学生がコースを受けられるようにするには?

お使いの画面表示と異なる場合。コースの利用可否設定に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

コースの利用可否の設定 :  [コントロールパネル] > [カスタマイズ] > [プロパティ] > [利用可否の設定]

  1. [利用可否の設定]セクションで、[はい]または[いいえ]を選択します。
  2. オプションで、コースを利用可能にするとき、[コース期間の設定]セクションで次のオプションのうち1つを選択できます。
    • [継続] (デフォルト) : 開始日および終了日を指定せずにコースを利用可能にします。
    • [日付の選択] : 開始日と終了日を指定します。
    • [登録日からの日数] : ユーザが登録後にアクセス可能な期間を指定します。これは、自己ペースで学習できるコースに最適なオプションです。
  3. [送信]を選択します。

コースが学生に公開されない、または利用できないタイミングを管理できます。

コースのアクセス設定の詳細


コンテンツの作成方法は?

お使いの画面表示と異なる場合。コンテンツの作成に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

コンテンツをコースに追加する準備ができたら、コンテンツコンテナに個々のコンテンツを作成します。コンテンツコンテナに個々のコンテンツを作成します。コンテンツコンテナは、コンテンツエリア、学習モジュール、授業計画、フォルダです。コンテンツコンテナには、コンテンツ項目、テスト、課題、ツールへのリンクのそれぞれのメニューからコンテンツを作成します。

コースコンテンツ作成の詳細


準備ができるまで、コースコンテンツを学生に非表示にできますか?

お使いの画面表示と異なる場合。コンテンツの非表示に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

はい。コンテンツを作成すると、その利用可否を設定できます。学生に表示する準備ができるまで、コンテンツを学生が利用できないように設定できます。また、教員は、日付、時刻、個別のユーザ、コースグループ、採点済み項目の成績に基づいて、学生に表示するコンテンツ項目を制限できます。


追加できるコンテンツの種類は?

一部のオプションは教育機関の管理設定に依存しますが、通常はファイル、音声、動画、シラバス、リンク、フォルダなどを追加できます。

コースコンテンツのタイプの詳細


コースコンテンツをもっと利用しやすくするには?

お使いの画面表示と異なる場合。利用しやすいコンテンツに関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

クラスにはさまざまな学生がおり、それぞれ学習能力も違います。学生にとって利用しやすいコンテンツを提供するには、個々の学生が自分にとって最適なフォーマットを選択できることが重要です。所属教育機関がBlackboard Allyを使用している場合は、教員はこのツールを活用して、コースコンテンツをすべての学生にとって利用しやすいものにすることができます。

Allyはコースコンテンツを自動でスキャンし、ファイルをさらに利用しやすくするための手順を実行します。

Allyを使用して開始する


言語パックとは?

言語パックでは、さまざまなオーディエンスに一致する言語や文化の基準を使用して、Blackboard Learnを表示します。言語パックの設定は、システムレベル、コースまたは組織レベル、およびユーザレベルで定義されます。

3つのレベルの言語パック

システムレベル

教育機関は1つの言語パックをシステムのデフォルトとして設定します。これが、コースレベルまたはユーザレベルで他の言語パックが設定されていないときに表示される言語となります。

コースレベル

元の環境では、デフォルトとは異なる言語パックを設定し、コースのすべてのユーザに同じ言語パックを表示することができます。たとえば、スペイン語の授業を担当している場合、コースレベルの言語にスペイン語を選択したい場合があるでしょう。現在のところ、Ultraではコース固有の言語を設定することができません。

ユーザレベル

個人が各自の優先言語パックを選択できます。ただし、言語パックの選択が強制に設定されている場合を除きます。

コンテンツエリアやツールの名前をカスタマイズしている場合、それらの名前は言語パックでは変更されません。これらの値は、すべての言語パックで同じになります。システムのデフォルト名は、言語パックごとに変換され、異なる表示がされます。


言語パックの設定方法

お使いの画面表示と異なる場合。言語パックの変更に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

  1. コントロールパネルで[カスタマイズ]セクションを展開し、[プロパティ]を選択します。
  2. [プロパティ]ページで、[言語パック]リストから選択します。
  3. このコースを常に選択された言語パックで表示するには、[言語パックの強制設定]を設定します。
  4. [送信]を選択します。

コース用の言語パックを選択しなければ、そのコースはユーザの優先言語パックで表示されます。もしくは、ユーザが優先言語パックを設定していない場合、システムのデフォルトの言語パックで表示されます。


一部のコース領域が言語パックの選択の影響を受けない理由

多くの場合、コントロールパネルはコースの選択した言語パックで表示され、ユーザが選択した言語パックで表示されることはありません。コース内の少数の場所では、コースの言語バックではなく、システムのデフォルトまたはユーザの優先言語パックを使用して表示されるページがあります。そうしたページは、選択したコースの言語パックでは表示されません。

  • [コントロールパネル] > [コース情報] > [項目の編集]、[項目のコピー]、[項目の追加]、[項目の削除]
  • [コントロールパネル] > [ファイルをコンテンツ管理にコピー]
  • [コントロールパネル] > [掲示板] > [フォーラムの追加]
  • [コントロールパネル] > [連絡事項] > [受領の確認]

ULTRA :コースを見つけるにはどのようにすればよいですか?

