従来のコースビューで利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。Ultraコースビューでは、インストラクタは成績表を常に利用できます。

3種類の列

お使いの画面表示と異なる場合。成績表の項目の種類に関する"Ultra”のヘルプを参照してください。

成績管理には、次の3種類の列が表示されます:ユーザ集計対象成績。各列にはメニューとオプションがあります。表示されるオプションは列の種類によって異なります。

列を作成または編集するとき、成績管理にデータを表示するための設定を選択できます。また、列の表示/非表示、列のカテゴリおよび採点期間への関連付け、列の並べ替えも実行できます。

集計対象列の詳細


ユーザ列について

新しいコースには、成績管理グリッドにデフォルトの6つのユーザ列が表示されます。

  • 氏名(姓)
  • 氏名(名)
  • ユーザー名
  • 学生ID
  • 最終アクセス
  • のアクセス設定

デフォルトのユーザ列は削除も編集もできません。グリッドの最初のユーザー列以外はすべて非表示にできます。最初の列を非表示にする必要がある場合は、[列の編成]ページで、ユーザ列を並べ替えることができます。ただし、少なくとも1つのユーザ列を表示する必要があります。また、ユーザ列をフリーズすることで、グリッドをスクロールするときにその列が固定されるようにもできます。

[ユーザ]ページで、ユーザを利用不可にできます。成績管理では、利用不可のユーザの列にユーザは利用不可のアイコンが表示されます。ただし、グリッドのユーザ行は非表示になりません。利用不可のユーザはコースにアクセスできません。

列をソートするには、列見出しを選択します。たとえば、[最終アクセス]列をソートできます。一番最後にコースにアクセスしたユーザがリストの先頭に表示されます。ソートされたリストは、変更が加えられるかログアウトするまで有効です。


外部の成績列

お使いの画面表示と異なる場合。全体の成績に関する"Ultra”のヘルプを参照してください。

外部の成績列の結果は、コースの学生の成績として教育機関と共有されます。外部の成績として設定する列を決定します。新しいコースでは、デフォルトの合計列がデフォルトの最終成績列となり、最終成績のアイコンが列ヘッダに表示されます。別の列を最終成績として設定するまでは、デフォルトの合計列を削除できません。

最終成績を設定するには、列のメニューにアクセスし、[最終成績として設定]を選択します。選択した列ヘッダに最終成績のアイコンが表示され、デフォルトの合計列ヘッダにアイコンは表示されません。

コースをコピーまたはリストアした場合、選択した外部の成績列は外部の成績列として残ります。


メニューオプション

各列のメニューには、その列固有のオプションが表示されます。

:列名の編集

成績管理では、テストや課題など、採点可能な項目用に自動的に作成された列の項目名は変更できません。コース内の採点可能な項目の名前は変更でき、成績管理のその名前が変更されます。

自動作成された列の[列の編集]ページでは、[成績管理での表示名]ボックスに別の名前を入力できます。指定した名前は、学生の[成績表]ページおよび成績管理グリッドに表示されます。ただし、コース内の項目の名前は変更されません。[成績表]内の名前と、コース内の採点可能な項目の名前が異なる場合、学生が混乱する可能性があります。

JAWS®を使用した列メニューへのアクセスの詳細


ULTRA :成績表の表示

お使いの画面表示と異なる場合。列の種類に関する"Ultra”のヘルプを参照してください。

学生は、コースに登録した時点で成績表に入力されます。現在のコース固有のすべての学習活動が表示されます。学習活動の採点、項目の管理、成績の投稿ができます。

項目一覧は、コースの成績表のデフォルトビューです。割り当てたすべての学習活動と採点の進捗状況を表示できます。また、すべての管理機能にアクセスすることもできます。このビューから項目を並べ替えることができます。

学生のグリッドは、学生が獲得した得点を表示します。学生の名前が各行に表示され、列には採点済みの項目が表示されます。グリッドビューでは、項目の採点および管理ができます。


ULTRA :自動的に作成される成績項目

お使いの画面表示と異なる場合。自動的に作成される成績列の作成に関する“元の”ヘルプに移動します。

コースで採点可能な項目を作成すると、成績表項目が自動的に作成されます。項目リストから、項目をリスト内の新しい場所にドラッグできます。

[コースコンテンツ]ページから出欠を開くと、出欠を成績表に追加できます。

出欠機能の詳細


ULTRA :手動で追加した成績項目

お使いの画面表示と異なる場合。手動で作成した成績列に関する"従来"のヘルプに移動します。

参加など、提出物を必要としない成績項目を追加できます。これらの成績項目は、手動採点手動で作成した項目、またはオフライン項目とも呼ばれます。

手動で追加された項目の場合、提出物はありません。学生のリストページで得点とフィードバックを割り当てます。

手動で追加した項目は[コースコンテンツ]ページに表示されません。その項目は学生のグローバル成績ページおよびコース成績ページに表示されます。

手動で追加した項目には、ファイル、ルーブリック、ゴール、またはグループを追加できません。提出物のない課題にこれらのオプションを追加する場合は、次のセクションを参照してください。オフラインでの提出物の収集

コース成績表の項目リストまたは学生のグリッド表示で、新しい項目を追加できます。

  1. 項目を追加したい場所のプラス記号を選択し、[項目の追加]を選択します。
  2. パネルで、タイトルを入力します。タイトルは最大255文字までです。
  3. オプションで、学生に項目が表示されるようにします。
  4. 説明や成績ユニットなど、詳細を提供します。点数、パーセンテージ、評価区分から選択できます。点数を選択した場合は、取得可能な最高点を指定します。期日は任意です。
  5. オプションで、計算を作成する時に使用するカテゴリに新しい項目を追加します。

成績評価が関連付けられている成績ユニットのみを選択できます。たとえば、テキストの成績評価がUltraコースビューで利用可能になるまで、成績ユニットとしてテキストを使用することはできません。採点を開始した後でも成績ユニットを変更することができます。

学生には何が表示されますか?

