ファイルおよびマルチメディアについて

お使いの画面表示と異なる場合。ファイルとマルチメディアの追加に関する"Ultra"のヘルプを参照してください

コースにコンテンツを作成するときに、ファイル、画像、音声および動画を追加できます。たとえば、掲示板では、コンピュータまたはコースのファイルの以下のリポジトリからメディアクリップを参照できます。ユーザアクセスを制御する設定。

コースファイルの詳細

コンテンツ管理の詳細

コンテンツタイプに基づいて、エディタの機能を使用して、テキストにコンテンツを埋め込むことができます。コンテンツの表示方法をクリエイティブに管理しながら、必要に応じて順番や外観を柔軟に変更できます。

場合によっては、別の添付ファイルセクションでファイルを参照できます。コンピュータから添付領域にファイルをドラッグアンドドロップすることもできます。コンピュータから[添付ファイル]領域の「ホットスポット」にファイルをドラッグします。ブラウザで許可されていれば、ファイルのフォルダをドラッグできます。ファイルは個別にアップロードされます。ブラウザがフォルダのアップロード後の提出を許可していない場合、フォルダの行の[添付しない]を選択して、フォルダを削除します。ファイルを個別にドラッグし、もう一度提出することができます。

また、ソーシャルメディアを他のWebサイトからコンテンツに追加することもできます。コースに表示されるこれらのソーシャルメディア要素は、「マッシュアップ」と呼ばれます。マッシュアップは、複数のソースからの要素を組み合わせたものです。たとえば、YouTube™ビデオをコースコンテンツの一部として表示すると、マッシュアップを利用していることになります。

マッシュアップの詳細

または、[コンテンツ]メニューを使用して、コンテンツリストのスタンドアロン項目としてマルチメディアを埋め込みます。


コンテンツへのファイルの追加

お使いの画面表示と異なる場合。ファイルの追加に関する"Ultra"のヘルプを参照してください

ファイルは、コース内のどこにでも添付でき、コンピュータまたはコースの以下のファイルリポジトリから参照できます。ユーザアクセスを制御する設定。

エディタの[ファイルの挿入]機能を使用するときに、コンテンツ内でファイルリンクを表示する正確な場所を決定できます。[添付ファイル]セクションを使用する場合、アップロードしたファイルは、コンテンツ項目のタイトルの直後に表示されます。

ファイルの追加方法の詳細

[コースの参照]および[コンテンツ管理の参照]ウィンドウには、ファイルを簡単に参照、検索できるタブと機能が含まれています。

  1. [参照]、[アップロード]、および[詳細検索]タブ :
    • アクセスできるフォルダを参照します。コースファイルがある場合は、現在のコースのファイルにのみアクセスできます。コンテンツ管理で、その他のコースのファイルと教育機関レベルでファイル共有されているファイルにアクセスできます。
    • 1つのファイル、複数のファイル、またはzipされたパッケージをアップロードできます。
    • 詳細検索を実行します。ファイルとフォルダの名前、メタデータ、ファイルコンテンツ、作成日、などを検索できます。
  2. [ビューリスト]と[サムネイルの表示]:ファイルとフォルダを、ファイル名のリストまたはサムネイルアイコンとして表示します。
  3. ブレッドクラム : 他のフォルダに移動します。[現在のフォルダの場所を使用することを選択]アイコンを使用して、コースのブレッドクラムの最後に表示されるフォルダをリンクします。フォルダが[項目の選択]領域に表示されます。
  4. [コンテンツの検索]:ファイル名およびフォルダ名の基本検索を実行します。
  5. コンテンツ項目に含めるファイルとフォルダを選択するには、チェックボックスを使用します。表示可能なすべての項目を選択するには、ヘッダーのチェックボックスをオンにします。フォルダにリンクするときは、デフォルトですべてのフォルダのコンテンツに対する読み取り権が学生に付与されるため、注意が必要です。学生は、読み取り権によって選択フォルダ内のすべてのファイルおよびサブフォルダを表示できます。
  6. [選択された項目]:選択したファイルとフォルダは、この領域に表示されます。[リストを表示]アイコンを選択して、選択内容を表示します。項目を削除するには、[X]を選択します。

Dropboxからのコンテンツのアップロード

教育機関がDropbox Educationの統合を有効にしている場合、教員と学生はほとんどのコンテンツエリアで利用可能なBlackboard Learnマッシュアップツールを使用して、Dropboxのコンテンツに直接リンクすることができます。学生は、課題の提出時にDropboxから直接ファイルをアップロードすることもできます。

Blackboard Learnから初めてDropbox Educationにアクセスすると、 アカウントの作成または現在のアカウントの認証を促すプロンプトが表示されます。ログインしたら、Dropboxを参照し、適切なコンテンツを選択します。