システム内のどこからでも、自分の名前が表示されている一覧からコースリストを利用できます。

[コース]ページでは、どのコースビューに配信されているかにかかわらず、すべてのコースにアクセスできます。Ultraコースビュー元のコースビューはリスト内にシームレスに表示されます。元のコースビューはデザインが新しくなり、以前に選択したテーマやカラーはすべて上書きされます。この形式で提供される場合、コースカードには元のコースビューラベルが含まれます。

Ultraコースページの詳細


ULTRA :自分のコースリストをカスタマイズできますか?

いいえ。リストのコースの順序を変更することはできません。コースはアルファベット順で表示され、用語ごとに分類されています。

コースに頻繁にアクセスする場合は、星アイコンを選択してお気に入りに追加すると、コースリストの上部に表示できます。そうすることで、スクロールする手間がなくなります!星アイコンをもう一度選択すると、作業を終えたときにコースをお気に入りから削除できます。


ULTRA :コンテンツの作成方法は?

お使いの画面表示と異なる場合。コンテンツの作成に関する“元の”ヘルプを参照してください。

[コースコンテンツ]ページでコースの作成を開始します。機能は見つけやすく、操作を簡単に完了できることがわかるはずです。

コンテンツを追加します。コンテンツを追加する場所のプラス記号を選択します。フォルダを展開または作成して、コンテンツを追加することもできます。新しいコンテンツを作成する、既存のコンテンツをアップロードする、または、外部ソースまたは別のコースからコンテンツを追加します。

作成 :学習モジュール、文書、リンク、フォルダ、掲示板、課題、テストを追加します。パネルを開き、追加するコンテンツタイプを選択します。

アップロード :[アップロード]を選択し、コンピュータにあるファイルを参照するか、ファイルをデスクトップから[アップロード]にドラッグします。ファイルは、コンテンツリストに表示されます。学生はファイルのタイトルを選択してダウンロードします。フォルダを展開または作成して、ファイルをアップロードすることもできます。DOC、DOCX、HTM、HTML、MP3、MPG、PDF、PPT、PPTX、XLS、XLSX、RTF、TXT、ZIPなどのファイルタイプとほとんどの画像タイプがサポートされています。

コンテンツのコピー :[コンテンツのコピー]を選択してコース全体をコピーするか、指導しているUltraコースから項目を選択します。元のコース全体をコピーする場合やコースパッケージをインポートする場合は、[一括編集]リンクの横にある[その他のオプション]アイコンを選択して、[コンテンツのインポート]オプションを選択します。

コースのエクスポートとアーカイブの詳細

Content Market :外部ソースからコンテンツおよびツールを見つけて追加することができます。Macmillan、Jones & Bartlettなど、Blackboardの出版企業パートナーの価値ある学習教材にアクセスします。

コンテンツのコピーとインポートの詳細

クラウドストレージ :OneDrive®やGoogle Drive™など、ファイルを保存している複数のウェブアプリにすぐに接続できます。クラウドストレージから複数のファイルを選択し、一度の操作で[コースコンテンツ]ページに追加することができます。追加されるファイルはコピーです。クラウドストレージでファイルを変更した場合、新しいコピーをコースにアップロードする必要があります。

クラウドストレージの詳細

コンテンツ管理 :所属教育機関の共有リポジトリからファイルを追加します。コンテンツ管理のパーソナルフォルダ、コースフォルダ、および教育機関フォルダにコンテンツを保存したり、保存されているコンテンツを検索したりできます。コンテンツ管理の他のコースのファイルを保存した場合、すぐにそのファイルを容易に検索して追加できます。

コンテンツ管理からのファイルの参照および追加に関する詳細

学生に表示するコンテンツの制御。教員がコンテンツの表示を決定するまで、学生はコンテンツを表示することができませんが、教員には常に表示されます。項目の表示を選択して、変更します。コンテンツの1週目のみを表示し、残りを改善できるよう非表示にしておくことができます。楽しんで!試してみましょう!日付や時刻、コースの別項目での学生のパフォーマンスに基づいて、コンテンツをリリースするルールを作成することもできます。このようなルールを作成する際、学生が項目にアクセスできるようになる前に項目を学生に表示するかどうかを選択できます。

