コースの担当は、コース内のコンテンツおよびツールへのアクセスを制御します。各ユーザには、登録している各コースでのロールが割り当てられています。たとえば、あるコースでティーチングアシスタントを担当しているユーザが、他のコースでは担当が学生である場合もあります。

コースのロールは、コースにユーザを登録するときに設定します。また、登録後にコースのロールを変更することもできます。

管理者は、既存のコースのロールに関連する名前、機能、権限を編集できます。また、新しいコースのロールを作成することもできます。したがって、ここに挙げる情報の一部は、実際に利用できるコースのロールとは異なる場合があります。

標準のコースおよびコミュニティのロール
担当説明
コース作成者コース作成者のロールには、コースのほとんどの領域へのアクセス権があります。このロールは、学生の成績へのアクセスが禁止されるアシスタントに適しています。

コースが学生に対して利用不可に設定されている場合でも、コース作成者はコースにアクセスできます。コース作成者は、コースから教員を削除することはできません。
採点者採点者ロールは、コースへのアクセスが制限されます。採点者は、課題やアンケートの作成、管理、配布、および採点において教員を支援できます。採点者は、マニュアルエントリを追加することで教員を支援することもできます。

コースを学生が利用できない場合、そのコースは採点者のロールを持つユーザのコース一覧に表示されます。ただし、コースが利用可能になるまで、採点者はそのコースに入ることができません。

委託採点ワークフローの一環として、教員は採点者に採点を調整する権限を割り当てることができます。
ゲストゲストロールを使用すると、受講予定者、卒業生、および保護者がBlackboard Learnを探索できます。ユーザ、コース、コンテンツは変更されません。ゲストのロールを持つユーザは、未認証のユーザです。

管理者がゲストのアクセスを有効にした場合、教員はコース内の領域を未認証のユーザがアクセスできるよう設定可能です。

Ultraコースビューではユーザにゲストロールを割り当てられますが、現時点でゲストはコースにアクセスできません。

教員教員は、コースに対して全面的なアクセス権を持ちます。この担当は通常、クラスの作成、指導、または促進を行う人に割り当てられます。コースが学生に利用不可になっている場合でも、教員のロールを持つユーザはコースにアクセスできます。教員は、[コースカタログ]のコースの説明に含まれます。教員ロールは、ツールの利用可否の設定を制御できます。
受講者学生は、コースユーザのデフォルトの担当です。学生のロールを持つユーザは学習活動の提出や、掲示板への参加ができます。学生はコース項目を作成したり採点したりできません。学生はコース一覧でプライベートコースを表示できますが、アクセスすることはできません。
ティーチングアシスタントTA (ティーチングアシスタント) のロールを持つユーザは、コースのほとんどに対するアクセス権があります。コースが学生に対して利用不可に設定されている場合でも、ティーチングアシスタントはコースにアクセスできます。

ティーチングアシスタントは、[コースカタログ]のコースの説明に含まれません。ティーチングアシスタントは、コースから教員を削除することはできません。