テキストのコピーと貼り付けによる紛失の防止

コースにテキストを追加する際、インターネット接続の切断やソフトウェアのエラーが発生しても作業の紛失を防ぐことができます。NotepadやTextEditなど、オフラインのシンプルテキストエディタで入力し、作業内容をコピーしてコースに貼り付けできます。

もしくは、提出または保存する前に、追加したいテキストをすべてコピーできます。コピーするには、テキストを選択して右クリックします。キーの組み合わせを使用してコピーと貼り付けを行うこともできます。

  • Windowsの場合[Ctrl + A]でテキストをすべて選択でき、[Ctrl + C]でコピー、[Ctrl + V]で貼り付けできます。
  • Macの場合 :[Command + A]でテキストをすべて選択でき、[Command + C]でコピー、[Command + V]で貼り付けできます。

Microsoft®Wordからテキストを貼り付けるには

エディタで直接テキストを入力し、利用可能なオプションで書式設定を行うのが最適です。

Wordドキュメントからテキストをコピーし、直接エディタに貼り付けすると、問題が起こることがあります。元の書式設定が思った通りに表示されないかもしれません。また、エディタにテキストを貼り付けた後、書式設定を削除または追加できない可能性があります。書式設定の問題を防ぐために、エディタのオプションを使用して書式設定を削除し、書式設定をし直すことができます。

エディタにテキストを貼り付けた後、Wordの書式設定を削除するには、テキストをすべて選択し、[書式の削除]アイコンをクリックします。すべての書式設定が削除されることを了解した上で、このオプションを使用してください。箇条書き、番号リスト、インデント、行間、中央揃いのテキスト、フォント形式、サイズすべてが削除されます。

また、エディタにテキストを追加する前にNotepadやTextEditなどのオフラインのシンプルテキストエディタに貼り付けることで、書式設定を削除することができます。その後、テキストをエディタに貼り付け、希望通りの書式設定を行います。


テキストの追加

お使いの画面表示と異なる場合。テキストの追加に関する"Ultra"へルプを参照してください。

課題、テスト、ディスカッション、ブログ、日誌など、テキストの追加と書式設定ができる場所にエディタが表示されます。

エディタのオプションを使用して、ファイルの添付、マルチメディアの埋め込み、数式、リンク、表の挿入が可能です。コンテンツの表示方法をクリエイティブに管理しながら、順番や表示を柔軟に変更できます。

デフォルトの表示はWYSIWYG (What You See Is What You Get (見たままが得られる)) になっています。[HTMLコードビュー]アイコンを選択し、コードの編集または追加を行います。

テキストを右クリックして、よく使用するオプションにアクセスすることも可能です。カーソルの場所やテキストの選択有無によってメニューが変わります。

キーボードを使用してエディタツールバーに移動する場合は、[Alt]+[F10]を押します。Macでは[Fn]+[Alt]+[F10]を押します。最上段の行の左端のアイコンがフォーカスされています。左右の矢印キーを使って、前後に移動することができます。上下の矢印キーでは、別の行に移動できません。矢印キーを使用してその行の最後に移動し、その後、使用可能な上下の次の行に移動します。

お使いの画面表示と異なる場合。エディタに関する"Ultra"の動画をご覧ください。


行間の間隔の調整

CSS設定を変更して、エディタでテキストの行間の間隔を調整することができます。同じ方法で箇条書きリストと番号リストの項目の間隔を調整することもできます。

  1. 間隔を追加したいテキストを選択します。
  2. [CSSスタイルの編集]アイコンを選択して、別のウィンドウを開きます。
  3. [行の高さ]については、2つのメニューで設定することができます。
    • 2番目のメニューで、[ems]などのオプションを選択します。
    • 1番目のメニューで、[(値)]を選択し、値を入力します。たとえば、「2」と入力して[ems]と組み合わせると、テキストがダブルスペースで表示されます。
  4. [更新]を選択します。エディタに新しい間隔が反映されます。
  5. [送信]を選択します。

