採点対象の掲示板を使用して、思慮に富んだ貢献を促進します。

掲示板は、学生が物事を批判的に思考し、意見を明確に表現し、他とのコミュニケーションをとる能力を強化します。採点対象の掲示板を使用すると、各学生のコース成績の一部としてこれらの能力を評価できます。成績により、投稿で優れている領域と改善できる領域を学生に示します。

コースで元のコースビューを使用している場合、フォーラムやスレッドに成績を割り当てることができます。Ultraコースビューの場合は、学生の掲示板の貢献全体について採点します。


掲示板を採点する理由

学生の掲示板への参加を評価することには、曖昧さがあります。積極的ではあるが掲示板への参加が少ない学生と、発言は少ないが大きな影響力を持つ学生を、どのように区別すればよいでしょうか。

掲示板における学生のやり取りは、参加の永久的な記録になります。ただし、オンライン掲示板を始める前に、達成できることについて合理的な予測をしておく必要があります。オンライン環境の性質上、掲示板で明確な論点が出現するまでに時間がかかる場合があります。学生には現実的な数の掲示板への参加機会と、自身の貢献の質についてタイムリーで建設的な応答が必要です。評価は、学生に成績を通知し、今後の対話の改善を方向付けることができます。


掲示板の採点をオンにする

お使いの画面表示と異なる場合。採点対象の掲示板に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

掲示板は、フォーラムやスレッド内で採点できます学生の関与、学生の投稿の質、またはこれら2つの組み合わせに基づいて成績を割り当てることができます。事前にルーブリックを作成し、フォーラムやスレッドの採点中にルーブリックを使用することができます。

フォーラムの作成時または編集時に、採点オプションを有効にすることができます。採点を有効にすると、成績管理に列が自動的に作成されます。

[フォーラムの作成]と[フォーラムの編集]ページに、成績の設定が表示されます。

  1. 掲示板フォーラムの採点]を選択し、点数を入力して、フォーラム全体における参加者のパフォーマンスを評価します。
  2. 各スレッドの参加者のパフォーマンスを評価する場合は、[スレッドの採点]を選択します。
  3. オプションで、[要採点]ステータスの参加者を表示するためのチェックボックスをオンにし、[要採点]ステータスの参加者を表示するために必要な投稿数を選択します。この設定では、各学生の投稿数が指定数に達すると、成績管理に[要採点]アイコンが表示されます。また、投稿が[要採点]ページのキューに配置されます。採点オプションを選択して、このチェックボックスを選択しなかった場合は、成績管理に[要採点]アイコンが表示されず、[要採点]ページに投稿が表示されません。成績管理では、ユーザが投稿すると、その答案が[実行中]アイコンとともに表示されます。

    メニューから投稿数として3を選択し、学生が2つを送信した場合は、投稿が指定した数になるまで、成績管理のセルと掲示板に[実行中]アイコンが表示されます。

  4. オプションで、[ルーブリックの追加]メニューにアクセスし、ルーブリックを選択します。

掲示板の採点をオフにする

成績が存在する場合でも、採点対象フォーラムおよびスレッドの採点を無効化することができます。

  1. [フォーラムの編集]ページで、採点オプションを[採点しない]に変更します。
  2. 送信]を選択します。フォーラムまたはそのスレッドにすでに成績を割り当てた場合は、既存の成績がすべて削除されることを通知する警告メッセージが表示されます。この操作は元に戻せません。
  3. 続行する場合は[OK]を選択し、成績管理の項目を維持する場合は[キャンセル]を選択します。

スレッドの採点をオンにする

フォーラム内のスレッドを採点する場合は、スレッドを採点するかどうかをスレッドごとに決定します。[スレッドの採点]オプションを選択した場合、学生は新しいスレッドを作成できません。

  1. [スレッドの作成]ページで、[スレッドの採点]チェックボックスをオンにし、[満点の点数]を入力します。要採点ステータスになる投稿数を決定します。[要採点ステータスの参加者を表示]チェックボックスをオンにし、リストから投稿数を選択します。
  2. [送信]を選択します。
  3. フォーラムで、スレッドの[成績] 列に[スレッドの採点]オプションが表示されます。

フォーラム内のスレッドリストから、スレッドの採点を直接有効にすることができます。

  1. スレッドの[成績]列の[採点]を選択します。
  2. [満点の点数]を入力します。
  3. [送信]を選択します。スレッドの[成績] 列に[スレッドの採点]オプションが表示されます。

フォーラムへの参加を採点

お使いの画面表示と異なる場合。掲示板の採点に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

掲示板の成績を割り当て、フォーラム全体での参加者のパフォーマンスを評価することができます。マネージャまたは採点者のロールを割り当てられたユーザのみが、投稿の成績を割り当てることができます。採点者は自身の作業は表示できません。

