通信回線を開いて、学生にオンライン掲示板への参加を促します。

掲示板は、学生に学習活動についてじっくり考えさせ、他の学生と意見を交換するための優れた方法です。教員は、個々のコースレッスン、またはコース一般について掲示板を作成できます。教員は掲示板を所有します。掲示板を開設したら、教員は学生をガイドする目的でコメントを投稿できます。

JAWS®を使用した掲示板、フォーラム、スレッドの詳細

オンラインコースでの最も一般的な対話形式は、教員によって開始される掲示板です。参加や対話は、自然に起こるものではありません。コースの設計に意図的に盛り込む必要があります。魅力的で質の高い掲示板を促進するには、掲示板でのテーマを入念に工夫し、質問を作成します。

元のコースビューの場合、掲示板にはフォーラムスレッドが含まれます。Ultraコースビューの場合、掲示板活動は1か所で行われます。


オンライン掲示板を成功させるために

学生が掲示板を使い始める段階で、安心感を与え、ガイドラインを提供してください。

次の4つの手順は、オンライン掲示板をうまく展開して、コミュニティの構築と課題の実現を支援するための一般的な手順です。

  1. 参加要件を定義します
    • 参加者に求められることを周知します。学生がエチケットについて参照し、採点情報にアクセスできる掲示板を作成します。
    • 正しいオンラインインタラクションの手本を示し、適切な振る舞いをほめて強化します。
  2. 効果的な質問を考案します
    • マルチメディアのリソースを質問に組み込むことで、テキストのみで構成される対話の単調さを軽減します。YouTube™のような知名度の高いサービスを利用すれば、クリップを視聴して返信するよう学生に求めることができます。
  3. 新しいアイデアを奨励します
    • 掲示板のほとんどの投稿が同意を示し、アイデアを疑問視する意見が十分でない場合には、姓がA~Mで始まる学生が一方の意見を支持し、N~Zで始まる学生がその反対意見を支持するような割り当てを試してみてください。
  4. 促進する
    • 教員の存在感を確立します。意見の明確化、リソースの提供、投稿しない参加者の発言を求めましょう。

掲示板にアクセスする

お使いの画面表示と異なる場合。掲示板に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

ユーザは、いくつかの方法で掲示板にアクセスできます。コースメニューおよびコース領域に、カスタマイズしたリンクを追加できます。コース領域に掲示板のリンクを追加することで、受講者は他のコースコンテンツと同じ場所からこのツールにアクセス可能になります。

教員として、コントロールパネルで[コースツール]セクションを展開し、[掲示板]を選択します。このリンクから、コースの掲示板にアクセスしたり、コース内のグループのグループ掲示板にアクセスしたりします。

掲示板の構造

Ultraコースビューを使用する場合、フォーラムやスレッドは表示されません。掲示板に関するUltraのヘルプを参照してください。

コースコンテンツの計画と構築は極めて重要ですが、オンライン掲示板の枠組みを提供することも同じく重要です。

メインの[掲示板]ページには、フォーラムの一覧が表示されます。フォーラムでは、参加者がトピックまたは関連トピックのグループについてディスカッションを行います。各フォーラム内では、ユーザが複数のスレッドを作成できます。スレッドには、最初の投稿とそのすべての返信が含まれます。フォーラムやスレッドを作成することにより、担当コースに関連するユニット別やトピック別に掲示板を分類できます。

フォーラムの詳細

スレッドの詳細

掲示板は順番どおりに表示されるので、すべてのコースメンバが会話の流れを追うことができます。


[掲示板]ページ

お使いの画面表示と異なる場合。[掲示板]ページに関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

通常は、コースメニューから掲示板にアクセスしますが、別のコース領域(コンテンツエリアなど)にリンクを配置することもできます。

[掲示板]ページには、作成したすべてのフォーラムのリストが表示されます。ユーザがメッセージスレッドを開始できるようにするには、最初に1つ以上のフォーラムを作成する必要があります。また、掲示板の内容を検索することができます。デフォルトでは、画面スペースを節約するため、検索フィールドは折り畳まれています。

  1. リストを列に基づいてソートするには、列見出しを選択します。
  2. フォーラムで投稿を表示するには、フォーラムのタイトルを選択します。タイトルが太字で表示されているフォーラムには、未読の投稿が含まれています。
  3. フォーラムごとに、投稿の合計数、未読の投稿数、自分に対する返信数、および参加者数が表示されます。フォーラムの未読メッセージに簡単にアクセスするには、[未読の投稿]列のリンクを選択します。

ULTRA :掲示板の場所

お使いの画面表示と異なる場合。掲示板の設定に関する"従来"のヘルプを参照してください。

教員は掲示板の配置や学生のアクセスをカスタマイズできます。すべての新しい掲示板は、最初は非表示です。自由に編集して、学生が参加できるよう準備が整ったら、表示させることができます。

掲示板はコース内の2つの場所に作成できます。

  • 掲示板を[コースコンテンツ]ページに直接作成して、他の教材とともに表示されるようにします。
  • コースの掲示板ページに移動し、そこで設定します。ナビゲーションバーで[掲示板]アイコンを選択するだけです。次に、掲示板を[コースコンテンツ]ページに含めるかどうかを選択できます。

