共同学習には、従来型の指導に比べて多くの利点があります。学生はチームとして作業することで、積極的姿勢を育み、より効果的に問題を解決し、より大きな達成感を体験できることが、研究により示されています。

学生をグループに編成すると、学生は互いにやりとりし、他の学生の観点を評価することを学べると同時に、自分の知識を披露できるようになります。

コースグループは、1度に1つずつでもセットでも作成することができます。


コースグループへのアクセス

お使いの画面表示と異なる場合グループへのアクセスに関する"Ultra"のヘルプを参照してください

元のコースビューでは、各グループに独自のホームページがあり、学生の共同作業を助けるツールへのリンクが表示されます。教員とグループメンバのみが、グループツールにアクセスできます。

コントロールパネルで[ユーザとグループ]セクションを展開し、[グループ]を選択します。[グループ]ページでは、既存のグループを表示および編集したり、新しいグループやグループセットを作成したりすることができます。


グループの登録方法

3種類の方法で学生をグループに登録できます。学生は、自分自身をグループから削除することはできません。

  • 手動登録では、コース内の各学生をグループに割り当てることができます。手動登録は、単一のグループとグループセットの両方で利用可能です。
  • [ランダム登録]はグループセットに対してのみ使用できます。ランダム登録を使用すると、設定したグループごとの最大メンバ数またはグループの合計数に基づいて、自動的に学生がグループに振り分けられます。ランダム配布は、コースに現在登録されている学生にのみ適用されます。追加の学生を手動で登録できます。
  • 自己登録では、学生は登録シートを使用して自分をグループに追加できます。自己登録は、単一のグループとグループセットの両方が利用可能なオプションです。

グループ登録方法の選択の詳細


学生によるコースグループへのアクセス

学生は、次の2種類の方法でグループにアクセスできます。

  • 新しいコースで、コースメニューから[グループ]リンクを選択します。
  • コースメニューで、[ツール] > [グループ]に移動します。

グループの最善の表示方法の詳細


単一のコースグループの作成

  1. [グループ]ページで[作成]を選択します。
  2. [単一グループ]リストで、[自己登録]または[手動登録]を選択します。
  3. 名前を入力し、必要に応じて、説明も入力します。学生にグループが表示されるようにします。
  4. グループで利用可能にするコースツールのチェックボックスをオンにします。
  5. ブログ、Wiki、日誌への学生の投稿を採点する場合は、[成績]オプションを選択して、[満点の点数]を入力します。
  6. [カスタマイズの許可]チェックボックスをオンにして、学生が個人モジュールをグループホームページに追加できるようにします。モジュールはそれを追加したグループメンバにしか表示されません。
  7. オプションで、このグループのスマートビューを作成するためのチェックボックスをオンにします。

コースグループへの学生の登録

  1. [自己登録]を選択した場合は、名前と手順を入力します。学生に対して、学生は自分自身をグループから削除できないことを伝えるとよいでしょう。[メンバの最大数]を入力して、必要に応じてその他のオプションを選択します。

    -または-

    [手動登録]を選択した場合は、[ユーザの追加]ポップアップウィンドウから学生を検索して選択します。

    選択されたグループメンバは、総数を示す数字と合わせて下部に表示されます。[リストを表示]アイコン (正方形) を選択し、[ユーザの追加]領域を開いて選択内容を表示します。ユーザを削除するには名前の横にある[X]を選択します。

  2. [送信]を選択します。

新規に作成されたグループが[グループ]リストページに表示されます。


グループセットの作成

  1. [グループ]ページで[作成]を選択します。
  2. [グループセット]リストで、[自己登録]、[手動登録]、または[ランダム登録]を選択します。

単一グループを作成する場合と同じ手順に従います。次に、選択した登録オプションに基づいて、次のオプションから選択できます。

  • 自己登録:グループの名前と手順を入力します。[メンバの最大数]を入力して、必要に応じてその他のオプションを選択します。
  • ランダム登録:作成する[グループごとの学生数]または[グループ数]を入力します。グループ内の[残りのメンバの登録方法の指定]のオプションを選択します。
  • 手動登録:作成する[グループ数]を入力します。次のページで各グループの[ユーザの追加]を選択し、選択を行います。

