モバイル対応コンテンツを作成する最善の方法は、コースをモバイルデバイスで試してみることです。

Blackboardアプリは、Blackboard Learnコースで表示される多くのコンテンツタイプを扱っていますが、予想されるすべてのコンテンツを扱うように設定されているわけではありません。モバイルデバイスに適切に翻訳されるよう、コースコンテンツを編集することができます。

モバイルアプリでのコースのプレビュー

模擬学生のアカウントを作成するか、教育機関のBlackboard管理者から学生アカウントを取得します。模擬学生をコースに登録します。Blackboardアプリは、学生として登録しているコースだけを表示します。

登録中に調整できるように、コースコンテンツを作成しながらモバイルビューを確認します。

Blackboardアプリの使用を開始する

モバイル対応のファイルタイプの使用

Blackboardモバイルアプリは、最も一般的なテキストファイルとメディアファイルをサポートしています。一部のファイルタイプは、特定のオペレーティングシステムでサポートしていないため、サポートされていません。

アプリで表示されるものはすべて1つの画面で表示します。たとえば、学生は2つの添付ファイルを同時に表示できません。

モバイルアプリでサポートするファイルの詳細

コース項目数の削減

コースに大量のコンテンツ項目があると、モバイルユーザが項目を読み込むのに時間がかかる場合があります。すべてのコースコンテンツを1つのフォルダに配置するのではなく、項目を分類して複数のコンテンツエリアまたはフォルダにわたって存在するようにします。

短いタイトル

フォルダやコンテンツの簡潔なタイトルは、小さい画面で便利です。また、コースのWebブラウザも見やすくなります。

頻繁なやり取り

学生は自分のモバイルデバイスと頻繁にやり取りします。コースを学生の日常生活の一部に組み込むことができます。

  • コースを活性化させましょう!新しいテストや成績などのイベントはアプリ通知を送るので、学生はコースを活発な学習の場と捉えます。
  • 学生がモバイルデバイスで完結できる、掲示板への短い投稿をもっと頻繁に行うよう促します。
  • Web対応の画像と動画を含めます。
  • Collaborateを使用してリアルタイムのセッションで学生と繋がります。
  • 元のコースでは、コースの連絡事項がアプリに表示されます。

現時点では、アプリのUltraコースでは通知がサポートされていません。

期日

課題とテストに期日を追加します。Blackboardアプリでは期日の機能とプッシュ通知を使用して、設定された期日に基づいて学生の作業の進捗を促します。

コース構造

コースを週、ユニット、章、その他の方法で整理しますか?この構造が、Webビューでもモバイルアプリビューでも、コースを簡単にナビゲートできるものであることを確認してください。

元のコースのコースメニュー

コースメニューのリンク数を削減して、モバイルデバイスでのスクロールを制限します。コンテンツエリアを使用して、関連する項目をまとめ、コースの編成と作成を行います。コンテンツエリアは、アプリでは[コースコンテンツ]ページのフォルダとして表示されます。

綿密に計画すれば、将来的に教員と学生の役に立ちます。

  • フォルダ、コンテンツエリア、学習モジュールを作成しますか?
  • 学生にはどのツールを利用可能にしますか?それらはアプリでネイティブにサポートされていますか?

Ultraコースの[コースコンテンツ]ページ

[コースコンテンツ]ページのフォルダと項目の数を制限して、モバイルデバイスでのスクロールを制限します。フォルダを使用して関連する項目をまとめ、コースの編成と作成を行います。

ネイティブなアプリ機能

アプリでネイティブにサポートされているコースの機能とツールはどれか、また、どの機能がWebビューで開くかを把握しておきましょう。

モバイル対応でないツールやコンテンツを使用する必要がある場合は、必ず学生に伝えます。

アプリでサポートされるコースコンテンツおよびサポートされるHTMLについての詳細

その他のリソース

モバイルフレンドリーなコースのガイド (PDF版、英語のみ)