エディタでの画像の追加

お使いの画面表示と異なる場合。エディタでのイメージ追加に関する"Ultra"のヘルプを参照してください

コンテンツを作成するときに、テキストに関連する画像の表示場所を決定できます。[画像の挿入/編集]アイコンを選択して、画像をテキスト領域に埋め込むか、選択した既存の画像を編集します。あるいは、右クリックメニューを使用して画像を埋め込むか、編集を行います。すでにテキスト領域に追加した画像のサイズ変更もできます。画像のコーナーまたはサイドをクリックしてドラッグします。

画像ファイルをコンピュータまたはコースの以下のファイルリポジトリから参照できます :ユーザアクセスを制御する設定。

GIF、JPG、JPEG、BMP、PNG、TIFなどの一般的な画像のタイプを追加できます。

画像をテキストに埋め込まずに表示する場合は、[ファイルの挿入]アイコンを選択します。画像ファイルを参照して、リンクを作成します。学生はこのリンクから、画像を別のウィンドウまたはタブで表示します。

画像の設定

[一般]タブで、画像ファイルをアップロード、またはシステム外のファイルへのリンクを作成できます。リンクを作成するには、[画像のURL]ボックスにURLを入力するか貼り付けます。必ずhttp://プロトコルを使用してください。

スクリーンリーダーを使用するユーザや画像をオフにしてWebページを表示するユーザのために、画像を説明する代替テキストを追加できます。また、学生が画像をポイントすると表示されるタイトルも追加できます。

[外観]タブでは、画像の配置と外観を調整できます。選択内容がどのように表示されるかは、サンプルサムネイルに表示されます。サイズ、スペースおよび境界線にはピクセルが使用されます。[縦横比を保持]チェックボックスをオンにしてサイズを変更すると、画像が変形せずにサイズが変更されます。

画像をテキストのブロックの右または左に表示する場合、最初にテキストをエディタに入力します。次に、カーソルをテキストの開始位置に移動して、そこに画像を挿入します。画像を[一般]タブに追加したら、[外観]タブに移動して、配置、寸法、および画像周りのスペースを選択します。

[詳細]タブでは、マウス動作に基づいて代替画像を指定できます。追加のID、言語、およびリンクパラメータを設定することもできます。通常は、これらを設定したり、変更する必要はありません。


コンテンツメニューでの画像の追加

画像を埋め込み、コンテンツリストのスタンドアロンコンテンツとして表示できます。

コンテンツエリア、学習モジュール、授業計画、またはフォルダで、[コンテンツ]を選択してメニューにアクセスし、[画像]を選択します。名前を入力し、必要に応じて、説明および代替テキストも入力します。サイズ、アクセス設定、追跡および表示日の適切なオプションを選択します。表示日は、画像のアクセス設定には影響せず、表示のタイミングにのみ影響します。

画像ファイルは、コンピュータまたはコースの以下のファイルリポジトリから参照できます :ユーザアクセスを制御する設定。[マッシュアップ]機能が使用できる場合、Flickrフォトも参照できます。画像は提出前にプレビューできます。

提出すると、タイトルと画像がコンテンツリストに表示されます。コンテンツはいつでも変更できます。画像のメニューを開き、[編集]を選択します。

ドラッグアンドドロップ機能、またはキーボードでアクセス可能な並べ替えツールを使用して、リスト内での項目の表示場所を変更できます。


エディタでの音声およびメディアファイルの追加

お使いの画面表示と異なる場合。エディタでのメディアファイルの追加に関する"Ultra"のヘルプを参照してください

コンテンツを作成するときに、テキストに関連したメディアクリップの表示場所を決定できます。[埋め込みメディアの挿入/編集]アイコンを選択して、メディアクリップをテキスト領域に埋め込むか、選択した既存のメディア項目を編集します。右クリックメニューを使用して、選択した既存のメディアクリップのプロパティを編集することもできます。

メディアクリップをテキストに埋め込まずに表示する場合、[ファイルの挿入]アイコンを選択します。メディアファイルを参照して、リンクを作成します。学生はこのリンクから、メディアを別のウィンドウまたはタブで表示します。

Blackboard Learnでは、以下のメディアのファイルタイプをサポートしています。

  • 音声:AIFF、MP3、MIDI、MP、WAVおよびWMA
  • ビデオ:ASF、AVI、MOV、MOOV、MPG、MPEG、QT、SWA、SWFおよびWMV

メディア設定

メニューから、追加するメディアタイプを選択します。メディアファイルをアップロード、またはシステム外のファイルへのリンクを作成できます。リンクを作成するには、[ファイル/URL]ボックスにURLを入力するか貼り付けます。必ずhttp://プロトコルを使用してください。動画のプレビューが表示されます。