ULTRA :[掲示板]ページ

お使いの画面表示と異なる場合。掲示板に関する“元の”ヘルプを参照してください。

掲示板は、コースへの参加を学生に促すための便利な方法の1つです。コミュニケーションを広げ、グループ内の強いつながりを育みます。この機能はオンラインの教員にとって不可欠な要素ですが、今回さらに使いやすくなりました。

必要なところで交流の機会を作成します。[コースのコンテンツ]ページでプラス記号、または[掲示板]アイコンを選択して掲示板を追加します。

アクティビティストリームを利用します。アクティビティストリームから、学生の投稿や返答をレビューします。または、アクティビティストリームから完全なコースの掲示板に移動することもできます。

掲示板の所有者は教員です。まだ新しい掲示板を公開する準備ができていない場合は、非表示にします。もっとシンプルにしたい場合は、フォルダを作成して、掲示板を整理します。また、順番を変更したり、掲示板全体または一部の応答を削除したりすることもできます。新しい掲示板は、デフォルトで学生に対して表示されません。準備ができてから、掲示板を表示して学生が参加できるようにします。

調べ回る必要はありません。知りたい情報は簡単に見つかります。ある学生が特定の掲示板に何回参加しているか知りたい場合は、参加者名でフィルタリングして投稿数を確認し、直接アクセスできます。


ULTRA :掲示板か会話か?

クラスの掲示板ではアイデアを展開したり、共有したりできますが、会話を使うと特定のコンテンツをすばやく交換することもできます。たとえば課題を作成するとき、会話を有効にすることができます。助けを求めたり、ソースを共有したり、他の人の疑問に答えるなど、誰でも課題の会話に参加することができます。課題を表示している間は、誰でも会話を読むことができます。

会話は関連するコンテンツ項目にのみ表示され、[掲示板]ページには表示されません。


ULTRA :掲示板の作成

[コースコンテンツ]ページで、掲示板を追加する場所のプラス記号を選択します。[作成] > [参加と積極的な取り組み] > [掲示板]を選択します。

わかりやすいタイトルを入力し、学生がコンテンツリストで適切な掲示板を検索できるようにします。タイトルを追加しないと、メインの掲示板ページに「新しい掲示板」と日付が表示されます。コンテンツを追加するか、ページ内のどこかをクリックするまで、プレースホルダのタイトルは灰色表示されます。コンテンツを追加しないと、プレースホルダのタイトルが付いた空の掲示板が、[コースコンテンツ]ページと[掲示板]ページに表示されます。

最初の投稿を作成して議論を始めましょう。学生が上手くスタートを切れるように、ガイドラインや学生に期待することを記載します。エディタのオプションを使用して、テキストの書式を設定できます。

キーボードを使用してエディタツールバーに移動する場合は、[Alt]+[F10]を押します。Macでは[Fn]+[Alt]+[F10]を押します。番号付きリストなどのオプションを選択するには、矢印キーを使用します。

学生に対して掲示板を表示したり、非表示にしたりできます。このオプションはいつでも変更できます。新しい掲示板はデフォルトで非表示になっています。

[掲示板設定の編集]アイコンを選択して設定パネルを開きます。掲示板に最も適したオプションを選択してください。

  • 掲示板を前面に移動します。[コースコンテンツページで表示]チェックボックスを選択して、[コースコンテンツ]ページの他のコンテンツ項目とともに掲示板を含めます。
  • 掲示板を採点します。見識ある投稿を学生に促すために、掲示板を成績の対象とすることができます。
  • ルーブリックを割り当てます。[採点対象の掲示板]を選択した後、ルーブリックを作成または既存のルーブリックを追加できます。各掲示板には1つのルーブリックのみ関連付けることができます。
  • 最初の投稿を学生に要求します。掲示板は会話を始めるにあたり有効な方法ですが、応答を作成する際に他の学生の考えに依存しすぎる学生もいます。批判的かつ独創的な思考を奨励するために、応答を投稿するまで掲示板のアクティビティを表示できないようにすることができます。応答と返信を非表示にすることで、学生は最初の掲示板トピックで独自の考えを展開しやすくなります。[最初に投稿]を選択して、掲示板に応答するまで学生が掲示板のアクティビティを表示できないようにします。[最初に投稿]と掲示板グループを使用する場合は、[最初に投稿]を選択してからグループを割り当てます。
  • ゴールを掲示板に関連付けます。教員と所属の教育機関はゴールを使用して、プログラムやカリキュラム全体で学生の達成度を測定できます。掲示板を作成したら、1つまたは複数のゴールを関連付けできます。[設定]アイコン、[ゴールにあわせる]を選択して、掲示板に関連付けられるゴールを検索します。掲示板を利用可能にすると、学生は掲示板に関連付けられたゴールについて情報を確認でき、求められているレベルを知ることができます。

    コースコンテンツに目標を関連付ける方法の詳細

  • 会話に集中します学生を掲示板グループに割り当て、各人の返信先となる参加者を少なくするか、会話をより具体的な方向に導くことができます。