クラウドストレージとは

"クラウド"上で動作し、お使いのコンピュータにインストールされていないウェブアプリにファイルをアップロードできます (OneDrive®など)。

ファイルは、障害やウイルスから保護された、安全なオンラインサーバ上に保存されます。お使いのコンピュータや携帯電話で問題が発生しても、ファイルの消失を心配する必要はありません。デバイスを問わず、インターネットに接続されていれば、クラウド上に保存したファイルにいつでもアクセスできます。

コースでは、あなたも学生も、ファイルが保存されている複数のウェブアプリにすぐに接続できます。Blackboard Learnでは、クラウド統合サービスを利用して、1か所で各種ウェブアプリに簡単にアクセスできます。


クラウドストレージに初めてアクセスする

クラウドストレージに初めてアクセスする場合は、接続するウェブアプリを以下より選択します。

  • OneDrive
  • Box
  • OneDrive for Business
  • Dropbox
  • Google Drive™

次に、サインインして、クラウド統合サービスをウェブアプリに接続することを許可します。

クラウドストレージのポップアップウィンドウに、選択したウェブアプリのファイルが表示されます。メニューから[アカウント]を選択してさらにウェブアプリを有効にするか、すでに有効なウェブアプリに切り替えます。

[X]を選択すると、アカウントが削除されます。


コースでクラウドストレージにアクセスする

お使いの画面表示と異なる場合。コース内でのクラウドストレージへのアクセスに関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

次のコース領域で、クラウドストレージに保存されたファイルにアクセスできます。

  • 課題における添付ファイルとエディタ内
  • コンテンツ項目における添付ファイルとエディタ内

コースでクラウドストレージにアクセスできない場合は、管理者に連絡してください。お使いのBlackboard Learnデプロイメントではクラウドストレージが利用できない可能性があります。

学生は、課題を提出するときに、クラウドストレージファイルにアクセスできます。

この場合、Googleドキュメント (.gdoc)、Googleスプレッドシート (.gsheets)、Googleスライド (.gslides) など、Googleドライブのネイティブファイルの形式で提出されたファイルをプレビューしたり、ファイルに注釈を付けたりすることはできません。

課題内からクラウドストレージにアクセスする

課題内の[ファイルの添付]セクションで、[クラウドストレージの参照]を選択します。

エディタの[ファイルの選択]アイコンからクラウドストレージにアクセスすることもできます。


クラウドストレージからファイルを追加する

お使いの画面表示と異なる場合。コース内でのクラウドストレージからのファイルの追加に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

クラウドストレージからファイルを追加すると、システムによってコースにファイルのコピーが作成されます。ファイル同士はリンクしていません。コース内でファイルを変更しても、クラウドストレージのファイルには変更は適用されません。

  1. [ファイルの添付]メニューから、[クラウドストレージの参照]を選択します。
  2. クラウドストレージのポップアップウィンドウで、メニューからウェブアプリを選択して、1つ以上のファイルを選択します。または、フォルダのタイトルを選択してその内容を表示してから、ファイルを選択します。ZIPファイル (ファイルの圧縮パッケージ) を選択できます。ZIPファイルは、圧縮された状態のまま追加されます。学生はZIPファイルを選択してコンピュータにダウンロードし、ファイルを解凍してその内容にアクセスします。
  3. [選択]をクリックして、ファイルをページに追加します。

ドキュメントを作成するとき、クラウドストレージから一度に追加できるファイルは1つのみです。

クラウドストレージと共有コンピュータ

他のユーザも使用するコンピュータの場合、サインアウト後にCookieとサイトのデータを消去します。この操作を行うことで、その他のユーザは、クラウドストレージに保存されたあなたのファイルにアクセスできなくなります。


ULTRA :コースでクラウドストレージにアクセスする

お使いの画面表示と異なる場合。コース内でのクラウドストレージへのアクセスに関する"従来"のヘルプを参照してください。

次のコース領域で、クラウドストレージに保存されたファイルにアクセスできます。

  • [コースコンテンツ]ページ
  • ドキュメント、テスト、課題の 作成ページ
  • 掲示板、メッセージ、会話
  • 詳細&操作パネル (有効になっている場合で、アカウントが接続された後) 

学生は、課題、テスト、掲示板、メッセージ、および会話を行う際にクラウドストレージにアクセスできます。

この場合、Googleドキュメント (.gdoc)、Googleスプレッドシート (.gsheets)、Googleスライド (.gslides) など、Googleドライブのネイティブファイルの形式で提出されたファイルをプレビューしたり、ファイルに注釈を付けたりすることはできません。

ドキュメント内からクラウドストレージにアクセスする

新しいドキュメントページで、[クラウドストレージからアップロード]を選択します。

コンテンツを追加した場合は、プラス記号を選択してメニューを開きます。[クラウドストレージ]を選択します。

エディタの[コンテンツの挿入]メニューからもクラウドストレージにアクセスできます。

[コースコンテンツ]ページでのクラウドストレージへのアクセスの詳細

課題からのクラウドストレージへのアクセスの詳細


ULTRA :クラウドストレージからファイルを追加する

お使いの画面表示と異なる場合コース内でのクラウドストレージからのファイルの追加に関する"元"のヘルプを参照してください。

クラウドストレージからファイルを追加すると、システムによってコースにファイルのコピーが作成されます。ファイル同士はリンクしていません。コース内でファイルを変更しても、クラウドストレージのファイルには変更は適用されません。

  1. エディタにアクセスします。[コンテンツの挿入]メニューから、[クラウドストレージから挿入]を選択します。
  2. クラウドストレージのポップアップウィンドウで、メニューからウェブアプリを選択して、1つ以上のファイルを選択します。または、フォルダのタイトルを選択してその内容を表示してから、ファイルを選択します。ZIPファイル (ファイルの圧縮パッケージ) を選択できます。ZIPファイルは、圧縮された状態のまま追加されます。学生はZIPファイルを選択してコンピュータにダウンロードし、ファイルを解凍してその内容にアクセスします。
  3. [選択]をクリックして、ファイルをページに追加します。

追加したファイルの設定を編集することができます。エディタでファイルを選択し、エディタ機能の行にある[添付の編集]アイコンを選択します。[表示名]と[代替テキスト]を追加することができます。代替テキストは、スクリーンリーダーを使用するユーザや、画像をオフにしてWebページを表示するユーザのために、画像を説明するものです。

また、エディタ内でリンクとしてファイルを挿入するか、追加した他のコンテンツとともにインラインで表示されるようにファイルを直接埋め込むかを選択できます。

ファイルの追加および編集の詳細

クラウドストレージと共有コンピュータ

他のユーザも使用するコンピュータの場合、サインアウト後にCookieとサイトのデータを消去します。この操作を行うことで、他のユーザは、クラウドストレージに保存されたあなたのファイルにアクセスできなくなります。