  1. 採点を有効にしたフォーラムで、[掲示板フォーラムの採点]を選択します。
  2. [掲示板フォーラムユーザの採点]ページで、学生の行の[成績]を選択します。学生の投稿は[投稿]列でカウントされます。
  3. [掲示板フォーラムの採点]ページに、このフォーラムでの学生の投稿が表示されます。フォーラムの成績は複数のスレッドに基づいて割り当てることができるため、同じ学生によって投稿されたすべてのメッセージがレビュー対象に含まれます。コンテンツフレーム内で、現在選択している学生の投稿を評価します。採点サイドバーで採点を入力します。このフォーラムに関連付けられたルーブリックがある場合は、ルーブリックを展開して完了します。

    採点サイドバーには、以下の領域があります。

    • [フォーラムの統計] :[総投稿数]、[最終投稿日]、[平均投稿文字数]、[平均投稿位置]など、学生の投稿についての情報を表示します。
    • 現在の学生の名前の横にある下矢印を選択してリストを表示し、投稿の採点準備ができている学生を選択します。選択した学生の投稿がコンテンツフレームに表示されます。左矢印および右矢印を使用して、前の学生または次の学生に移動します。
    • [成績]フィールドに成績を追加します。
    • [フィードバック]テキストボックスに、学生に対するフィードバックを入力できます。採点する際、音声または動画で記録したフィードバックをエディタに埋め込むことができます。[メモの追加]セクションで、あなた (フォーラムの管理者) と採点者ロールにのみ表示されるメモを書き込みます。[フィードバック]ボックスの下にある2つのアイコンから、エディタとスペルチェックにアクセスできます。
  4. [印刷プレビュー]を選択すると、新しいウィンドウが開いてプリンタに適した書式でページが表示されます。投稿は、ページに表示されている順番で印刷されます。表示される投稿、および投稿の表示順序を選択するには、[フィルタ] オプション、[ソート条件]オプション、[順序]オプションを使用して、投稿のフィルタリングとソートを行います。
  5. 既存の成績を編集するには、[成績]ボックスを選択して成績を変更します。
  6. [送信]を選択して、成績、フィードバック、採点メモを成績管理に追加します。[掲示板フォーラムユーザの採点]ページに成績が表示されます。

スレッドの採点

掲示板の成績を割り当て、各スレッドにおける参加者のパフォーマンスを評価することができます。

  1. 採点するスレッドが含まれるフォーラムを開きます。
  2. [一覧表示]に切り替えて、スレッドの行で[スレッドの採点]を選択します。
  3. [掲示板スレッドユーザの採点]ページで、学生の行の[成績]を選択します。
  4. フォーラムへの参加の採点と同じ手順を使用して、学生のスレッドへの参加を評価し、採点します。

掲示板の採点中に学生にEメールを送信する

成績を割り当てる際、掲示板のEメールツールを使用して学生に連絡できます。

  1. フォーラムまたはスレッドを開きます。
  2. [掲示板スレッドユーザの採点]ページ、または[掲示板フォーラムユーザの採点]ページで、Eメールを送信する学生の横にあるチェックボックスをオンにします。
  3. 電子メール]を選択します。
  4. [フォーラムユーザへ電子メールを送信]ページで、必要に応じて[件名]を編集します。
  5. 質問またはフィードバックを[メッセージ]ボックスに入力します。
  6. 送信]を選択します。

Blackboard LearnでのEメールの詳細


グループ掲示板の採点

他の採点対象グループ活動とは異なり、グループ掲示板を採点済みに設定すると、各メンバは他のグループメンバから独立して採点されます。グループの各メンバは、成績を評価してもらうために指定された数の投稿を行う必要があります。教員は、グループ掲示板への貢献に対して、グループ成績を割り当てません。

グループ掲示板の詳細


ULTRA :採点対象の掲示板の作成

お使いの画面表示と異なる場合。掲示板の採点の有効化に関する“元の”ヘルプを参照してください。

掲示板の作成は2つの方法で行うことができます。採点対象のものもそうでないものも、掲示板は同じ方法で作成します。

  • [コースコンテンツ]ページで、掲示板を作成する場所でプラス記号を選択します。次に、[作成] > [参加と積極的な取り組み] > [掲示板]を選択します。
  • コースページの上の方にあるナビゲーションバーからコース内の[掲示板]ページにアクセスします。プラス記号を選択し、[掲示板]を選択します。

[新しい掲示板]ページで、学生が何について投稿すればいいかわかるように、掲示板の名前と説明を入力します。採点のために掲示板をカウントするには、[掲示板設定]アイコンを選択して設定パネルを開きます。[詳細と情報]セクションで、[採点対象の掲示板]のチェックボックスをオンにすると、採点の詳細な設定が表示されます。

参加の期日の設定。学生は掲示板が利用可能になるとすぐに、投稿したり投稿内容を編集したりできますが、提出物は教員が指定した日時まで最終的に作成されません。この日時を過ぎると、学生は掲示板の投稿の表示はできても、新たに投稿したり、以前の提出物を編集したりすることはできなくなります。

