学生がコースを受けられるようにするには?

お使いの画面表示と異なる場合。コースの利用可否設定に関する"Ultra"のヘルプを参照してください

コースの利用可否の設定 :[コントロールパネル] > [カスタマイズ] > [プロパティ] > [利用可否の設定]

  1. [利用可否の設定]セクションで、[はい]または[いいえ]を選択します。
  2. オプションで、コースを利用可能にするとき、[コース期間の設定]セクションで次のオプションのうち1つを選択できます。
    • [継続] (デフォルト) : 開始日および終了日を指定せずにコースを利用可能にします。
    • [日付の選択] : 開始日と終了日を指定します。
    • [登録日からの日数] : ユーザが登録後にアクセス可能な期間を指定します。これは、自己ペースで学習できるコースに最適なオプションです。
  3. 送信]を選択します。

コースが学生に公開されない、または利用できないタイミングを管理できます。

コースのアクセス設定の詳細


コンテンツの作成方法は?

お使いの画面表示と異なる場合。コンテンツの作成に関する"Ultra"のヘルプを参照してください

コンテンツをコースに追加する準備ができたら、コンテンツコンテナに個々のコンテンツを作成します。コンテンツコンテナに個々のコンテンツを作成します。コンテンツコンテナは、コンテンツエリア、学習モジュール、授業計画、フォルダです。コンテンツコンテナには、コンテンツ項目、テスト、課題、ツールへのリンクのそれぞれのメニューからコンテンツを作成します。

コースコンテンツ作成の詳細


準備ができるまで、コースコンテンツを学生に非表示にできますか?

お使いの画面表示と異なる場合。コンテンツの非表示に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

はい。コンテンツを作成すると、その利用可否を設定できます。学生に表示する準備ができるまで、コンテンツを学生が利用できないように設定できます。また、教員は、日付、時刻、個別のユーザ、コースグループ、採点済み項目の成績に基づいて、学生に表示するコンテンツ項目を制限できます。


追加できるコンテンツの種類は?

一部のオプションは教育機関の管理設定に依存しますが、通常はファイル、音声、動画、シラバス、リンク、フォルダなどを追加できます。

コースコンテンツのタイプの詳細


コースコンテンツをもっと利用しやすくするには?

お使いの画面表示と異なる場合。利用しやすいコンテンツに関する"Ultra"のヘルプを参照してください

クラスにはさまざまな学生がおり、それぞれ学習能力も違います。学生にとって利用しやすいコンテンツを提供するには、個々の学生が自分にとって最適なフォーマットを選択できることが重要です。所属教育機関がBlackboard Allyを使用している場合は、教員はこのツールを活用して、コースコンテンツをすべての学生にとって利用しやすいものにすることができます。

Allyはコースコンテンツを自動でスキャンし、ファイルをさらに利用しやすくするための手順を実行します。

Allyを使用して開始する


言語パックとは?

言語パックでは、さまざまなオーディエンスに一致する言語や文化の基準を使用して、Blackboard Learnを表示します。言語パックの設定は、システムレベル、コースまたは組織レベル、およびユーザレベルで定義されます。

3つのレベルの言語パック

システムレベル

教育機関は1つの言語パックをシステムのデフォルトとして設定します。これが、コースレベルまたはユーザレベルで他の言語パックが設定されていないときに表示される言語となります。

コースレベル

元の環境では、デフォルトとは異なる言語パックを設定し、コースのすべてのユーザに同じ言語パックを表示することができます。たとえば、スペイン語の授業を担当している場合、コースレベルの言語にスペイン語を選択したい場合があるでしょう。現在のところ、Ultraではコース固有の言語を設定することができません。

ユーザレベル

個人が各自の優先言語パックを選択できます。ただし、言語パックの選択が強制に設定されている場合を除きます。

コンテンツエリアやツールの名前をカスタマイズしている場合、それらの名前は言語パックでは変更されません。これらの値は、すべての言語パックで同じになります。システムのデフォルト名は、言語パックごとに変換され、異なる表示がされます。


