この情報は、従来のコースビューのみに適用されます。利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。

教員はBlackboard Learnを使用して、評価基準を適用し最終成績を報告する目的で、日々のアセスメントアクティビティにマークを付け、採点し、成績を計算します。成績報告の方針、特に丸め、評価尺度の適用、区切りとなるポイントの処理といった方針は、教育機関によって大きく異なります。

成績表にさまざまなルールや計算が適用されている場合はその状況を正しく理解し、教育機関の方針を順守できるようにする必要があります。学生に対しては、得点、評価尺度、成績を明確にする必要があります。そのため、Blackboard Learnでは数値による一貫した処理方法を適用し、計算の透明性を確保しながら、さまざまな方針やプラクティスに対処しています。

使用例

教育機関によっては、特に適用された評価尺度の開始点と終了点について、丸めの方針を持たない場合があります。

:“B+”の評価尺度が87.125%以上の場合、学生が“B+”を得るためには87.1250%が必要であり、87.1249%では足りません。

“A”の評価尺度が90%以上の場合、多くの教育機関の方針では90.00%が必要であり、89.99%では足りません。

Blackboard Learnでは一貫性のあるソフトウェアライブラリを用いて、すべての成績表の計算を小数第15位まで実行します。この精度により、最終的な計算結果は、成績表に表示された値を使用して手動で再計算した場合に得られる数値と近くなります。

Blackboard Learnの計算方法

様々な評定ポリシーや評定手法に対応するため、Blackboard Learnではよりシンプルなポリシーとより複雑なシナリオの両方に対応できるアプローチを採用しています。成績表、成績管理、オフラインの成績データなど、Blackboard Learnの複数の領域で成績がどのように表示されるのか、およびその理由について、次のリストを参照してください。

これらの動作は、Learn 9.1 Q4 2017 Cumulative Update 1、Q2 2017 Cumulative Update 3、およびQ4 2016 Cumulative Update 4以降のアプリケーション全体で想定されます。

  1. すべての数値は、数値が整数であること、丸めた結果ではないことを明確に示すために、整数を含めて小数点以下2桁以上で表示されます。
    • 例 :
      • 100%は100.00%と表示されます。
      • 5ポイントは5.00ポイントと表示されます。
  2. 小数点以下の数字を含む計算が表示されます。ただし、小数点以下3桁以降の末尾のゼロは表示されません。
    • 例 :
      • 81%は81.00%と表示されます。
      • 83.3%は83.30%と表示されます。
      • 85.12500%は85.125%と表示されます。
  3. 計算結果が小数 (循環小数を含む) になった場合は、小数点以下6桁以降が切り捨てられます。この切り捨ては表示の便宜上行われるものであり、値が切り上げられることはありません。その後の計算では、小数点以下15桁までの全体の数が使われます。
    • 切り捨ての例 :
      • 83.333333333333333…%は83.33333%と表示されます。
      • 75.13792864928…%は75.13792%と表示されます。

        上記の例でそれ以上の計算を行う場合は、すべての数字 (小数第15位まで) が使われます。

精度と透明性の高い計算が得られるため、最終成績をつけるとき、または切り上げをサポートしている教育機関の方針に準拠する際には、必要に応じて切り上げを選択できます。