学生のパーセンテージと、掲示板を開いた学生のパーセンテージが表示されます。
    • 参加していない学生
    • 返信が最も多い反応
    • トップの参加者 :反応や返信を最も投稿した学生。

詳細な分析

[掲示板の分析]ページでは、個々の掲示板の投稿と参加状況を詳しく見ることができます。

参加バーによって、掲示板への参加を視覚的に捉えることができます。このバーでは、掲示板を開き、参加した学生の割合を青で強調表示します。掲示板を開いたものの、参加していない学生は薄青色、掲示板を開いたことがない学生はグレーで表示されます。

[返信数が最も多いコメント]セクションからコメントを選択すると、その掲示板が表示されます。

[トップの参加者]セクションから学生を選択すると、その学生の掲示板の投稿が表示されます。ここから[掲示板の分析]パネルを表示して、学生ごとに個人レベルで洞察を得ることができます。

非参加者への働きかけ

掲示板に参加したことがない学生にメッセージを送信することができます。掲示板に参加したことがない学生を選択して、直接メールを送信します。

非参加者に一括メッセージを送信する方法 :

  1. セクションの隅にある[その他のオプション]ボタンを選択して、非参加者の名前を一覧表示します。
  2. 受信者が自動的に入力されたメッセージパネルが開きます。メッセージを入力して[送信]をクリックします。
  3. プライバシーを確保するため、学生は個別にメッセージを受信します。その他の受信者の名前は表示されません。

グループ掲示板の統計の表示

割り当て済みグループの掲示板の統計も表示することができます。[掲示板の分析]ウィンドウの上部にあるメニューの[全体]タブには、クラス全体の掲示板の統計が表示されます。グループ名の付いたタブを選択すると、そのグループの分析が表示されます。


ULTRA :各学生の掲示板の分析

学生の報告によると、オンラインコースへの満足度は、教員の存在感が関係しています。掲示板は、学生にコースへの参加を促すための便利な方法です。掲示板は、コミュニケーションを広げ、グループ内および教員との強いつながりを育みます。

掲示板のアクティビティを追加する際は、次の目標を設定することができます。

  • 参加を促す
  • 学生の取り組みを促す
  • すべての返信を読む
  • 成績を付与する

学生の数が多いと、これらの目標を実現するのは難しくなります。掲示板がいくつもあるコースや掲示板への参加率が高いコースでは、学生の参加状況を測定したり、詳細な情報を収集したりできない場合があります。教員の中には、詳細に採点するのではなく、完成させれば単位を与える人もいます。Blackboard Learnの掲示板の分析で採点が簡略化されるため、学生と交流する時間が増えます。

掲示板の分析では、各学生の掲示板への参加について、複数のメトリクスを使用して詳しく考察します。これらのパフォーマンスベースの考察は、支援が必要な学生や、参加状況が通常の範囲から外れている学生を特定するのに役立ちます。掲示板分析アルゴリズムでは、学生のコンテンツに焦点を当て、参加の評価に役立つ詳細が表示されます。文字カウントを自動化し、文章の意味に対応する機能を導入しました。

掲示板の分析は採点済みの掲示板に対してのみ表示されます。掲示板の分析は、英語版で提供されているコースでのみ利用可能です。

Video: Discussion Analysis

Watch a video about discussion analysis

The following narrated video provides a visual and auditory representation of some of the information included on this page. For a detailed description of what is portrayed in the video, open the video on YouTube, navigate to More actions, and select Open transcript.


Video: Discussion analysis provides an overview of the performance-based insights available to instructors.

掲示板の分析のコンポーネント

掲示板の分析は、学生が掲示板にどのように参加しているかについて詳細を提供します。教員が掲示板を採点する際にこれらのメトリクスを使用すると、評価を決定するのに役立ちます。

  • 実質的な投稿 :掲示板の展開に貢献する回答数および返信数。
  • 文章の複雑さ :平均学年レベルで示した学生の投稿の読みやすさ。
  • 語彙の差異 :内容語および機能語の数。内容語は学生のアイディアを示し、機能語は適切な文法を示します。
  • クリティカルシンキングのレベル :ある学生のすべての投稿における、クリティカルシンキングを示す単語や語句のパーセンテージ。
  • 単語の差異 :ある学生の回答および返信で独自の単語が使われたパーセンテージ。

また、他の学生への回答および返信の数をより詳細に把握するために、掲示板の詳細も含めています。掲示板の分析の平均は、ある学生の回答および返信と、同じ掲示板に参加している他の学生の回答および返信を比較して算出します。

