この情報は、Ultraユーザエクスペリエンスのみに適用されます。

所属の教育機関がUltraユーザエクスペリエンスを有効化している場合、Ultraコースビュー元のコースビューの両方のコースがあるかもしれません。各コースに適したコースビューを選択できます。どちらのコースビューも、コース一覧にシームレスに表示されます。

エクスペリエンスとコースビューの比較

Ultraコースビューに切り替える前に、Ultraのプレビューで元のコースを確認することができます。切り替える場合、変更がある機能や移行されない機能のリストを確認することもできます。

CourseSitesの元のコースはありますか?UltraコースプレビューでCourseSitesの元のコースを検索することもできます。

CourseSitesへの元のコースのインポートについての詳細


プレビューの機能

現在、学生に開講されていないコースのみプレビューできます。Ultraのプレビューを試す間、コースを非公開にできます。[コース]ページで、コースのメニューから[コースを非公開にする]を選択します。

プレビュー中に[非公開]から[公開]にコースを切り替えようとすると、元のコースビューに戻れなくなるという警告が表示されます。コースは自動的にUltraコースビューに変換されます。

プレビューはプレビューでしかありません。したがって、コースを元に戻すことができます。

  • Ultraコースビューを気に入れば、コースを切り替えることができます。
  • 切り替えを希望しない場合は、元のコースビューに戻すことができます。ただし、元のコースビューに戻すと、プレビューモードで行ったコースへの変更は失われます。作成ではなく探索のためにプレビューを使用しましょう。

学生はプレビューを表示できますか?

コースがプレビューモードの場合、コースを表示できるのは教員と管理者だけです。

コースを学生に公開すると、教員が選択したコースビューが学生に表示されます。コースを学生に公開できるのは、コースが元のコースビューの場合、または完全にUltraコースビューに変換された場合のみです。


プレビューの開始

所属教育機関がUltraユーザエクスペリエンスを有効化している場合、元のコースビューからいつでもUltraのプレビューを開始できます。

ページの右上隅にある[新しいLearnを体験する]アイコンを選択します。ポップアップウィンドウで、Ultraコースビューへの切り替えを開始します。

コースの準備が完了すると、電子メール通知が届きます。[コース]ページで、コースにアクセスし、Ultraコースビューでのコンテンツの見え方をチェックします。


プレビューの探索

Ultraコースのプレビューで、完全にUltraコースビューに切り替えた場合のコンテンツの表示を正確に確認できます。

バナーから[詳細を表示]リンクを選択、または[コースの例外設定]リンクを[詳細&情報]領域から選択して、Ultraコースビューに移行されない項目の数を確認します。これらの項目は例外と呼ばれます。コースに最適な決定を下すために、[変換の詳細]パネルで、優先度グループを選択して詳細を表示します。自己評価/相互評価用の課題、Wiki、ブログ、日誌など、一部の機能は現在Ultraコースビューで利用できません。

変換の詳細に関する詳細

例外の優先度の理解

コースを完全にUltraコースビューに変換することは大きなステップです。Ultraコースビューを、元のコースビューからの大きな変化と捉える教員もいれば、より現代的なインターフェイスと合理化された機能を歓迎する教員もいるでしょう。コース環境の変化をよく理解できるように、システムでは潜在的な影響に基づき、例外を3つの優先度グループに分類しています。

  • 優先度 - 低の例外には、コースの外観の変更、書式設定の変更、わずかな機能の制限が含まれます。
  • 優先度 - 中の例外には、機能の動作の変更、書式設定と提出物の削除が含まれます。
  • 優先度 - 高の例外には、未サポート機能と成績データの削除が含まれます。

詳細を確認するには、優先度の見出しの下にある [例外を表示]を選択してください。このカテゴリのすべての例外がパネルに表示されます。例外がコースにどのように影響するかを確認するには、例外を選択します。具体的な変更を理解できるように、影響を受けるコンテンツのリストが表示されます。

これはプレビューモードであることを忘れないでください。コースの完全な変換はまだ決定していません。

Ultraコースビューをプレビューしている間にコースに対して行った変更は、プレビューを終了し、元のコースビューの続行を選択した場合、保存されません。コースを完全にUltraに変換することを選択した場合、プレビュー中に行った変更は保存されます。


