ユーザの登録について

お使いの画面表示と異なる場合。ユーザの管理と登録に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

[ユーザ]ページにはコース内の登録済みユーザがすべて表示され、各ユーザの設定を管理できます。多くの場合、教育機関は登録された学生のコース登録を処理し、学生のアカウントを管理します。

教育機関側がこれを許可し、適切なアクセス権が与えられている場合は、ユーザの追加と削除や、パスワード、担当、プロフィール情報、およびコースのアクセス設定の変更が可能です。

[ユーザ]ページには、[コントロールパネル]の[ユーザとグループ]からアクセスします。

3種類の方法でユーザを登録できます。これらのオプションは、[ユーザの登録]メニュー、または[一括登録]オプションで使用できます。

  • ユーザの作成 :ユーザを作成して自動的に登録します。
  • ユーザーを検索して登録 :システムに既存のアカウントを持っているユーザを登録します。
  • ユーザーのバッチ登録 :一度に複数のユーザを登録し、コースのロールを割り当てます。

ユーザの作成

教員が新規のユーザを作成できるかどうかは、教育機関側が管理します。

  1. [コントロールパネル]で、[ユーザおよびグループ]セクションを展開し、[ユーザ]を選択します。
  2. [ユーザ]ページで、[ ユーザの登録]メニューにアクセスし、[ユーザの作成]を選択します。
  3. [ユーザの作成]ページで、必須情報およびその他の関連個人情報を入力します。
  4. ユーザのロール利用可否の設定を選択します。
  5. [送信]を選択します。

複数の情報システムを備えた教育機関では、このページの上部にあるリンクから別の情報システムにアクセスして、ユーザを作成する場合があります。

ユーザに関する情報はユーザプロファイルに格納されます。ユーザプロファイルのどのデータフィールドをユーザに表示し、どのフィールドをユーザが編集できるようにするかは、教育機関側が管理します。


ユーザを検索して登録

  1. [コントロールパネル]で、[ユーザおよびグループ]セクションを展開し、[ユーザ]を選択します。
  2. [ユーザ]ページで、[ ユーザの登録]メニューにアクセスし、[ユーザを検索して登録]を選択します。
  3. ユーザ名を入力するか、[参照]を選択してユーザを検索します。コースに登録されていないユーザのみが、ユーザ検索で識別されます。
  4. ユーザ名を必要な数だけ選択または入力します。複数のユーザ名はコンマで区切ります。
  5. ユーザのロールユーザ登録の利用可否の設定を選択します。
  6. [送信]を選択します。

ユーザの名、姓、Eメールアドレスでユーザを検索することもできます。

検索されたユーザ:1ページに最大25人のユーザ名が検索結果として表示されます。検索結果が25ユーザを上回る場合は複数のページに表示されます。別々のページに表示される複数のユーザを一度に登録することはできません。この場合は、まず1ページに表示されている登録対象ユーザを選択し、[提出]を選択します。その後、再度検索を実行し、さらに登録するユーザを選択します。

利用可否の設定 :教育機関によって[利用不可]に設定されているユーザは登録できません。コースに登録されているユーザでも、教員が[利用不可]に設定すると、そのユーザは[コース]タブでコースを表示できず、コースにアクセスすることもできません。これらのユーザが、自分がコースに登録されていることを表示できるようにするには、対象ユーザに対してコースを[利用可能]に設定する必要があります。


ユーザの一括登録

[ユーザの一括登録]を使用して、複数のユーザをコースに追加し、対象ユーザにコース担当を割り当てます。システムに存在しないユーザの場合は、そのユーザがシステム内に作成されて、コースに追加されます。ユーザデータがバッチファイルで定義されます。バッチファイルは、システム外で作成する必要があります。一般的な作成ツールは、テキストエディタやMicrosoft Excelです。

ユーザを一括登録できるかどうかは、所属教育機関が設定します。

  1. [コントロールパネル]で、[ユーザおよびグループ]セクションを展開し、[ユーザ]を選択します。
  2. [ユーザ]ページで[ユーザの一括登録]を選択します。
  3. [参照]を選択してバッチファイルを検索し、必要に応じて区切り文字の種類を選択します。
  4. [送信]を選択します。

バッチファイルを書式設定する

バッチファイルの各行にレコードが1つだけ含まれている必要があります。各フィールドは区切り文字で区切られ、引用符で囲まれている必要があります。

Microsoft Excelで作成されたCSV (カンマで区切られた値) ファイルの場合は、各フィールドを囲む引用符が自動的に追加されます。

フィールドは、ユーザレコードごとに以下の順番で表示される必要があります。 アスタリスク が付いているフィールドは必須項目です。

Username*, Last Name*, First Name*, Email, Password*, Course Role*, Student ID, Middle Name, Job Title, Department, Company, Street 1, Street 2, City, State / Province, Zip / Postal Code, Country, Work Phone, Home Phone, Work Fax, Mobile Phone, Website, Course Availability, Other Name, Suffix, Title

