この情報は、従来のコースビューのみに適用されます。利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。

コンテンツを作成し、コースファイルに格納されたファイルへのリンクを作成した後で、[コースリンクの確認]ツールを使用して、そのリンクが現在も有効であることを確認できます。たとえば、コースファイルからリンクされたファイルを削除し、このツールを実行すると、壊れたリンクがリストされます。

定期的にこのツールを実行して、コースコンテンツ内のリンクが有効かどうかを確認できます。コースをコピー、リストア、またはインポートした後は、このツールを実行して、すべてが予想どおりにリンクされていることを確認できます。コースファイル内の項目にアクセスできるユーザは、項目の移動と削除や、項目に対するアクセス権の編集が可能です。このようなアクションは、コース内の項目へのリンクの有効性に影響を与えます。

コースファイル内のファイルへのリンクを作成すると、すべてのコースユーザにそのファイルの読み込み権が与えられます。リンクを確認するときに検証されるアクセス権は、すべてのコースユーザの読み取り権だけです。


ツールの利用可否の設定

教育機関は[コースリンクの確認]ツールを利用可能にする必要があります。

このツールは、[コントロールパネル]の[パッケージとユーティリティ]セクションに表示されます。他のツールのアクセス設定を制限する場合と同様に、このツールのアクセス設定を制限できます。

ツールのアクセス設定の詳細


コースのどの部分が確認されますか?

[コースリンクの確認]ツールは、次の領域で壊れたリンクを検出します。

  • コンテンツエリア
  • ラーニングモジュール
  • 授業計画
  • フォルダ
  • 連絡事項、カレンダーイベント、およびタスク
  • 掲示板、日誌、およびブログ

確認対象外 : テスト (アンケートおよび質問プールを含む) 内のコースファイル項目へのリンク。


リンクの確認

[コントロールパネル] > [パッケージとユーティリティ] > [コースリンクの確認]

  1. [破損したリンク]ページで、[OK]を選択してツールを開始します。この操作の実行には数分かかることがあります。処理の長さは、コース内のリンクの数によって異なります。
  2. ツールの実行後、削除されたファイルやパスが破損しているファイルを示すリンクがページに表示されます。
  3. 詳細については、項目のメニューにアクセスして[詳細]を選択してください。