コンテンツをリリースする2種類の方法

お使いの画面表示と異なる場合。コンテンツのリリースに関する"Ultra"のヘルプを参照してください

コンテンツのリリースをカスタマイズすることで、よりインタラクティブで、それぞれの学生の必要性に合わせて調整されたコースを作成します。元のコースビューでは、公開条件を使用すると、適切なコンテンツを、選ばれた個人に対して適切な時期に表示することができます。

次の2つのタイプの公開条件を使用できます。

基本公開条件では、1つのコンテンツ項目に1つのルールを適用できます。このルールには、4つの基準のすべてを含めることができますが、同じタイプの複数のインスタンスを含めることはできません。項目は、リリースされる前に、ルールに含まれるすべての基準に適合する必要があります。ルールに追加する基準が多いほど、その項目のリリースに対する制限は厳しくなります。基準が多いほど、学生は項目にアクセスしにくくなります。

詳細な公開条件を使用すると、より複雑なリリース基準を設定できます。たとえば、ルールに追加する基準を増やしたり、コンテンツのリリースにさまざまなオプションを指定したりできます。アクセス権を得るため、学生は、ルールの1つに含まれる基準のすべてを満たす必要があります。

たとえば、テストで85点を超えているグループAのメンバが、コンテンツ項目を表示できるルールを設定できます。また、同じ項目に対する別のルールでは、特定の日付以降にグループBのメンバが同じコンテンツ項目を表示できます。

それぞれのルールに対して、1つのメンバシップ基準と1つの日付基準のみを追加できます。それぞれのルールに対して、複数の成績管理と既読未読状況の基準を追加できます。


ルールと基準

お使いの画面表示と異なる場合日付に基づいたコンテンツのリリースに関する"Ultra"のヘルプを参照してください

基準は、公開条件ルールを定義する構成要素です。教員は各ルールに1つ以上の基準を適用できます。たとえば、1つのルールでなら、特定の日以降にコンテンツを利用可能にすることができます。複数の条件を持つ別のルールなら、特定の日以降にコースグループに対してコンテンツを利用可能にすることができます。

ルールを作成するときに追加できる基準は次の4種類があります。

  • 日付
  • メンバーシップ
  • 成績
  • レビューステータス

ルールの詳細

基準の詳細


複数の成績列に基づいてコンテンツをリリースする

最初の学期の課題と中間試験の両方の得点が85%以上の学生向けに、上級の参考書がある場合は、両方の項目に成績基準を含むルールを設定できます。これにより、基準を両方とも満たす必要があるため、このコンテンツが表示される条件が厳しくなります。


学生が複数のコンテンツ項目をレビューしたらコンテンツをリリースする

学生がユニット内の3つのコンテンツ項目をレビューしたら、ユニットテストを利用可能にします。各コンテンツ項目に1つずつ、3つの既読未読状況基準を追加します。これにより、学生が3つの基準をすべて満たす必要があるため、このコンテンツが表示される条件が厳しくなります。


複数のルールを同じコンテンツ項目に追加する

コンテンツを、すべての学生には第5週に、その前のコンテンツをすべてレビュー済みにした学生には、それより前に利用できるようにします。レビューステータス基準を含む1つのルールと、日付基準を含む、もう1つのルールを追加します。学生が満たす必要があるのは1つのルールだけで、学生はそれを2つの基準で満たして、コンテンツにアクセスできます。


2つの日付または日付の範囲に基づいてコンテンツをリリースする

中間試験と最終試験の両方の1週間前に学習ガイドを利用可能にするには、それぞれの週ごとに2つの日付ルールをします。これにより、日付に基づいて、同じコンテンツ項目が2回表示されるようになります。


実施中のコンテンツのリリース

3人の教授が、自分たちのコースでコンテンツをリリースするさまざまな方法を話し合っています。

Shelby M.

「私は、コースを構成するユニットが教科書の章に対応するようにしています。

学生がクラスより先に進まないように、各ユニットが特定の日にリリースされるように設定しています。たとえば、ユニット1は、学期が始まったときに利用可能になります。ユニット2は、その次の週までは利用可能になりません。」


Maria R.

「私は、追加のコース教材を補習用に作成します。この教材を、コースの学習に特別な助けが必要な学生が利用できるようにします。

この補習用教材は、中間試験の成績が65%以下だった学生が利用できるように設定します。」


Tom K.

