グループ作業によって、批判的思考、問題解決、適応性、およびコミュニケーション能力が向上します。

元のコースビューでは、教員はコース内に学生のグループを作成できます。コース内には、これらのコースグループが学習活動で共同作業を行うための独自の領域があります。このスペースには、共同作業プロセスを支援するツールが用意されています。

コースグループは自分のグループ領域でのみ、コースコンテンツを議論したり、ファイルを交換したりすることができます。しかし、学生が作業を共同で行う課題を作成することもできます。学生はグループのホームページですべてのグループの課題にアクセスできます。

Ultraコースビューでは、グループの個別の領域を作成できません。代わりに、共同作業用のグループ課題を作成できます。

教員と学生は、共同作業のためのスペースを作成することもできます。スペースには、My Blackboardメニューからアクセスします。スペースは、学習グループ、体育チーム、動画レビューグループのために作成できます。

両方のコースビューでのグループ課題作成の詳細

グループ課題の採点の詳細


学生にとってのグループ作業の利点

研究1は、学生がさまざまな方法でグループ作業から恩恵を受けることができることを示しています。

  • 学生は、他の指導方法よりも長期間、情報を記憶します。
  • グループメンバの視点は、新たな題材を学ぶ別の機会を提供します。
  • 学生は、コース教材に対して肯定的感情を抱きます。
  • 仲間との良好な関係を確立している学生は、より肯定的な学習体験を持つことになります。
  • グループ作業の成功は、学生自身の自尊心の向上をもたらします。
  • 学生は自身のソーシャルスキルとコミュニケーションスキルを高めます。
  • 学生は批判的思考スキルを高めます。

学生用トピックへのアクセス

Blackboard Helpの学生セクションでトピックにアクセスし、学生と同じようにグループを表示できます。学生の側に立って考えることで、グループ設定や手順に含める内容を決定する際にそれを反映することができます。ブラウザの[戻る]機能を使用すると、このトピックに戻ります。

______________

ソース :1 "44 Benefits of Collaborative Learning." gdrc.org n.d.Web.12 Nov. 2009.