掲示板の[成績&参加]ページで学生を選択すると、回答、返信、分析が表示されます。

分析が意味するもの

実質的な投稿

実質的な投稿とは、掲示板の発展に貢献している回答数および返信数です。実質的な投稿には、学生の立場を示したり支持したりする文章、または考え抜かれた質問をしている文章が含まれます。これらの投稿には、クリティカルシンキングや複雑な構成の文章も見られ、豊富な語彙と単語の選び方に基づいています。

非実質的な投稿は、短かったり、幼稚だったりすることがあります。たとえば、掲示板のメッセージに対して単純に"はい"や"いいえ"で返信するのは、実質的ではありません。学生は自らの意見を展開して、回答や返信が実質的なものになるよう立場を説明する必要があります。

文章の複雑さ

文章の複雑さは、各回答の文章、単語、音節の数によって測定されます。教員は、単語の複雑さと、その単語が使われている頻度に着目します。この評価測定は、Flesch-Kincaidと呼ばれる言語基準です。各学生のすべての投稿の複雑さが、1年生から16年生までの学年レベルで表示されます。Flesch-Kincaidで成績レベル10のコンテンツは、10年生の人が容易に理解できるものとなります。

語彙の差異

語彙の差異は、学生が使用した単語に基づいて、回答またや返信の内容を分析します。

内容語は学生の回答や返信の意味を伝えます。これらの単語は掲示板の内容に関する学生の感情や考えを表します。ワード数の合計と比較すると、内容語は学生の回答および返信の語彙密度を表すのに役立ちます。内容語のワード数が高いほど複雑な文章であることを示します。

機能語は文章の意味のある要素を結合して、適切な文法を示します。前置詞、接続詞、代名詞、冠詞は機能語です。

機能語は学生の回答をまとめる接着剤と考えてください。このような単語自体には実質的な意味は含まれていないと思われます。

クリティカルシンキング

クリティカルシンキングは、学生のすべての投稿におけるクリティカルシンキングを示す単語や語句を示します。12種類の辞書を用いて単語を特定したのち、クリティカルシンキングの加重カテゴリの1つに分類します。

  • 立場に異を唱える
  • 元となるデータを含める
  • 文献や経験に言及する
  • 評価
  • 要約
  • 参照データ
  • 仮説を立てる
クリティカルシンキングの測定方法

各カテゴリの単語と語句の加重数を合算してクラス平均と比較し、クリティカルシンキングの得点を作成します。学生のクリティカルシンキングと、クラス平均の差が得点になります。

この得点は10進数の-1から1の範囲です。負の数の得点は、学生のクリティカルシンキングがクラスの平均以下であることを意味します。正の数の得点は、学生のクリティカルシンキングがクラスの平均以上であることを意味します。0に近い得点は、学生のクリティカルシンキングがクラスの平均レベルであることを意味します。これらの得点は、低い順から高い順に表示されます。

-1 < -0.06 = 低い
-0.06から-0.03 = 平均以下
-0.03から0.03 = 平均
0.03から0.06 = 平均以上
0.06から1 = 高い

クリティカルシンキングは視覚的に表示され、各学生の得点をクラス平均と比較して示します。

  • 実証的研究によると、同意するよりも同意しないほうが、クリティカルシンキングのレベルが高いことがわかっています。掲示板では、「私はジョンに同意します」という意見の得点は0.113で、「私はジョンに同意しません」という意見の得点は0.260になります。
  • 学生が文節を要約するにとどめ、意見や議論を行わなかった場合、その得点は、立場に異を唱えた学生よりも低くなります。
  • 学生が文献を引用した場合、その得点は、仮説を立てた学生よりも低くなります。

単語の差異

単語の差異は、学生の提出物における独自の単語の数をパーセンテージで測定します。独自の単語のパーセンテージが高いほど、その学生の文章には複数のアイディアが含まれていたり、立場を明解に示していたり、クラスメートに働きかけて別の視点について考えさせる傾向があります。

教員は学生のパーセンテージをクラス平均と比較することができます。

掲示板の詳細

詳細には、読みやすさを数値化したもの、クラス平均と比較した各学生の平均ワード数、回答、および返信が含まれます。この情報は、設定したルーブリックや基準とともに、成績の決定に役立ちます。

採点対象の掲示板の詳細

掲示板の分析を非表示

掲示板の分析を非表示にするには、メニューを開き、[掲示板の分析を非表示]を選択します。

データが表示されないのはなぜですか。

掲示板の分析は、アクティブな掲示板については夜間に更新されます。指定の日に掲示板の新しいアクティビティがなければ、データは更新されません。学生が4か月以内に参加していれば、[掲示板の分析]パネルでデータを見ることができます。教員と採点者にのみ掲示板の分析が表示されます。

掲示板の分析は採点済みの掲示板に対してのみ表示されます。掲示板の分析は、英語版で提供されているコースでのみ利用可能です。