リストの操作

エディタで、箇条書きリストと番号リストをテキストに追加できます。

  • 番号リスト : 利用可能なリストオプションから選択します。
    • デフォルト:数字
    • アルファベット順
    • ローマ数字
    • ギリシャ記号
  • 箇条書きリスト : 黒丸、白丸、二重丸または四角から選択します。

箇条書きリストと番号リストの間隔の調整

[CSSスタイルの編集オプションを使用して、箇条書きリストと番号リストの間隔を調整できます。WYSIWYG (What You See Is What You Get) ビューまたはHTMLコードビューで、箇条書きおよび番号リストの項目の間隔を広げることも可能です。

デフォルトで、箇条書きリストと番号付きリストには段落の行と同じ間隔が設定されています。リストの各項目で<li>タグが使用されて、箇条書きリストまたは番号付きリストの各項目が作成されます。

WYSIWYGビューにおける間隔の調整

WYSIWYGビューでは、リストの作成後に箇条書きリストまたは番号リストの各行の最後にマウスポインタを置き、[Shift]+[Enter]キーを押します。各リスト項目の間に1行分の間隔が追加されます。このキーの組み合わせを使用し続けると、1行分ずつ間隔が追加されます。コードビューでは、それぞれの行間に<br /><br />が表示されます。このコードは、箇条書きリストまたは番号リストの各項目の閉じタグ (</li>) の内側に表示されます。

コードビューにおける間隔の調整

リスト項目間の間隔を制御する場合、コードビューで操作を行う必要があります。[HTMLコードビュー]アイコンを選択し、コードウィンドウを開きます。各リスト項目のタグに値を追加することができます。箇条書きリストまたは番号付きリストの各項目の下に間隔が追加されることで、リスト項目間に間隔が作成されます。

同じ方法を使用して段落の間隔を調整できます。


線と水平方向の罫線の挿入

コンテンツエディタで、追加するコンテンツに線と水平方向の罫線を入れることができます。

[]アイコンを選択して、現在のカーソル位置に、テキスト領域の幅全体にわたって引かれる細い水平線を追加します。

[水平方向の罫線]アイコンを選択して、細い中央揃え線を追加します。次のオプションが設定できます。

  • 幅(ピクセル単位、またはテキスト領域の利用可能全幅に対する比率)
  • 線の高さ(現在の位置との相対値)
  • シャドウ (デフォルトではシャドウは使用されていません)

[]メニューを使用して、ピクセルまたは比率を選択します。[高さ]メニューを使用して、[通常]または1~5の高さの増分を選択します。[挿入]を選択して、その線を追加します。


スペルチェック

このオプションを利用可能にするかどうかは、教育機関側が判断します。

自動スペルチェックオプションのオンとオフを切り替えるには、[スペルチェッカーの切り替え]アイコンをクリックします。メニューから言語の辞書を変更できます。教育機関と教員はスペルチェックを無効にできます。所属教育機関が読み込むスペル辞書を選択します。

スペルが間違っている可能性がある単語やロードされた辞書にない単語が、赤の波下線付きで表示されます。テキストの入力を再開した場合、スペルチェッカーオプションはオフになります。

下線付きの単語を右クリックすると次のメニューが表示されます。

  • 推奨される修正案のリストを表示する
  • 1つの出現箇所を無視する
  • その単語のすべての出現箇所を無視する

リンクの追加

お使いの画面表示と異なる場合。リンクの追加に関する"Ultra"へルプを参照してください。

Webサイト、お使いのコンピュータのファイル、または教育機関がアクセス権を持っていればコンテンツ管理などのコースのファイルリポジトリへのリンクを指定できます。

テキストまたはオブジェクトを選択し、[リンクの挿入/編集]アイコンを選択して新しいリンクを追加するか既存のリンクを編集します。リンクを削除するには、リンクをクリックして[リンクの削除]アイコンを選択します。右クリックメニューを使用して、リンクの作成および削除を行うこともできます。リンクのアドレスを入力するか貼り付けるときは、http://プロトコルを使用する必要があります。