変換されるコンテンツタイプ

Ultraコースビューの機能が公開されていくにつれて、サポートされる項目リストも拡大していきます。

  • コンテンツ項目 :Ultraドキュメントに変換 — エディタで追加したテキストやファイルの書式が一部失われる可能性があります
  • フォルダ :サブフォルダが2階層までに制限されます
  • 添付ファイル :コンテンツの最後でアルファベット順にグループ化されます
  • グループ課題を含む課題 :Ultraの課題に変換され、答案データ、提出物、成績は変換中に削除されます。小数点以下を含む課題の最高点 :満点の点数は小数点以下が切り捨てられた整数になります
  • SafeAssignを使用する課題
  • テスト :現時点でサポートされている作文問題、穴埋め問題、複数穴埋め問題、組み合わせ問題、多肢選択問題、複数回答問題、正誤問題タイプのみがUltraのテストに変換されます。
    • サポートされていないタイプの質問は削除されます。
    • 答案データと提出物は変換中に削除されます。
    • サポートされていないテストオプションは削除されます。
    • 小数を含む最高点または質問点は小数点以下が切り捨てられた整数になります
  • 元の質問プールはUltra質問バンクに変換され、[質問の再利用]ページに表示されます
    • 元のコースビューの質問に追加された既存のタグは、[問題の再利用]ページに表示されます
  • 元の質問セットとランダムブロックはUltraの問題プールに変換されます。
  • ルーブリック :パーセンテージ範囲とパーセンテージのルーブリックは説明なしで変換されます。他のすべてのルーブリックタイプは、点数や点数範囲などのパーセンテージのルーブリックに変換されます。元のルーブリック設定は、学生への表示など、Ultraルーブリックのデフォルト設定に変わっています。
  • カレンダーの期限日
  • 掲示板 :4層のスレッドにフラット化され (返信の返信を表示する機能)、一部の設定は削除されます
  • コース連絡事項 :Ultraコース連絡事項に変換されますが、次のような制限があります。
    • リッチテキストの連絡事項はプレーンテキストに変換されます。
    • 一部の埋め込み画像は表示される場合があります。
    • 添付ファイルと日付の制限は含まれません。
    • コースリンクは表示される場合がありますが、クリックしてもコンテンツ項目には移動しません。
  • 成績表 :一部制限あり
  • 授業計画と学習モジュール :コンテンツは2階層までのサブフォルダを持つフォルダにまとめられます。学習モジュールを強制的に順次表示する設定はありません
  • マッシュアップ :可能な場合、元のコンテンツへのリンクが表示されます。
  • URLリンク
  • コースリンク :課題および掲示板のみ (制限あり)
  • ゴールの配置 :Ultraコースビューでサポートされる項目に変換され、学生に表示されます。
  • 出欠
  • SCORMパッケージ :答案のデータはUltraに変換されますが、元のコースビューに戻るとデータは失われます
  • 学習モジュール :コンテンツは2階層までのサブフォルダを持つフォルダにまとめられます。強制的に順次表示する設定はありません

変換されないコンテンツタイプと設定

次の項目は、Ultraコースビューに完全に変換するとコースから削除されます。

  • 空白ページコンテンツタイプ
  • Wiki、ブログ、日誌
  • シラバスコンテンツタイプ
  • モジュールページ
  • 授業計画
  • アンケート
  • サポートされていないテストオプション
  • サポートされていない質問タイプ
  • 委託採点の設定
  • 自己評価/相互評価
  • タスクツール
  • グループとその課題提出物および掲示板
  • アチーブメント
  • 教科書コンテンツタイプ
  • ツールおよびコンテンツへのコースリンク (ただし、課題および掲示板へのリンクは制限付きで変換)
  • 公開条件ルール :ルールおよび設定はすべてのコンテンツ項目から削除されます
  • ゲストのアクセス
  • コースのバナー
  • コースのメッセージ

コースビューの選択

Ultraコースビューのプレビューが終わると、コースをUltraに完全に変換することも、元のバージョンにとどまることもできます。

画面下部のバーで希望のコースビューを選択します。

元のコースに戻る :コースはプレビュー以前の状態に戻ります。元のコースビューに戻る場合、Ultraプレビュー中にコースに対して行った変更は失われることに注意してください。

Ultraコースを使用する :完全に変換した後、準備ができたらコースを学生に公開できます。