従来のコースビューで利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。Ultraコースビューでは、インストラクタはルーブリックを常に利用できます。

ルーブリックは一貫性のある公平な採点を行うために有益です。また、学生が期待される内容に集中するためにも役立ちます。

ルーブリックは得点ツールの1つで、採点対象の作業を評価するのに使用できます。ルーブリックを作成するとき、割り当てる作業をいくつかのパートに分割します。さまざまなスキルのレベルで、各パートに関連付けられた作業の特徴についてわかりやすい説明を入力できます。

学生はルーブリックを使用して、採点対象の作業の要件を満たすために必要な取り組みについて整理することができます。学生が作業を完了する前にルーブリックへのアクセスを許可することで、採点方法を明確化することができます。

ルーブリックの作成

お使いの画面表示と異なる場合。ルーブリックの作成に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

コース内に複数のルーブリックを作成できます。ルーブリックは行と列で構成されます。行は基準に対応します。列は各基準の成績レベルに対応します。新しいルーブリックは3行と3列で作成されます。

ルーブリックを作成した後、コンテンツと関連付けることができます。

[コントロールパネル] > [コースツール] > [ルーブリック]

  1. [ルーブリック]ページで[ルーブリックの作成]を選択します。タイトルを入力し、必要に応じて、説明も入力します。
  2. [行の追加]を選択すると、グリッドの下部に新しい基準を追加できます。
  3. 新しい成績レベルをグリッドに追加するには、[列の追加]を選択します。
  4. メニューから[ルーブリックの種類]を選択します。
    • 点数がありません : フィードバックのみを提供します。
    • 点数 :各成績レベルに1つの点数があります。
    • 点数範囲:各成績レベルに点数の範囲があります。
    • パーセント : 各項目の満点の点数によりパーセンテージが決定されます。
    • パーセント範囲:各成績レベルに点数の範囲があります。採点時に、特定の成績レベルに対して適切なパーセンテージレベルを選択します。システムは、加重x成績パーセンテージx項目の点数で獲得する点数を算出します。
  5. 行または列のタイトルを変更するには、見出しのメニューにアクセスして[編集]を選択します。新しいタイトルを入力して[保存]を選択します。
  6. 各行と列の点数またはパーセンテージの値を入力します。
  7. 基準および関連する成績のレベルの説明を入力します。各セルに入力できる文字数は最大1,000文字です。
  8. [送信]を選択します。

行や列は順番を変えることができます。[基準]または[成績のレベル]見出しを選択して、並べ替えパネルを開きます。

ルーブリックを採点に使用した後は、そのルーブリックは編集できません。ルーブリックをコピーして、編集可能な重複ルーブリックを作成できます。

ルーブリックを使用した採点の詳細

パーセンテージベースのルーブリック

パーセントベースのルーブリックを選択する場合には、次のオプションから選択します。

  • [基準の加重の表示]チェックボックス : 基準の加重の表示/非表示を切り替えます。加重が非表示のときに行を追加すると、新しい基準の加重は均等に分配されます。
  • 加重のバランス : 新しい行を追加した後に使用して、すべての基準の加重を均等に保ちます。基準の加重を個別に設定する場合には、基準ごとにパーセンテージを入力します。[加重のバランス]を表示するには、[基準の加重の表示]チェックボックスをオンにする必要があります。

すべての基準について、合計加重は100%である必要があります。加重が0%の行を設定することはできません。成績レベルのうち少なくとも1レベルに、100%の値を設定する必要があります。


ルーブリックの関連付け

お使いの画面表示と異なる場合。ルーブリックの関連付けに関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

ルーブリックを関連付けることができる採点可能なコンテンツは次のとおりです。

  • 課題
  • エッセイ、短答式、およびファイル応答問題
  • ブログと日誌
  • Wiki
  • 掲示板フォーラムとスレッド

また、ルーブリックを計算対象ではない成績管理の列に関連付けることもできます。たとえば、クラス参加用に手動で作成した列にルーブリックを関連付けて、参加を採点するためにそのルーブリックを使用できます。列のメニューにアクセスし、[列情報の編集]を選択します。

