エディタキーボードショートカット

エディタツールバーのショートカットキー

エディタは、WindowsおよびMacのキーボードショートカットをサポートしています。

  • キーボードを使ってエディタのツールバーにジャンプするには、[Alt+F10]キーを押します。Macでは[Fn]+[Alt]+[F10]を押します。最上段の行の左端のアイコンがフォーカスされています。左右の矢印キーを使って、前後に移動することができます。上下の矢印キーでは、別の行に移動できません。矢印キーを使用してその行の端まで移動すると、続けて上下の次の行に移動します。
  • ツールバーのアイコンを選択するには、[Enter]を押します。編集ウィンドウに戻ります。
  • ツールバーに戻るには、次の同じキーボードショートカットを使用します。Alt + F10 または Fn + ALT + F10 (Macの場合)最後にアクセスしたアイコンがフォーカスされています。
  • [Tab]キーを使用すると、エディタからページの次のフィールドに移動します。
  • [Shift + Tab]キーを使用すると、エディタからページの前のフィールドに移動します。

選択した項目を上下左右に1文字移動するショートカットキーを使用した場合、その移動オブジェクトは絶対位置となります。「絶対位置」はピクセル単位で決まります。オブジェクトを上に移動すると、1回につき1ピクセル上に移動します。

エディタのテキストボックスのショートカット

Macユーザは[Ctrl]キーの代わりに[command]キーを使用します。表では、これらのショートカットは「Mac」と表示されています。

キーボードショートカット
キーボードショートカット説明
[右矢印]1文字右に移動します。
[左矢印]1文字左に移動します。
[下矢印]1行下に移動します。
[上矢印]1行上に移動します。
Ctrl + 右矢印
Macの場合 :Command + 右矢印
1単語右に移動します。
Ctrl + 左矢印
Macの場合 :Command + 左矢印
1単語左に移動します。
End行の末尾に移動します。
Home行の先頭に移動します。
Ctrl + 下矢印
Macの場合 :Command + 下矢印
1パラグラフ下に移動します。
Ctrl + 上矢印
Macの場合 :Command + 上矢印
1パラグラフ上に移動します。
[Page Down]1ページ下に移動します。
[Page Up]1ページ上に移動します。
Ctrl + Home
Macの場合 :Command + Home
テキストの先頭に移動します。
Ctrl + End
Macの場合 :Command + End
テキストの末尾に移動します。
選択
Shift + 右矢印選択範囲を1文字右に拡張します。
Shift + 左矢印選択範囲を1文字左に拡張します。
Ctrl + Shift + 右矢印
Macの場合 :Command + Shift + 右矢印
選択範囲を1単語右に拡張します。
Ctrl + Shift + 左矢印
Macの場合 :Command + Shift + 左矢印
選択範囲を1単語左に拡張します。
Shift + 上矢印選択範囲を1行上に拡張します。
Shift + 下矢印選択範囲を1行下に拡張します。
Shift + End選択範囲を現在の行の末尾に拡張します。
Shift + Home選択範囲を現在の行の先頭に拡張します。
Shift + Page Down選択範囲を1ページ下に拡張します。
Shift + Page Up選択範囲を1ページ上に拡張します。
Ctrl + Shift + End選択範囲を文書の末尾に拡張します。
Ctrl + Shift + Home
Macの場合 :Command + Shift + Home
選択範囲を文書の先頭に拡張します。
Ctrl + A
Macの場合 :Command + A
テキストボックスに表示されているすべてのエレメントを選択します。
編集
Backspace
Macの場合 :Delete
選択範囲を削除します。何も選択しない場合は、マウスポインタの左側の文字を削除します。
Ctrl + Backspace
Macの場合 :Shift + Command + Delete
マウスポインタの左側の単語全体を削除します。
Macの場合 :その行のマウスポインタの左側にある単語をすべて削除します。
Ctrl + C
Macの場合 :Command + C
選択範囲をコピーします。
Ctrl + V
Macの場合 :Command + V
切り取ったコンテンツ、またはコピーしたコンテンツを貼り付けます。
Ctrl + X
Macの場合 :Command + X
選択範囲を切り取ります。
Delete選択範囲を削除します。
Insertテキストの挿入と上書きを切り替えます。
Ctrl + Z
Macの場合 :Command + Z
直前の書式設定コマンドを元に戻します。
Ctrl + Y
Macの場合 :Command + Y
直前の元に戻したコマンドをやり直します。
Ctrl + F
Macの場合 :Command + F
テキストを検索します。
Shift + F10右クリックと同じメニューが表示されます。
書式
Ctrl + B
Macの場合 :Command + B
太字書式をオンまたはオフにします。
Ctrl + I
Macの場合 :Command + I
斜体の書式をオンまたはオフにします。
Ctrl + U
Macの場合 :Command + U
下線をオンまたはオフにします。