「私のコースは、1週間ごとのフォルダで構成されています。各フォルダには、概要、掲示板、必要な参考書、テストが含まれています。

学生には、ショートテストの前に教材を読んでほしいのです。公開条件を使用して、参考書にレビュー済みのマークを付けるまでは、学生がテストを表示できないようにしています。」


ULTRA :日付に基づいたコンテンツのリリース

お使いの画面表示と異なる場合。コンテンツのリリースに関する“従来”のヘルプを参照してください

[コースコンテンツ]ページで、コンテンツリストの各項目やフォルダの表示/非表示設定にアクセスできます。表示/非表示メニューで、[条件付きで利用可能]を選択して項目のパネルにアクセスします。

キーボードの[Tab]キーで表示/非表示リストを選択し、[Enter]キーを押してメニューを開きます。[Alt/Option]キー + 上下矢印キーでオプションを選択します。

コンテンツの表示、非表示を選択したり、ルールに基づいて学生にリリースしたりすることができます。

正確な日付、特定の日付まで、または定義された期間中に、項目やフォルダをリリースできます。

:コンテンツは特定の順序で表示されます。コンテンツを、クラスで説明したにのみ利用できるようにする必要があります。学生に先に作業させないようにします。

:最終テストを、所属教育機関で予定されている最終テスト週間にリリースします。

日付と時刻を選択後、学生がアクセスできるようになる前に学生にコンテンツを表示するか非表示にするかを選択することもできます。

  • 学生に表示。学生がアクセスできるようになる前にコンテンツを学生に表示することを選択した場合は、[コースコンテンツ]ページの項目に日付と時刻の選択が表示されます。学生はコンテンツがリリースされる日時と利用できなくなる日時を確認できます。学生のアクセス期間が終了した後も、コンテンツは学生に表示されますが、アクセスすることはできません。
  • 学生に非表示。学生がアクセスできるようになるまでコンテンツを学生に表示しないことを選択した場合は、コンテンツは学生がアクセスできるようになるまで表示されません。学生は、コンテンツが利用できなくなる日時を確認できません。学生のアクセスが終了した後、コンテンツはビューから非表示となります。

特定の日付にフォルダをリリースするよう設定した場合、その日になるまでは、たとえアクセスできるようになる前に学生に表示されるようにフォルダを設定してあったとしても、学生はフォルダ内のコンテンツを展開したり、表示したりすることができません。リリース日以降、すべてのコンテンツに日付の制限がなければ、学生はフォルダ内のものをすべて表示できます。

条件付きで利用可能なルールは[コースコンテンツ]ページにコンテンツに並んで表示されるので、いつ学生がそれを利用できるようになるか簡単にわかります。


ULTRA :パフォーマンスに基づくコンテンツのリリース

[コースコンテンツ]ページで、コンテンツリストの各項目やフォルダの表示/非表示設定にアクセスできます。担当コースの項目列または成績表列において学生が特定の得点に達した場合、項目またはフォルダをリリースすることができます。また、コースコンテンツ項目を開いたとき、表示/非表示設定が画面上部に表示されます。

:学生は学習活動を特定の順序で、理解度を実証して完了する必要があります。たとえば、学生がB以上の評価を獲得しないと次の項目に進めないようにします。

学生に公開するコンテンツの一部を特定し、表示/非表示メニューで[条件付きで利用可能]を選択します。[条件付きで利用可能]パネルで[パフォーマンス]を選択し、担当コースの別項目での学生の得点に基づいてコンテンツをリリースします。ルールの基準にする採点対象項目を選択します。[採点の要件]リストに、項目の成績スキーマと最大得点値に基づいて得点範囲が表示されます。

:100点が得られるクイズに基づいて、条件付きリリースのルールを作成するとします。学生が第1章のテストにアクセスするには、70点以上を得点する必要があります。

  1. 第1章のテストの表示/非表示メニューで[条件付きで利用可能]を選択します。
  2. [パフォーマンス]を選択し、[採点済みの項目]メニューでクイズを選択します。
  3. [採点の要件]で、学生がクイズで得点する必要がある成績を選択します。この例では要件を70点以上とします。
  4. ルールを保存します。

学生が練習テストを完了して70点以上得点すると、第1章のテストにアクセスし、答案を提出できます。

コンテンツに対して複数の条件を選択した場合、学生がすべての条件を満たすまで学生はコンテンツを利用できません。

適した採点要件が見つからない場合は、カスタム成績範囲を指定できます。[カスタム範囲]を選択すると追加フィールドが表示されます。カスタム範囲を使用すると、項目の成績スキーマおよび最高点に基づいてルールを設定するか、得点のパーセンテージを使用することができます。