    選択されたグループメンバは、総数を示す数字と合わせて下部に表示されます。[リストを表示]アイコン (正方形) を選択し、[ユーザの追加]領域を開いて選択内容を表示します。ユーザを削除するには名前の横にある[X]を選択します。

無効なユーザは、コースメンバシップまたはユーザが削除されるまで、グループ登録の合計にカウントされます。


グループメンバの削除

教員はコースグループからメンバを削除できます。

コース教員と管理者のみがグループメンバを削除できます。学生は、グループから自分を削除したり、学生が作成したグループから他の学生を削除したりすることはできません。

  1. [グループ]ページで、グループのメニューから[グループの編集]を選択します。
  2. [グループの編集]ページで、メンバ行の[X]を選択し、グループからユーザを削除します。[すべてのユーザを削除]を選択すると、グループからすべてのメンバが削除されます。
  3. [送信]を選択します。

グループメンバがグループから削除されます。ユーザが削除されたことを確認するには、グループホームページに移動してメンバのリストを確認します。

グループの管理と削除の詳細


コースグループへのEメールの送信

グループEメールを使用して、他のメンバまたはグループ全体と効率的にコミュニケーションができます。メッセージを送信する準備ができると、ツールによりグループメンバが受信者リストに自動的に入力されるので、すべてまたは一部を簡単に選択できます。Eメールメッセージは受信者の外部Eメールアドレスに送信されます。Blackboard LearnはこれらのEメールメッセージを記録しません。

グループのコミュニケーションをコース内に留めたい場合は、コースメッセージ (Blackboard Learnの内部メールツール) を使用できます。コースメッセージはグループツールとしては利用できないため、学生はコースメンバ全体のリストから受信者を選択する必要があります。すべての送信メッセージの記録はコースメッセージツールに保存されます。

コースでのEメール使用の詳細


学生がグループを表示する方法

学生がグループにアクセスする方法は、教員がコースをどのように設定したかによって異なります。グループ設定における3つのオプションにより、異なる学習目的を達成できます。

オプションA :所属グループ

次のように表示されます。

デフォルトで、各学生のグループは[所属グループ]に表示されます。

仕組み :

グループを作成してユーザを追加すると、登録されたメンバはそれらのグループを[所属グループ]で使用できるようになります。ここで、ユーザはそのツールにすばやくアクセスできるように、各グループ名を拡張できます。学生がグループに追加されると[所属グループ]には自動的にデータが取り込まれるため、このオプションを使用して実装するのが最も簡単です。矢印を選択すると、グループのホームページがコンテンツフレームまで拡大されます。


オプションB :コースメニューリンク

次のように表示されます。

[グループ]一覧ページへのコースメニューリンクは、ユーザが登録されているすべてのグループと、利用可能な登録シートを表示します。

仕組み :

[所属グループ]には登録するシートはリストされないため、自己登録グループを使用する場合は、[グループ]一覧ページへのリンクを作成します。コースメニュー内にグループへのリンクがあると、簡単にアクセスできて学生にとって便利です。コースメニューの[メニュー項目の追加]リストを使用し、ツールリンクまたはコースリンクを作成します。次に、ポップアップ表示されるコースマップで[グループ]リストページを選択します。


オプションC :コース領域でのリンクの提供

次のように表示されます。

[グループ]リストページ、グループホームページ、またはサインアップシートへのリンクが、コンテンツエリア、フォルダ、学習モジュール、または関連コンテンツと隣接する授業計画に表示されます。

仕組み :

グループツールを使用してグループを作成します。次に、グループリンクを追加するコース領域に移動します。[ツール]メニューを開き、[グループ]を選択します。[リンクの作成 :グループ]ページで選択します。