言語パックの設定方法

お使いの画面表示と異なる場合。言語パックの変更に関する"Ultra"のヘルプを参照してください

  1. コントロールパネルで[カスタマイズ]セクションを展開し、[プロパティ]を選択します。
  2. [プロパティ]ページで、[言語パック]リストから選択します。
  3. このコースを常に選択された言語パックで表示するには、[言語パックの強制設定]を設定します。
  4. [送信]を選択します。

コース用の言語パックを選択しなければ、そのコースはユーザの優先言語パックで表示されます。もしくは、ユーザが優先言語パックを設定していない場合、システムのデフォルトの言語パックで表示されます。


一部のコース領域が言語パックの選択の影響を受けない理由

多くの場合、コントロールパネルはコースの選択した言語パックで表示され、ユーザが選択した言語パックで表示されることはありません。コース内の少数の場所では、コースの言語バックではなく、システムのデフォルトまたはユーザの優先言語パックを使用して表示されるページがあります。そうしたページは、選択したコースの言語パックでは表示されません。

  • [コントロールパネル] > [コース情報] > [項目の編集]、[項目のコピー]、[項目の追加]、[項目の削除]
  • [コントロールパネル] > [ファイルをコンテンツ管理にコピー]
  • [コントロールパネル] > [掲示板] > [フォーラムの追加]
  • [コントロールパネル] > [連絡事項] > [受領の確認]

ULTRA :コースを見つけるにはどのようにすればよいですか?

システム内のどこからでも、自分の名前が表示されている一覧からコースリストを利用できます。

[コース]ページでは、どのコースビューに配信されているかにかかわらず、すべてのコースにアクセスできます。Ultraコースビュー元のコースビューはリスト内にシームレスに表示されます。元のコースビューはデザインが新しくなり、以前に選択したテーマやカラーはすべて上書きされます。この形式で提供される場合、コースカードには元のコースビューラベルが含まれます。

Ultraコースページの詳細


ULTRA :自分のコースリストをカスタマイズできますか?

いいえ。リストのコースの順序を変更することはできません。コースはアルファベット順で表示され、用語ごとに分類されています。

コースに頻繁にアクセスする場合は、星アイコンを選択してお気に入りに追加すると、コースリストの上部に表示できます。そうすることで、スクロールする手間がなくなります!星アイコンをもう一度選択すると、作業を終えたときにコースをお気に入りから削除できます。


ULTRA :コンテンツの作成方法は?

お使いの画面表示と異なる場合。コンテンツの作成に関する“元の”ヘルプを参照してください

Create Content

Your course creation starts on the Course Content page. You'll find it's easy to discover features and complete actions.

Add content. Select the plus sign wherever you want to add content. You can also expand or create a folder or learning module and add content. Create new content, upload something you already have, or add content from external sources or from another course.

Create: Add learning modules, documents, links, folders, discussions, assignments, and tests. A panel opens and you can choose the content type you want to add.

Copy Content: Copy an entire course or select items from the Ultra courses you teach. Want to copy an entire Original course or import a course package? Open the menu next to the Batch Edit link and select the Import Content option.

More on exporting and archiving your course

Upload: Browse for files on your computer. They will appear in the content list. Students select a file title to download it. Supported file types include DOC, DOCX, HTM, HTML, MP3, MPG, PDF, PPT, PPTX, XLS, XLSX, RTF, TXT, ZIP, and most image types.

Content Market: Discover and add content and tools from external sources. Access valuable learning materials from Blackboard's partner publishers, such as Macmillan and Jones & Bartlett.

More on copying and importing content

Cloud Storage: Instantly connect to multiple web apps where you store files, such as OneDrive® and Google Drive™. You may choose multiple files from cloud storage to add to your Course Content page in one action. The files you add are copies. If you make a change to a file in cloud storage, you need to upload a new copy in your course.

More on cloud storage

Content Collection: Add files from your institution's shared repository. You can store and find content in personal, course, and institution folders in the Content Collection. If you stored files from other courses in the Content Collection, you'll be able to easily find and add them.