表示/非表示設定

条件付きの利用可能ルールを作成すると、学生がその項目にアクセスできないときにその項目を[コースコンテンツ]リストに表示させるかどうかを選択できます。

[学生に表示]を選択すると、学生がアクセスできるようになる前にコンテンツが表示されます。学生は、コンテンツにアクセスする前に満たすべき条件を確認できます。

[学生に非表示]を選択すると、学生がアクセスできないうちはコンテンツを非表示にします。この設定を選択した場合、条件は学生に表示されません。学生に表示が設定されたコースの他のコンテンツと同様、コンテンツは利用可能なときだけ表示されます。

学生には何が表示されますか?

コンテンツが利用可能になる前に、条件付きで利用可能な項目を学生に表示することを選択できます。

利用可能になる前にコンテンツを表示する場合、学生はコンテンツにアクセスする前に満たすべき条件を確認できます。項目はコースカレンダーおよび[成績]ページにも表示されます。コンテンツは学生のアクティビティストリームには表示されません。

コンテンツを利用不可能な間は表示しない場合は、学生にはいつそれが利用可能になるかが表示されません。

学生に非表示となっている項目にルールを設定すると、学生にアクセスルールを満たす機会が与えられません。ただし、条件付きで利用可能な項目は、表示/非表示設定に基づいて、[コースコンテンツ]ページに表示される場合があります。この場合、学生には、コンテンツがアクセス不可であり、教員に連絡するようにとのメッセージが表示されます。

破損したルールの修正

条件付きリリースのルールは、ルールの基準となっているコンテンツが削除されると破損します。[コースコンテンツ]ページに警告が表示され、ルールの破損により学生がコンテンツにアクセスできない場合に通知されます。[条件付きで利用可能]パネルを開き、新しいルールを設定します。

ルールの削除

条件付きでリリースのルールを削除するには、コンテンツ項目の表示/非表示メニューで[学生に表示]または[学生に非表示]を選択します。新しいルールを設定する場合は、もう一度[条件付きで利用可能]パネルを開きます。


ULTRA :コンテンツを順番通りに公開

学習モジュールは、コースの中でコンテンツを整理して入れておくためのコンテナとして使用できます。学生はモジュール内のコンテンツ項目間をわずかなクリック操作で移動できます。

教科書や他の教材がコースのカリキュラムの基盤となっている場合、モジュールを使用すると教材のペースに合わせてコンテンツを論理的かつ効果的にグループ化することができます。このペースとロジックをサポートするため、指定した順番でモジュールの教材にアクセスするよう学生に求めることができます。

  1. [コースコンテンツ]ページで、他のコンテンツと同じ方法でモジュールの表示設定にアクセスできます。表示設定メニューで、[条件付きで利用可能]を選択してモジュールのパネルにアクセスします。

    キーボードからは、[Tab]キーで表示設定リストを選択して[Enter]キーを押して、メニューを開きます。[Alt/Option]キー + 上下矢印キーでオプションを選択します。

  2. [条件の設定]で、[シーケンス]を選択します。このオプションは学習モジュールにのみ利用可能です。
  3. 日付やパフォーマンスに基づいて学生がモジュールを利用できるように設定することもできます。
  4. [保存]を選択します。条件付きで利用可能なルールは[コースコンテンツ]ページにコンテンツと並んで表示されるので、いつ学生がそれを利用できるようになるかが簡単にわかります。

モジュールにあるコンテンツのアクセスを個々にコントロールします。モジュールの中でコンテンツの表示と非表示を切り替えることができます。表示/非表示の設定は、モジュールが表示されている場合でも保持されます。また、他の条件に基づいてこのコンテンツを利用可能にすることもできます。

1つの学習モジュール内で矛盾した条件を設定しないように注意してください。日付やパフォーマンスに基づいて他の利用可能条件を設定する前に、学習モジュールの項目の順番を検討してください。

学生に何が表示されるか

モジュールが表示されている場合、学生はそのモジュール内に表示されている、期限日を含むすべてのコンテンツも見ることができます。順番通りにコンテンツを開いて完了する必要があることを知らせるメッセージが、その他の設定済み条件とともに学生に表示されます。