キーボードの[Tab]キーで表示/非表示リストを選択し、[Enter]キーを押してメニューを開きます。[Alt/Option]キー + 上下矢印キーでオプションを選択します。

フォルダを使用した整理。コンテンツを整理するために、2層のフォルダを作成できます。学生は教材を探しやすくなり、コンテンツの管理も容易になります。また、教材を検索する必要がないときは画面を小さくして、ナビゲートしやすくできます。オプションでフォルダの説明を追加して、学生がフォルダ内のコンテンツを簡単に理解できるようにします。すでに2階層のフォルダがある場合、3階層目を作成したり、2階層目のフォルダにフォルダをアップロードしたりすることはできません。

学習モジュールを使用した整理。学習モジュールは、コースの中で、コンテンツを整理して入れておくためのコンテナとして使用できます。学生はモジュール内のコンテンツ項目間をわずかなクリック操作で移動できます。

学習モジュールの詳細

コンテンツの容易な並べ替え。項目をポイントをすると、管理機能が表示されます。[移動]アイコンを選択して、項目をリスト内の新しい場所にドラッグします。

キーボードを使用して、項目を新しい場所や展開フォルダに移動したり、フォルダを別の展開フォルダに移動したりすることができます。

  1. [Tab]キーで項目の[移動]アイコンを選択し、[Enter]キーを押して移動モードを起動します。
  2. 矢印キーを使用して位置を選択し、[Enter]キーを押して、新しい場所に項目をドロップします。

コンテンツの編集と削除。項目の行でメニューにアクセスし、[編集]および[削除]機能を選択します。コースの項目を変更または削除できます。教員が項目を含むフォルダを削除すると、コンテンツは[コースコンテンツ]ページからも削除されます。

目標と基準を追加します。教員と所属の教育機関はゴールを使用して、プログラムやカリキュラム全体で学生の達成度を測定できます。ファイルをコースにアップロードできたら、1つまたは複数の目標を関連付けできます。教員がファイルに関連付けたゴールは、学生には表示されません。

コースコンテンツに目標を関連付ける方法の詳細


ULTRA :受講者がコースを受けられるようにする方法

お使いの画面表示と異なる場合。コースの利用可否設定に関する“元の”ヘルプを参照してください。

自分の名前が表示されている一覧から、[コース]リンクを選択してコースリストにアクセスします。コースカードをポイントしてメニューを開き、コースの利用可否を変更します。

コンテンツの追加や確認中はコースを非公開にしておき、準備ができた時点で学生に開講することができます。学生はコース一覧で非公開コースを表示できますが、アクセスすることはできません。

また、[コースコンテンツ]ページでコースをプライベートから公開に変更できます。


ULTRA :準備ができるまで、コースコンテンツを学生に非表示にできますか?

お使いの画面表示と異なる場合。コンテンツの非表示に関する“元の”ヘルプを参照してください。

はい。コンテンツを作成すると、その利用可否を設定できます。学生に表示する準備が整うまで、コンテンツを学生が利用できないように設定できます。また教員は、日付、時刻、その他の採点済み項目のパフォーマンスに基づいて、学生に表示するコンテンツ項目を制限できます。

Ultraコースの条件付きリリースの詳細


ULTRA :コースコンテンツをもっと利用しやすくするには?

お使いの画面表示と異なる場合。利用しやすいコンテンツに関する“元の”ヘルプを参照してください。

クラスにはさまざまな学生がおり、それぞれ学習能力も違います。学生にとって利用しやすいコンテンツを提供するには、個々の学生が自分にとって最適なフォーマットを選択できることが重要です。所属教育機関がBlackboard Allyを使用している場合は、教員はこのツールを活用して、コースコンテンツをすべての学生にとって利用しやすいものにすることができます。

Allyはコースコンテンツを自動でスキャンし、ファイルをさらに利用しやすくするための手順を実行します。

UltraコースでAllyを使用して開始する


ULTRA :言語パックの設定方法

お使いの画面表示と異なる場合。言語パックの変更に関する“元の”ヘルプを参照してください。

システム全体で使用する言語を設定できます。現在、Ultraユーザエクスペリエンスでは、教員がコースレベルで言語パックを変更することはできません。言語を変更すると、すべてのコースに影響します。管理者は特定のコース言語を設定でき、学生は好きな言語パックを選択できます。

ユーザレベルで言語を変更できます。

  1. プロフィールの[言語]を選択します。
  2. メニューから、言語パックを選択します。
  3. [送信]を選択します。