ULTRA :コースグループについて

コースグループおよびグループセットを作成して、それらをグループ課題、テスト、掲示板などの成績評価対象コンテンツに適用することができます。

グループ課題およびテストの作成の詳細

グループ掲示板の作成の詳細

現時点では、学生は[詳細&操作]パネルの[コースコンテンツ]ページでコースグループにアクセスできますが、[グループ]ページでメンバシップを表示することはできません。採点対象の作業以外のアクティビティにコースグループを使用する場合は、各グループに開始メッセージを送信することができます。その後、メンバはグループのメンバシップを表示し、メッセージを送信することができます。教員はグループメッセージに含まれています。

教育機関は、学生がコース内でメッセージを作成したり返信したりできないよう設定することができます。この設定は、個々のコースでオンまたはオフにすることはできません。この設定がオンの場合、学生は、教員やティーチングアシスタントなど、その他のロールが送信したメッセージだけを読むことができます。また、学生は受信したメッセージを転送することもできません。


ULTRA :コースグループの作成

お使いの画面表示と異なる場合グループへのアクセスに関する“元の”ヘルプを参照してください

コースグループの作成は[コースコンテンツ]ページで行います。[詳細と操作]セクションの[コースグループ]の下にある[グループを作成および管理]を選択します。すでにコースグループを設定してある場合、メニューにはセットとグループの数が表示されます。

グループセットを使用すると、コースグループをとりあえず作成しておいて、後でグループ課題または掲示板を作成したときに使用することもできます。特定の属性、状況、タスクに基づいて学生のグループを設定することができます。また、ボランティア活動など、採点対象の作業以外のアクティビティ用に複数のグループを作成することもできます。

グループメンバシップのベストプラクティスの詳細

新規グループセットページ

初めてコースグループを作成する場合、または新しくグループセットを追加する場合は、学生のリストの一部が[新しいグループセット]ページの[割り当てられていない学生]セクションに表示されます。[すべて表示]を選択すると、学生のリストがすべて表示されます。

オプションで、グループセットにわかりやすいタイトルを付けます。タイトルを追加しないと、[コースグループ]ページに[新しいグループセット]と日付が表示されます。

1つのグループセットの中に最大99個のグループを作成できます。

グラフィックの下にあるプラス記号を選択して、カスタムグループを作成して学生を追加することもできます。

すでにコースグループがある場合は、[コースグループ]ページで[新しいグループセット]を選択します。

次の方法で学生をグループに分けることができます。

カスタムグループ

1つのカスタムグループ、あるいは必要な数のグループを作成でき、各グループの学生数が自由に決められます。

  1. [グループの学生]メニューで[カスタム]を選択し、ページの上部で名前を入力します。
  2. 各学生の名前を選択していくと、名前がまとめて選択されます。再び学生の名前を選択すると、選択が解除されます。
  3. 複数の学生を選択したら、名前の横にあるメニューを開いて[新しいグループを作成]を選択します。メニューにリストされているグループに複数の学生を移動させることもできます。
  4. デフォルトの名前を変更する場合は、グループの名前を編集します。
  5. オプションで、グループ説明を追加します。これはそのグループのメンバにも表示されます。文字数の制限はありません。
  6. 別のグループを追加する場合は、プラス記号を選択します。手順2~5を繰り返すこともできます。

このとき、カスタムグループセットを保存してグループセットに戻り、再度[カスタム]を選択すると、グループが削除されます。

ランダムに割り当てる

選択したグループの数に合わせて学生をランダムに割り当てます。

  1. [グループの学生]メニューで[ランダムに割り当て]を選択し、ページの上部で名前を指定します。
  2. [グループの数]メニューで、作成するグループの数を選択します。学生は、選択したグループの数に合わせて均等に割り当てられます。

    現在のグループセットからすべての学生を削除するには、ページ上部にある[すべて割り当て解除]を選択します。グループ分けした後、保存する前に学生を別のグループに移動させると、設定が[カスタム]に変更されます。