ルーブリックを関連付けるには、[ルーブリックの追加]メニューにアクセスして、次のオプションの1つを選択します。

  • 作成したルーブリックを選択します。
  • [新しいルーブリックの作成]を選択すると、ルーブリックを作成するための新しいウィンドウが表示されます。
  • [既存のルーブリックから作成]は、既存のルーブリックをテンプレートとして使用し、新しいルーブリックを作成します。

[タイプ]列で、ルーブリックを[採点に使用]または、[二次評価に使用]に指定できます。複数のルーブリックを関連付ける場合、主要採点ルーブリックとして使用できるのは1つだけです。

[学生にルーブリックを表示]には、ルーブリックの表示に関する4つのオプションがあります。

  • いいえ : 学生はルーブリックを表示できません。
  • はい (ルーブリックスコアを使用) : 学生は、教員が項目を利用可能にすると、満点の点数やパーセンテージ値を含めてルーブリックを表示できます。
  • はい (ルーブリックスコアなし) : 学生は、教員が項目を利用可能にすると、ルーブリックを表示できますが、満点の点数やパーセンテージ値は表示できません。
  • 採点後 : 学生は、提出物の採点が完了するまでルーブリックを表示できません。

パーセントベースのルーブリックの場合、満点の点数を入力します。点数ベースのルーブリックの場合は、ルーブリックの点数を項目の満点の点数として使用するように促されます。

テストの質問の点数は、メインのテストキャンバスまたはプールキャンバスで処理されます。点数ベースのルーブリックもパーセントベースのルーブリックも、テストの質問に割り当てられた点数に適合するように計算が調整されます。ルーブリックを関連付けた質問が、点数ボックスの横にルーブリックアイコンがある状態で表示されます。


ルーブリックを使用したコンテンツの学生への表示

学生は[ルーブリックを表示]を選択し、作業を提出する前に採点基準を表示することができます。学生はルーブリックウィンドウをコンテンツの横に移動でき、手順と基準を同時に表示することができます。

ルーブリックの[一覧表示]で、条件の選択肢を選択せずにフィードバックを入力すると、ルーブリックを保存してもフィードバックは保存されません。

課題について

テストの問題について


ルーブリックの管理

お使いの画面表示と異なる場合。ルーブリックの管理に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

ルーブリックのメニューにアクセスして、ルーブリックの編集、コピー、または削除を行います。[関連付けられたコンテンツの表示]を使用して、ルーブリックが関連付けられている項目も表示できます。

同じ基準を使用する類似した採点可能項目がある場合、ルーブリックをコピーすることができます。設定を維持したまま、ルーブリックの名前を変更することができます。使用中のルーブリックを編集する場合も、ルーブリックをコピーできます。コピーされたルーブリックには同じ名前に数字の1が付加されて、「Introductory Speech (1)」のようになります。

関連付けられたルーブリックの管理

ルーブリックが関連付けられている項目を編集するときに、ルーブリックのオプションを変更できます。

[関連付けられたルーブリック]セクションでは、次の管理機能を使用できます。

  • [ルーブリックの関連付けの削除]では、項目とルーブリックとの関連性が解除されますが、ルーブリック自体は削除されません。採点したアセスメントからルーブリックを削除できます。成績はそのまま残ります。成績とルーブリックの関連付けはなくなりますが、手動で追加した成績として表示されるようになります。
  • [ルーブリックの表示]を選択すると、読み取り専用のプレビューと、関連項目を表示してルーブリックを印刷するためのリンクが表示されます。
  • [ルーブリックの編集]を選択すると、関連付けられたルーブリックが表示され、編集することができます。ルーブリックをすでに採点に使用している場合、そのルーブリックは編集できません。