ユーザレコードは一括登録処理で変更することはできません。システムがユーザ名を認識すると、その登録はユーザデータを変更せずに処理されます。システムがユーザ名を一度認識すると、コースのロールと利用可否の設定のみが処理され、 ユーザレコードのその他の情報は無視されます。

オプションのフィールドは空白のままにしておくことができます。Usernameフィールドは大文字小文字を区別します。Passwordフィールドを空白のままにしておくと、ユーザのパスワードはユーザ名と同じになります。Passwordの値が空白の場合は引用符で囲まれている必要があります。Course Availabilityは、コースが利用できる場合はY、できない場合はNを指定します。ユーザはデフォルトでコース内で利用可能ですが、コース内で管理することができます。

バッチファイルについて

バッチファイルとは、システムにアップロードする多量の情報を格納できるTXTファイルです。各バッチユーティリティには、バッチファイルの作成についての具体的な説明が含まれています。以下のバッチファイルの標準はすべてに共通しています。

  • 各ファイルは、 TXT (プレーンテキスト) またはCSV (カンマで区切られた値) のいずれかのサポートされているファイルタイプである必要があります。

    ワークシートをCSVファイルとして保存すると、Microsoft Excelバージョン2003以降では各フィールドに二重引用符が自動的に挿入されます。

  • ファイルはDOS形式である必要があります。MacまたはUNIX形式のファイルはDOSに変換してください。
  • 各フィールドは二重引用符で囲みます。例 : "John"とします。
  • フィールド内に引用符がある場合は、次の文字がファイルの終了を示す文字でないことを示すため、エスケープ文字を指定します。エスケープ文字はバックスラッシュ(\)です。例 : "\"NICKNAME\""とします。
  • 各フィールドは、カンマ、コロン、またはタブのいずれかで区切る必要があります。[自動]を選択した場合、各バッチファイルには1タイプの区切り文字のみを使用できます。例 : "John","Smith"または"John":"Smith"と指定します。
  • 各レコードは別の行に置く必要があります。例 :

    "John","Smith"

    "Samantha","Baker"

  • レコードの間に空白行を含めない。空白行が処理され、エラーを返します。
  • Blackboardは、ほとんどのブラウザに関連するタイムアウト制限のため、各バッチファイルのレコードが500を超えないようお勧めします。

コース内の全ユーザの一覧表示

  1. [コントロールパネル]で、[ユーザおよびグループ]セクションを展開し、[ユーザ]を選択します。
  2. [ユーザ]ページで、[実行]を選択します。すべてのユーザが表示されます。

    一覧をスプレッドシート形式でダウンロードすることもできます。詳細については、「成績データのオフライン作業」を参照してください。

  3. [コントロールパネル]で、[成績センタ]セクションを展開して[成績センタ全体]を選択します。
  4. [オフラインで作業 ]をポイントして[ダウンロード]を選択します。
  5. ダウンロードする列を選択します。学生の一覧が自動的に追加されます。
  6. [提出]を選択し、ファイルを保存します。

コースからのユーザの削除

コースからユーザを削除すると、この操作は元に戻せません。成績管理情報、アセスメント、課題情報、コース統計など、そのユーザに関連付けられているすべての情報も削除されます。掲示板の投稿、受信メッセージ、およびEメールメッセージは削除されません。削除したユーザとそのユーザに対応する情報をコースにリストアすることはできません。ただし、削除済みのユーザでも、関連付けられていたデータなしで再登録することは可能です。

  1. [コントロールパネル]で、[ユーザおよびグループ]セクションを展開し、[ユーザ]を選択します。
  2. [ユーザ]ページで、コースから削除するユーザの横のチェックボックスをオンにします。
  3. コースからのユーザーの削除]を選択します。
  4. ポップアップウィンドウに、この操作が最終的なものであることを示す警告が表示されます。[OK]を選択して、ユーザを削除します。

複数のユーザを一度に削除することもできます。

  1. [ユーザ]ページで、ユーザのメニューにアクセスし、[コースからのユーザの削除]を選択します。
  2. ポップアップウィンドウに、この操作が最終的なものであることを示す警告が表示されます。[OK]を選択して、ユーザを削除します。

ユーザ設定の管理

次のオプションには、ユーザのメニューからアクセスします。

  • 編集 :ユーザの個人情報を更新します。
  • ユーザのパスワードの変更 :パスワードを変更します。変更を知らせるEメール通知がユーザに送信されます。
  • コースのユーザロールの変更:ユーザのロールを選択します。この設定は、指導しているコースにのみ影響します。

    コースの担当の詳細

  • コースにおけるユーザの利用可否の設定の変更 :ユーザの利用可否の設定を、[はい]または[いいえ]に設定します。この設定は、指導しているコースにのみ影響します。利用可否の設定は、[ユーザ]ページの右側の列に表示されます。
  • コースからのユーザの削除:ユーザを削除するには、このオプションを選択します。削除を確定するように要求されます。