教員は、手動で追加した項目を学生が表示できるようにすることができます。学生には、採点されているか否かにかかわらず、グローバル成績ページおよびコース成績ページ上に項目が表示されます。

リマインダ :手動で追加した項目は[コースコンテンツ]ページに表示されません。

成績を割り当てると、学生にアクティビティストリームで通知されます。


ULTRA :オフラインでの提出物の収集

手動で追加した項目は、成績表、および学生のグローバル成績ページとコース成績ページにのみ表示されます。ただし教員は、[コースコンテンツ]ページに表示されるアセスメントを作成することもできます。こちらも学生が提出物をアップロードする必要はありません。手順、ファイル、ルーブリック、およびゴールを追加して、学生がオフラインでの作業を準備できるようにします。会話を有効にすることもできますが、質問の追加と匿名での採点はできません。

オフライン作業の例 :

  • 口頭によるプレゼンテーション
  • 科学展のプロジェクト
  • 演技のパフォーマンス
  • 直接提出された芸術作品
  • 対面式のチームビルディング演習、パネルディスカッション、討論

二本立てのコース (ハイブリッド) を指導する教員は、このタイプのアセスメントが最も有益だと感じるかもしれません。たとえば、ルーブリックを使用して、学生によるクラス内のプレゼンテーションを採点することができます。メモを取ったり、後で得点を追加したりする必要はありません。

アセスメントを作成する際は、提出物をオフラインで収集する方法を選択できます。学生には、オンラインで課題を提出することはできないと通知されます。教員がグループを作成すると、学生にグループメンバが表示されます。

オフラインで収集される提出物の場合、複数の答案、制限時間の設定、SafeAssignの使用は許可できません。

オフライン提出物の採点の詳細

クラス外での学生の参加を必要とする成績項目については、出欠機能にミーティングを追加することができます。学生に校外学習やゲスト講演への参加を求め、出席とマークすることができます。

ミーティングの追加の詳細

学生には何が表示されますか?

学生は[コースコンテンツ]ページ、グローバル成績ページ、およびコース成績ページで、その他のコンテンツとともにアセスメントを表示できます。学生には、オンラインで課題を提出することはできないと通知されます。説明やルーブリックなど、その他の情報にはアクセスできます。また、アセスメントの会話が有効化されていれば参加することもできます。

学生のワークフローの詳細


ULTRA :全体の成績

お使いの画面表示と異なる場合。外部の成績列に関する"従来”のヘルプを参照してください。

項目一覧または学生のグリッドビューにより、全体の成績を設定できます。全体の成績は計算項目となります。採点および投稿したすべての項目について、その時点での集計を学生に示します。

学生がパフォーマンス結果を確認できるように総合評価を学生に公開することも、教員専用にして非表示にしておくこともできます。

[設定する]を選択して総合評価の成績表列を作成します。表示されるページで、全体の成績の計算方法を設定できます。

まず、[総合評価の設定]で、[成績表の項目の加重]または[成績表のカテゴリの加重]を選択します。コースのコンテンツリストは選択内容に応じて変化します。成績のパーセンテージの加重の割り当てを開始できます。カテゴリの加重を使用して総合評価を計算する場合、カテゴリを展開して採点済み項目を表示します。

成績表カテゴリの作成と管理

成績表の各項目またはカテゴリに全体の成績のパーセンテージを入力して、学生の成績に重み付けをします。全体の成績のパーセンテージの全フィールドの合計は100%である必要があります。

項目またはカテゴリを総合評価から除外するには、総合評価のパーセンテージのフィールドから[除外]アイコンを選択します。その項目またはカテゴリはグレーになり、計算に含まれないことを示します。アイコンを再度選択すると、項目またはカテゴリが再び計算に含まれるようになります。

完了したら、[保存]を選択します。[総合評価]列が成績表の学生名の横に表示されます。これにより、各学生のパフォーマンスを簡単に確認することができます。

匿名を解除しない限り、匿名で採点されたアセスメントの得点は計算に含まれません。

総合評価の上書き

学生のパフォーマンスまたは参加状況がコースの成績スキーマに一致しない場合、その学生の全体の成績を上書きすることができます。

成績を上書きするには、学生の[全体の成績]列の成績セルを選択します。新しい値を入力するか、オプションを選択します。成績は成績の記号で上書きすることができます。上書きは、学生がコースを完了できない場合、または完了するための要件を満たしていない場合に便利です。成績の記号には、[未完了]、[離脱]などがあります。総合評価の記号の作成および管理には[成績表の設定]を使用します。

上書きを取り消すには、学生の総合評価セルを選択し、[上書きを元に戻す]を選択します。学生の総合評価が、コース用に設定した計算に戻ります。

学生には何が表示されますか?

学生と教員の総合評価のビューは、総合評価の計算に含まれるコースコンテンツを教員が作成および採点することにより変化します。

項目の表示状況は、総合評価に影響しません。ただし、学生には投稿済みの成績しか表示されません。つまり学生の総合評価のビューには教員が投稿済みの成績しか表示されません。教員の総合評価のビューには、投稿したかどうかにかかわらず、すべての成績が反映されます。したがって、教員と学生では総合評価が異なって表示される場合があります。

全体の成績の学生のビューの詳細