More on browsing and adding files from the Content Collection

Control what students see. Students can't access your content until you decide to show it, but you can always see it. Select an item's visibility to change it. You might show only the first week of content—and keep the rest hidden as you refine it. Have fun! Experiment! You can also create rules to release content based on date, time, or how a student performs on other items in your course. When you create these rules, you can choose whether the item is visible to students before they have access.

With your keyboard, tab to the visibility list and press Enter to open the menu. Use Alt/Option + the up and down arrows to select an option.

Organize with folders. You can create two levels of folders to organize your content. Students won't get lost looking for materials, and your content is easier to manage. Also, students can navigate easier on smaller screens when they don't have to search for materials. Optionally, add folder descriptions to help students understand what content you have included in them. After you already have two levels of folders, you can't create a third level or upload a folder into the second-level folder.

Organize with learning modules. You can use learning modules in your course as containers for organized collections of content. Modules let students navigate from one content item to the next without distractions or extra clicks.

More on learning modules

Reorder content easily. Point to an item to reveal its management functions. Select the Move icon and drag the item to a new location in the list.

With your keyboard, you can move an item to a new location, move an item into an expanded folder, and move a folder into another expanded folder.

  1. Tab to an item's move icon and press Enter to activate move mode.
  2. Use the arrow keys to choose a location and press Enter to drop the item in the new location.

Edit and delete content. In an item's row, open the menu to access the Edit and Delete functions. You can make changes or delete an item from your course. If you delete a folder or learning module that has content, the content is also removed from the Course Content page.

Add goals and standards. You and your institution can use goals to measure student achievement across programs and curriculums. After you successfully upload a file to your course, you can align one or multiple goals. Students won't be able to see the goals you align with a file.

More on how to align goals with course content


ULTRA :受講者がコースを受けられるようにする方法

お使いの画面表示と異なる場合。コースの利用可否設定に関する“元の”ヘルプを参照してください

自分の名前が表示されている一覧から、[コース]リンクを選択してコースリストにアクセスします。コースカードをポイントしてメニューを開き、コースの利用可否を変更します。

コンテンツの追加や確認中はコースを非公開にしておき、準備ができた時点で学生に開講することができます。学生はコース一覧で非公開コースを表示できますが、アクセスすることはできません。

また、[コースコンテンツ]ページでコースをプライベートから公開に変更できます。


ULTRA :準備ができるまで、コースコンテンツを学生に非表示にできますか?

お使いの画面表示と異なる場合。コンテンツの非表示に関する“元の”ヘルプを参照してください

はい。コンテンツを作成すると、その利用可否を設定できます。学生に表示する準備が整うまで、コンテンツを学生が利用できないように設定できます。また教員は、日付、時刻、その他の採点済み項目のパフォーマンスに基づいて、学生に表示するコンテンツ項目を制限できます。

Ultraコースの条件付きリリースの詳細


ULTRA :コースコンテンツをもっと利用しやすくするには?

お使いの画面表示と異なる場合。利用しやすいコンテンツに関する“元の”ヘルプを参照してください

クラスにはさまざまな学生がいて、その学習能力もそれぞれ違います。学生にとって利用しやすいコンテンツを提供するには、個々の学生が自分にとって最適なフォーマットを選択できることが重要です。所属教育機関がBlackboard Allyを使用している場合は、教員はこのツールを活用して、コースコンテンツをすべての学生にとって利用しやすいものにすることができます。

Allyはコースコンテンツを自動でスキャンし、ファイルをさらに利用しやすくするための手順を実行します。

UltraコースでAllyを使用して開始する


ULTRA :言語パックの設定方法

お使いの画面表示と異なる場合。言語パックの変更に関する“元の”ヘルプを参照してください

システム全体で使用する言語を設定できます。現在、Ultraユーザエクスペリエンスでは、教員がコースレベルで言語パックを変更することはできません。言語を変更すると、すべてのコースに影響します。管理者は特定のコース言語を設定でき、学生は好きな言語パックを選択できます。

ユーザレベルで言語を変更できます。

  1. プロフィールの[言語]を選択します。
  2. メニューから、言語パックを選択します。
  3. 送信]を選択します。