登録オプション

教員は、学生がコースに登録する方法をカスタマイズできます。

  1. 編集モードオンに変更します。
  2. [コントロールパネル]で[カスタマイズ]セクションを展開し、 [登録オプション]を選択します。
  3. 該当する登録オプションを選択します。
    • 教員/システム管理者:このオプションにより教員または所属する教育機関のBlackboard管理者は、登録プロセスを管理することができます。チェックボックスをオンにすると、登録リクエストのEメールをコースの教員宛てに送信するリンクが学生向けに作成されます。このリンクはコースカタログに表示されます。
    • 自己登録 : このオプションでは、学生が自分をコースに登録できます。
      • 日付フィールドを使用して開始日終了日、またはその両方を設定することにより、学生が自己登録できる期間を制御します。日付を選択しないと、コースを使用不可にしている場合やコース期間が過ぎている場合を除き、学生はいつでも自分で登録できます。
      • [アクセスコード]を使用して自己登録プロセスを検証できます。アクセスコードで、コースに自己登録できるユーザと自己登録できないユーザをある程度管理できますが、登録プロセスの開始と完了は学生に任せることになります。

ULTRA :ユーザの管理と登録

お使いの画面表示と異なる場合。ユーザの管理と登録に関する“元の”ヘルプを参照してください。

[ユーザ一覧]ページで、ユーザのメニューにアクセスします。[メンバ情報を編集]を選択して、[メンバ情報]パネルを開きます。ロールの変更やコースへのアクセス防止、コースからのユーザの削除ができます。所属教育機関によって、可能な操作が異なります。

そのパネルで、個人情報も更新できます。プロフィールとシステム全体に、変更が反映されます。学生は同じ方法で自分の情報を編集できます。

ロールを変更します。ユーザのロールを変更すると、グリッド表示の場合、ユーザ一覧でのユーザの位置が変更されます。ロールはこの順番で表示されます。教員、ティーチングアシスタント、採点者、コース作成者、学生リスト表示では、すべてのメンバがアルファベット順で表示されます。

アクセスを拒否します。[コースへのアクセスを許可する]のチェックマークを外すと、コースへのアクセスを拒否できますが、そのユーザのコース記録や活動は残ります。ユーザ一覧では、そのユーザのステータスがグレーのプロフィール画像と斜線で表示されます。そのユーザの[コース]ページにそのコースが表示されなくなります。

管理者はシステムレベルでユーザのアクセスを拒否しますが、これは教員がユーザ一覧からコースへのアクセスを拒否するものとは異なります。システムレベルでアクセスを拒否されたユーザは、システムにログインできません。

ユーザを削除します。[メンバの削除]アイコンを選択し、コースからユーザを削除します。この操作は、ユーザに関連するデータや成績もすべて削除します。ポップアップの確認ウィンドウが表示されます。データを保持するには、キャンセルし、コースへのアクセスを拒否します。

パネルを閉じます。選択は自動的に保存されなます。[X]を選択して、パネルを閉じます。変更したくない場合は、変更を削除してパネルを閉じます。

ユーザの登録

所属の教育機関が許可していれば、コースにユーザを登録できます。ユーザ一覧のトップにある[ユーザの登録]アイコンを選択して、ユーザの登録パネルを開きます。

  1. 検索ボックスで、氏名、ユーザ名または2文字以上を入力し、検索結果を表示させます。すでにコースに登録しているユーザは、検索結果に表示されません。
  2. 1名以上のユーザを選択します。選択したユーザは、すぐにユーザ一覧に表示されます。選択を解除するには、もう一度ユーザの名前を選択します。
  3. 選択したユーザのロールを選びます。
  4. [X]を選択して、パネルを閉じます。ユーザ一覧の下部に、メッセージと追加したユーザの名前が表示されます。

システムレベルでアクセスを拒否されたユーザは、コースに登録できず、検索結果にも表示されません。

現在、学生はコースの自己登録を行うことはできません。


ULTRA :優遇措置

個々の学生に対して優遇措置を設定して、課題の期日や制限時間などの条件を除外できます。優遇措置を設定して、一部の条件のクリアが困難な学生の進捗を助けます。

[ユーザ一覧]ページで、学生のメニューを開き、[優遇措置]を選択します。

パネルで、その学生に設定する優遇措置を選択します。

期限日の優遇措置 :この優遇措置を受ける学生は、作業に「期限遅れ」のマークが付くことはありません。

制限時間の優遇措置 :制限時間の優遇措置を受けている学生は、制限時間のある課題をさらに時間をかけて完了することができます。この優遇措置を選択した後、延長時間を以下から選択します。

  • + 50%の延長時間
  • + 100%の延長時間
  • 時間無制限

時間無制限の優遇措置を受けている学生には時間制限がないため、学習活動に伴うプレッシャーや不安が軽減されます。

優遇措置の詳細