テキストまたはオブジェクトを選択しないと、リンクの挿入/編集機能とリンクの削除機能は灰色で表示され、使用できません。

[ターゲット]メニューで、新しいウィンドウなどリンクを開く場所を選択します。

ユーザがリンクを選択したときに表示されるウィンドウまたはフレームのオプションのタイトルを入力します。オプションで、リンククラスを選択します。他の選択肢がない場合、メニューには[設定されていません]だけが表示されます。


テキストの検索と置換

[検索]アイコンを選択して、一致するテキストを検索し、オプションで他のテキストと置換します。

テキストの検索

ポップアップウィンドウで[検索]タブを選択し、検索するテキストを入力します。

[方向]では、現在のマウスポインタ位置から上または下のどちらの方向に検索するかを選択します。大文字と小文字を区別するには、[大文字小文字を区別]を選択します。このチェックボックスをオフにすると、大文字と小文字が無視されます。テキストが見つかると、ボックス内で強調表示されます。

[次を検索]を選択すると次の一致が検索され、[閉じる]をクリックするとウィンドウが閉じます。

[置換]タブを選択して、テキストの置換オプションに切り替えることもできます。

テキストの置換

[置換]ボックスに、見つかったテキストと置き換えるテキストを入力し、操作を選択します。

  • 置換:見つかった次のインスタンスを置換します。
  • すべて置換:一致したすべてのインスタンスを置換します。
  • 次を検索:次に一致するものを検索して強調表示しますが、テキストを変更しません。

[検索]タブを選択して、検索のみのオプションに切り替えることもできます。


ULTRA :テキストの追加

お使いの画面表示と異なる場合。テキストの追加に関する“元の”へルプを参照してください。

課題、テスト、掲示板など、テキストを書式設定できる場所には、エディタが表示されます。

箇条書き、番号付きリスト、太字、および斜体設定のテキストを追加できます。[テキストスタイル]メニューを使用して見出しを追加します。

また、数式エディタを起動して、テキストに数式を組み込むこともできます。新しいウィンドウにWIRISエディタが開きます。

キーボードを使用してエディタツールバーに移動する場合は、[Alt]+[F10]を押します。Macでは[Fn]+[Alt]+[F10]を押します。番号付きリストなどのオプションを選択するには、矢印キーを使用します。


ULTRA :リンクの追加

お使いの画面表示と異なる場合。リンクの追加に関する“元の”へルプを参照してください。

エディタで作業中のテキストには、リンクを追加できます。リンクを追加するには、鎖の記号で表した[リンクの挿入/編集]アイコンを選択します。リンクURLリンクテキストを入力するか貼り付けます。必ずhttp://プロトコルを使用してください。[挿入]を選択して、リンクを保存します。

入力済みのテキストにもリンクを追加できます。該当するテキストを強調表示して、[リンクの挿入/編集]アイコンを選択します。エディタで選択したテキストに基づいて、リンクテキストが自動的に追加されます。

お使いの画面表示と異なる場合。エディタに関する“元の”動画をご覧ください。


ULTRA :Content Marketファイルの挿入

利用可能なツールは、所属教育機関によって管理されています。

Content Marketは、信頼されたコンテンツプロバイダの貴重な学習教材にアクセスするための入り口です。また、管理者が教育機関全体で利用可能にしたツールやリンクにアクセスすることもできます。

Content Marketにあるコンテンツを、コースの課題、テスト、ドキュメントのエディタに直接追加することができます。エディタで[コンテンツの挿入] > [LTI項目を挿入/編集]を選択します。

起動するツールを選択して、追加するコンテンツを参照します。または、教育機関ツールのカードでプラス記号をクリックして、エディタ内のツール全体を追加します。ツールやコンテンツの一部をエディタに追加すると、追加された内容がリンクとして表示されます。

Content Marketの詳細