    リマインダ :1つのグループセットの中に最大99個のグループを作成できます。

  3. デフォルトの名前を変更する場合は、グループごとに名前を編集します。
  4. オプションで、グループメンバに表示されるグループ説明を追加します。文字数の制限はありません。

プラス記号を選択すると、システムが作成したグループの他に追加のグループをいつでも作成できます。

自己登録

コースグループに自己登録するよう、学生に求めることができます。学生のみが参加できます。学生は、コースの連絡事項と、参加する必要があるグループについてのアクティビティストリーム通知を受信します。

学生には、[コースコンテンツ]ページの[詳細&操作]パネルに、[グループに加入]と[新規]が表示されます。登録期間を追加することもできます。登録期限が近づくと、学生に通知されます。登録期間が終了すると、学生はグループに参加できなくなり、自動的に登録されます。

学生表示用のユーザを追加した場合、そのユーザも自動的にグループに登録されます。自己登録グループの作成前または作成後に、学生表示用のユーザを削除することができます。

[グループ]ページでは、コースグループを必要な数だけ作成でき、各グループの学生数も自由に決められます。また、新しいコースグループを作成したり、コースグループを削除したりできます。

[割り当てられていない学生]のセクションに、学生のリストの一部が表示されます。[すべて表示]を選択すると、学生のリストがすべて表示されます。

  1. [グループの学生]メニューで、[自己登録]を選択します。
  2. 学生は、[グループの数]の隣で指定されたグループ間で均等に分割されます。自己登録コースグループを2つ以上作成する必要があります。
  3. 別のグループを追加する場合は、プラス記号を選択します。[グループの数]は自動的に更新されます。学生が参加し始めた後でも、グループの追加と削除は可能です。学生がすでに参加しているグループを削除すると、学生は[未割り当て]リストに移されます。残りのグループのどれかに参加するよう学生に通知するか、教員がグループに学生を追加する必要があります。リマインダ :登録期間を追加すると、期間の終了後、割り当てられていない学生は自動的に登録されます。
  4. 必要に応じて、登録開始日と登録終了日を追加します。[詳細オプション]の横にある矢印を選択して、登録セクションを折り畳みます。
  5. 必要に応じて、デフォルトで表示される[グループあたりの最大メンバ数]を変更またはクリアします。このオプション上限数では、2以上を指定してください。グループを追加または削除しても、最大数は更新されません。

    グループあたりの最大メンバ数とグループ数に注意してください。たとえば、最大数を少なくすると、一部の学生が登録期間の終わりにグループに登録できなくなります。新しいグループを作成して学生を登録する必要があります。

    グループあたりのメンバ数を無制限にするには、空白のままにします。学生がグループの選択を行うと、許可される最大数が表示されます。グループあたりの数を無制限にする場合、学生にはクラスの生徒数の合計が表示されます。

    グループの最大メンバシップを上書きすることができます。たとえば、新しく登録した学生をグループに追加できます。

  6. 誰が参加済みか学生に表示しない場合は、[登録メンバーを非表示にする]チェックボックスをオンにします。
  7. デフォルトの名前を変更する場合は、グループごとに名前を編集します。
  8. オプションでグループ説明を追加します。学生がグループを選択するのに役立つ情報を追加できます。文字数の制限はありません。
  9. グループの横にあるメニューを開いて管理オプションにアクセスします。

コースグループ内での自己登録の学生ビューの詳細 (このトピックに戻るには、ブラウザの[戻る]機能を使用)

グループの再利用

既存のコースグループまたはグループセットを再利用することができます。

再利用したグループセットを変更すると、そのグループセットに基づいて、それらの変更がグループ課題および掲示板に影響します。グループセットの変更が、リンクされたコンテンツ項目にどのように影響するかについての詳細情報

  1. [グループの学生]メニューで、[グループを再利用]のセクションからタイトルを選択します。メンバが存在しないグループもリストに表示されます。
  2. ページの上部で名前を入力し、各グループの名前を編集し、オプションで、グループメンバに表示されるグループ説明を追加します。文字数の制限はありません。