サイズについては、ピクセルで表示されるサイズを追加できます。設定しない場合は、実際のサイズがボックスに入力されます。

[縦横比を保持]チェックボックスをオンにして大きさを追加すると、ファイルが変形せずにサイズ変更されます。ウィンドウ内でファイルをプレビューできます。

[詳細]タブでは、詳細表示パラメータを設定できます。たとえば、埋め込みメディア周りのスペースの垂直および水平余白である[上下余白]と[左右予約]を設定できます。

また、以下のようなFlashメディア固有のオプションも設定できます。

  • 自動再生 :自動的に再生します。
  • ループ処理 :自動的に繰り返し再生します。

[ソース]タブでは、カスタムメディアHTMLコードを入力できます。この機能は、経験豊富なWeb開発者用として用意されています。


フィードバックの記録を追加する

お使いの画面表示と異なる場合。フィードバックの記録に関する"Ultra"のヘルプを参照してください

答案を採点する際、音声または動画で記録したフィードバックをエディタに埋め込むことができます。コース上の採点済みの項目のほとんどで、フィードバックエディタ内に記録オプションが表示されます。学生は教員がテキストに埋め込んだ音声や動画の内容を確認できます。

この機能は、すべてのブラウザでサポートされているわけではありません。最高の操作環境を実現するために、ChromeまたはFirefoxを使用してください。

音声または動画形式のフィードバックを追加する方法の詳細


コンテンツメニューでの音声および動画の追加

音声および動画を埋め込み、コンテンツリストのスタンドアロンコンテンツとして表示できます。

コンテンツエリア、学習モジュール、授業計画、またはフォルダで、[コンテンツ]を選択してメニューにアクセスし、[音声]または[動画]を選択します。名前および必要に応じて説明を入力し、サイズ、アクセス設定、追跡および表示日の適切なオプションを選択します。表示日は、メディアのアクセス設定には影響せず、表示のタイミングにのみ影響します。

音声または動画ファイルをコンピュータまたはコースの以下のファイルリポジトリから参照できます :ユーザアクセスを制御する設定。[マッシュアップ]機能が使用できる場合、YouTube動画も参照できます。メディアクリップは提出前にプレビューできます。

音声が聞き取れない学生も同じ情報を受け取ることができるように、書き起こし原稿を含めることをお勧めします。コンピュータを参照して、独自の書き起こし原稿を追加します。動画ファイルがMPEGファイルの場合、[書き起こし原稿の追加]フィールドを使用してSAMI書き起こし原稿ファイルを添付できます。

提出すると、タイトル、書き起こし原稿およびメディアクリップがコンテンツリストに表示されます。コンテンツはいつでも変更できます。項目のメニューを開き、[編集]を選択します。

ドラッグアンドドロップ機能、またはキーボードでアクセス可能な並べ替えツールを使用して、リスト内でのメディアクリップの表示場所を変更できます。

ビデオファイルタイプがサポートされず、埋め込みが表示されない場合、学生はファイルをダウンロードして見ることができます。


元のバージョンのLearnでAllyを使用する (教員向け)

ファイルアクセシビリティの表示と向上

お使いの画面表示と異なる場合。ファイルアクセシビリティの向上に関する"Ultra"のヘルプを参照してください

どのツールが利用可能かは、所属教育機関が管理しています。

クラスにはさまざまな学生がおり、それぞれ学習能力も違います。学生にとって利用しやすいコンテンツを提供するには、個々の学生が自分にとって最適なフォーマットを選択できることが重要です。所属教育機関がBlackboard Allyを使用している場合は、教員はこのツールを活用して、コースコンテンツをすべての学生にとって利用しやすいものにすることができます。

Allyはコースコンテンツを自動でスキャンし、ファイルをさらに利用しやすくするための手順を実行します。

Allyを使い始める

  1. コース内で、アクセシビリティを向上させたいファイルを探します。
  2. ファイル名の横に、ファイルのアクセシビリティの得点を簡単に表したアイコンが表示されます。アイコンをマウスオーバーすると、得点が表示されます。ファイルのアクセシビリティのアイコンは常にファイルの横に配置されますが、具体的な場所は、コース内の領域によって異なります。Blackboard Learn全体では、アクセシビリティのアイコンのほとんどがファイルの左側に表示されます。
  3. ファイルのアクセシビリティを向上させる方法を知るには、得点のアイコンを選択します。
  4. Allyが開き、アクセシビリティを向上させるためにファイルを編集する方法、およびそのファイルを代替形式に最適化する方法が手順で示されます。