制限時間の優遇措置は掲示板には適用されません。

成績ユニットの選択。点数、パーセンテージ、評価区分から選択できます。点数を選択した場合は、採点対象の掲示板の取得可能な最高点を指定します。

[コースコンテンツのページで表示]チェックボックスをオンにして、この掲示板が他のコース教材と同じ一覧に表示されるようにできます。

独創的なアイデアの奨励。学生がメイントピックに応答を投稿するまで、掲示板のアクティビティを学生が表示できないように設定できます。学生が応答を投稿するとすぐに掲示板アクティビティが表示されます。[最初に投稿]を選択して、掲示板に独自の思考やアイデアを展開するように奨励します。

ルーブリックの追加。掲示板の投稿の採点時に使用するルーブリックを割り当てることができます。[採点ルーブリックを追加]を選択して既存のルーブリックを検索するか、新規で作成します。掲示板にルーブリックを関連付けると、学生は投稿前にルーブリックを参照することができます。各掲示板には1つのルーブリックのみ関連付けることができます。

目標と基準を追加します。教員と所属の教育機関はゴールを使用して、プログラムやカリキュラム全体で学生の達成度を測定できます。掲示板を作成したら、1つまたは複数のゴールを関連付けできます。[ゴールにあわせる]を選択して掲示板に関連付けることができるゴールを検索します。掲示板を利用可能にすると、学生は掲示板に関連付けられたゴールについて情報を確認でき、求められているレベルを知ることができます。

コースコンテンツにゴールを設定する方法の詳細

グループの割り当て。グループ掲示板を採点し、学生の投稿をコース成績にカウントすることができます。グループ掲示板を採点すると、学生が選ばれたグループの中で個人的な意見を適切かつ明確に表現する能力を示すのに役立ちます。

採点対象のグループ掲示板の詳細

完了した場合保存]を選択します。採点を開始するまで、これらの採点設定は変更できます。

学生が自分たちの考えを投稿できるように、掲示板を学生に公開してください。

通知

学生には、採点対象の掲示板の参加期限日が他の期限日やイベントと同じ場所に表示されます。これらの通知は、アクティビティストリーム、グローバルカレンダー、コースカレンダーで、[スケジュール]ビューと[期限日]ビューの両方に表示されます。

優遇措置

優遇措置を受けている学生は、成績表とユーザ一覧の名前の横にアイコンが表示されます。教員が追加した優遇措置は学生には表示されません。このアイコンは、掲示板の名前の横にも表示されます。期限日の優遇措置のみ適用されます。制限時間の優遇措置は適用されません。

ULTRA :掲示板の採点

お使いの画面表示と異なる場合。フォーラムの採点に関する“元の”ヘルプを参照してください。

学生が自分の考えを投稿すると、成績を割り当てることができます。採点対象の掲示板では、学生の個々の投稿ではなく、全体での貢献度に基づく成績となります。

複数の場所で採点を始める :

  • [掲示板]ページで、[参加 & 成績]を選択します。
  • コースページの上部にあるナビゲーションバーで[成績]アイコンを選択し、一覧から採点対象の掲示板を選択します。
  • 自分の名前が表示されている一覧で、[成績]を選択します。新しい提出物がある場合は、通知が表示されます。新しい提出物の数を選択して採点を開始します。

[参加&成績]ページで、学生の名前を選択してその学生の掲示板アクティビティを確認します。学生の投稿は提出物ページで強調表示されます。

掲示板の分析を表示して、各学生の掲示板への参加、クリティカルシンキングのレベル、および文章の複雑さを詳しく考察します。これらのパフォーマンスベースの考察は、支援が必要な学生や、参加状況が通常の範囲から外れている学生を特定するのに役立ちます。

掲示板の分析の詳細

ページの上部でこの学生の成績とフィードバックを入力します。フィードバックアイコンは成績ピルの横に表示されます。アイコンを選択して[フィードバック]パネルを開きます。このパネルは画面の横に固定されます。掲示板アクティビティをスクロールして、全般的なフィードバックを追加できます。また、採点する際、音声/動画で記録したフィードバックをエディタに埋め込むことができます。学生は教員がテキストに埋め込んだ音声や動画の内容を確認できます。

成績を投稿する準備ができたら、[その他のオプション]アイコンを選択して[投稿]を選択します。

掲示板にルーブリックを関連付けてある場合、成績ピルを選択してルーブリックパネルを開きます。成績を直接入力するか、ルーブリックから値を選択して成績に追加することができます。成績は[成績と参加]ページから送信できます。

成績表での成績の割り当て

成績は成績表で割り当てることもできます。項目を選択して、提出物一覧で学生の名前を検索します。学生の投稿に対して成績を入力します。

成績表でグリッドビューを使用している場合は、学生の提出物に簡単に戻ることができます。学生の成績のセルを選択すると、目のアイコンが表示されます。このアイコンを選択すると、掲示板への投稿が応答や返信とともに表示されます。

Ultraコースビューでの成績の割り当ての詳細