同じ学生が新しいグループまたはグループセットに追加されます。場合によっては、コースに加わった新しい学生を、新しいグループに追加する必要があります。


ULTRA :各グループの管理

グループまたはグループセットを作成した後、グループを追加または削除したり、学生メンバシップを管理したりできます。また、グループ名の編集、グループ説明の追加または編集、グループへのコラボレーション開始のメッセージ送信もできます。

リマインダ :このとき、カスタムグループセットを保存してグループセットに戻り、再度[カスタム]を選択すると、グループが削除されます。

グループの追加と削除

グループを追加する場合は、プラス記号を選択します。

必要なくなったグループについては、そのグループのメニューを開いて[グループを削除]を選択します。そのグループに属していた学生は、自動的に割り当てが解除され、ページの上部に表示されます。これらの学生は手動で新しいグループに割り当てることが可能です。あるいは、割り当て解除された学生だけでなくすべての学生を、選択した数のグループにランダムに割り当てることもできます。

起こり得る問題

  • 新しいグループセットの作成に使用したグループセット内のグループを追加または削除しても、新しいグループセットには影響しません。
  • グループアセスメントまたは掲示板の作成に使用したグループセット内のグループを追加または削除すると、コンテンツ項目のグループが更新されます。グループのタイトルや説明に対する編集も、コンテンツ項目に影響します。
  • コースグループセットに基づくグループアセスメントまたは掲示板のグループを追加または削除すると、コースグループセットが更新されます。グループのタイトルや説明に対する編集も、コースグループセットに影響します。
  • 新しいグループセットの作成に使用したグループセットを削除しても、新しいグループセットには影響しません。
  • グループアセスメントまたは掲示板の作成に使用したグループセット全体を削除すると、コンテンツ項目のグループが削除されます。
  • コースグループセットに基づくグループアセスメントまたは掲示板を削除しても、グループセットには影響しません。

学生メンバシップの管理

学生の名前の横にあるメニューから、次のオプションを選択できます。

  • 学生をメンバとして新しいグループを開始する。
  • [割り当て解除]を選択して、グループから学生を削除する。割り当てが解除された学生はページの上部に表示されます。
  • すでに存在している別のグループに学生を割り当てる。グループの名前をメニューから選択します。メンバが存在しないグループは表示されません。

複数の学生を1回の操作で別のグループに移動させたり、その学生のために新しいグループを作成したり、グループからその学生全員を割り当て解除したりすることもできます。

すべてのグループからすべての学生を削除するには、ページ上部にある[すべて割り当て解除]を選択します。

起こり得る問題

  • グループセット内のメンバシップ変更は、グループ掲示板やアセスメントなど、グループが使用されるコンテンツレベルの項目に影響します。
  • コースグループセットに基づくコンテンツレベル項目でのメンバシップ変更は、コースグループセットに影響します。
  • グループセット内でのメンバシップ変更は、グループセットに基づくその他のグループセットには影響しません。

ULTRA :[コースグループ]ページ

今までに作成したすべてのグループが[コースグループ]ページに表示されます。メンバが存在しないグループも表示されます。ページの上部に、グループセットと個々のグループの数が表示されます。

新しいグループセットを作成することもできます。

  1. グループ、またはメンバの数を昇順または降順でソートするための見出しを選択します。
  2. グループセットの中のグループの表示と非表示を切り替えます。
  3. グループを編集または削除するためのグループセットメニューを開きます。
  4. 各グループのメンバ数とコースの全学生数を対比にして表示します。

ULTRA :コースグループと変換

元のコースビューのコースグループおよびグループセットをUltraコースビューに変換した場合、そのグループセットが[コースグループ]ページに表示されます。グループセットに属していないグループは[コースグループ]ページに表示されません。また、自己登録の登録シートは変換されません。

元のコースでグループ課題を作成するのにコースグループセットを使用した場合は、そのグループ課題が変換されます。