この情報は、従来のコースビューのみに適用されます。利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。

コースで利用可能にするツールを選択し、ゲストやオブザーバがそれらにアクセスできるかどうかを指定できます。たとえば、コースのメッセージツールを使用しない場合は利用不可にします。再度利用可能にするまで、自分も含めていずれのユーザも、このツールを表示することもアクセスすることもできなくなります。[ツールの利用可否の設定]ページに、使用できるツールがアルファベット順に一覧表示されます。

教育機関側は、特定のツールを無効にし、それらのツールをコースで使用不可にすることができます。また、教育機関側で、特定のツールに対するアクセス権をユーザから削除することもできます。

コースで利用できるツールについては、コースメニューとコース領域でコースへのリンクを追加できます。[ツール]領域をコースメニューに追加すると、学生は利用可能なすべてのツールを1ページ内で確認できます。

ツール領域の詳細


ツールの利用可否の設定

[コントロールパネル]で[カスタマイズ]セクションを展開し、[ツールの利用可否の設定]を選択します。コースで使用するツールのチェックボックスをオンまたはオフにし、これらのツールへアクセスするユーザを指定します。

  • 利用可能 : 教員、学生、TA (ティーチングアシスタント)、採点者など、ツールの使用が許可されているロールのすべてのユーザは、コース全体でツールを利用することができます。
  • ゲストに表示 :コースに入ることを許可されたゲストは、ツールを読み取り専用で表示できますが、ツールを使用することはできません。
  • オブザーバーに表示 :コースに入ることを許可されたオブザーバーは、ツールを読み取り専用で表示できますが、ツールを使用することはできません。
  • コンテンツエリアで利用可能:コース内の1つ以上のコンテンツエリアに、ツールへのリンクを配置できます。

斜線の付いた円 :教育機関側がそのツールを使用不可にしたか、システムの関係で使用できません。

ある期間使用可能だったツールを、コースレベルで使用不可にしたり、教育機関側がシステムレベルで使用不可にしたりしても、システムからコンテンツが削除されることはありません。ツールが再度使用可能になれば、既存のコンテンツは維持され、アクセス可能になります。

表示のフィルタリング

[使用するフィルタ]を選択して、コース内のツールやロールユーザの利用可否ステータスに基づいて表をソートします。フィルタを使えば、どのツールが利用可能かつ表示可能かを確認して、基準に従って設定を変更することが容易になります。

Building Blocksについて

教育機関にBuilding Blocksのライセンスが付与されている場合、Building Blocksが[ツールの利用可否の設定]ページのツールリストに表示されます。


Eメール設定

利用可能なツールは、所属教育機関によって管理されています。 

コースでEメールツールを有効化している場合は、学生がどの送信者オプションを利用できるかを制御することができます。

 [ツールの利用可否の設定]ページの[Eメール]の横にあるメニューで、[Eメール設定]を選択します。学生がコースの特定のユーザグループ (教員、ティーチングアシスタントなど) やコースグループにEメールを送信できるかどうか決めることができます。これらの設定を使用して、コースでEメールが不適切に使用されないようにします。 

[すべてのユーザ]、[ユーザの選択]、または[グループの選択]オプションの使用が許可されている場合でも、[プライバシー設定]で電子メールを停止した学生には、他の学生からの電子メールは届きません。 

ここで選択した設定が、コースでのEメール送信に影響することはありません。所属教育機関によって、使用できるオプションが制限されている場合があります。使用できないオプションは一覧に表示されますが、グレーで表示され、チェックボックスは無効化されています。