コースコンテンツ内でアクセシビリティを向上させる方法

ファイルのアクセシビリティの得点は学生には表示されません。その代わり、学生はAllyがファイルを作成する代替形式を選択できます。Allyの作成する代替形式がより適切なものになるよう、アクセス可能なファイルを作成するためのベストプラクティスに従ってください。

代替形式の表示

ファイルをコースに添付すると、元のファイル形式をベースとして、Allyで代替形式が作成されます。たとえば、元のファイルがPDFの場合、Allyで同じ内容をオーディオ、電子点字、ePub形式で作成できます。これらの形式は元のファイルで利用できるよう、1つの便利な場所にすべて収められています。

作成できる代替形式は元のファイルの種類によって異なります。代替形式をダウンロードするオプションが表示されない場合は、Allyがそのコースで有効になっていないか、またはファイルのコンテンツタイプがサポートされていません。

コース内のファイルを検索します。ファイルの隣にあるメニューを選択し、[代替形式]を選択します。最適なバージョンを選択します。[ダウンロード]を選択し、選択した代替形式をデバイスに保存します。

コースコンテンツの代替形式の詳細


ULTRA :ファイル、画像、音声および動画の追加

お使いの画面表示と異なる場合。ファイルとマルチメディアの追加に関する"従来"のヘルプに移動します

[コースコンテンツ]ページで、クラウドストレージまたはコンピュータ上にあるファイルを参照できます。学生がファイル名を選択し、ファイルをダウンロードして開くことがあります。ブラウザで許可されている場合、一部のメディアファイルは新しいウィンドウまたはタブで開きます。コンテンツを追加すると、アクティビティストリームで学生に通知されます。

DOC、DOCX、HTM、HTML、MP3、MPG、PDF、PPT、PPTX、XLS、XLSX、RTF、TXT、ZIPなどのファイルタイプとほとんどの画像タイプがサポートされています。

ファイルをアップロードします。ファイルをアップロードしたい場所のプラス記号を選択します。メニュー内で[アップロード]を選択すると、お使いのコンピュータにあるファイルを参照できます。ファイルは、コンテンツリストに表示されます。ファイルのメニューを開いて、ファイル名の編集、ゴールとの関連付け、ファイルの入れ替え、説明の追加を行うことができます。フォルダや学習モジュールを展開または作成して、ファイルをアップロードすることもできます。

クラウドストレージからファイルを追加します。OneDrive®やGoogle Drive™など、クラウドにファイルを保存している場合は、それらのファイルをコースに追加できます。クラウドストレージから複数のファイルを選択し、一度の操作で[コースコンテンツ]ページに追加することができます。追加されるファイルはコピーです。クラウドストレージでファイルを変更した場合、新しいコピーをコースにアップロードする必要があります。

クラウドストレージの詳細

コンテンツ管理からのファイルの追加。コンテンツ管理にすでにファイルを保存している場合は、それらのファイルをコースに追加できます。

コンテンツ管理からのファイルの追加に関する詳細

学生に表示するコンテンツの制御。教員が表示することを決定するまで、すべてのコンテンツは学生に表示されません。各項目は、学生に表示されるか、または非表示になっているかを示しています。表示/非表示を選択して、変更します。

キーボードの[Tab]キーで表示/非表示リストを選択し、[Enter]キーを押してメニューを開きます。[Alt/Option]キー + 上下矢印キーでオプションを選択します。

目標と基準を追加します。教員と所属の教育機関はゴールを使用して、プログラムやカリキュラム全体で学生の達成度を測定できます。ファイルをコースにアップロードできたら、1つまたは複数の目標を関連付けできます。ファイルの行のメニューを開き、[編集]を選択します。パネルで、[ゴールを設定]を選択し、ファイルに関連付けるゴールを選択します。

教員がファイルに関連付けたゴールは、学生には表示されません。

コンテンツの並べ替え、編集、削除を簡単に行います。項目にポインタを合わせて[移動]アイコンを表示し、項目をコンテンツリスト内の新しい場所にドラッグします。メニューを開いて[編集]または[削除]を選択します。たとえばパネルでは、ファイル名の変更、[コースコンテンツ]ページにファイルとともに表示される説明の入力、ファイルの差し替えを行うことができます。

キーボードを使用して、項目を新しい場所や展開フォルダに移動したり、フォルダを別の展開フォルダに移動したりすることができます。

  1. [Tab]キーで項目の[移動]アイコンを選択します。
  2. [Enter]キーを押して、移動モードを起動します。
  3. 矢印キーを使用して、場所を選択します。
  4. Enterキーを押して、新しい位置にアイテムをドロップします。

Zipファイル

[コースコンテンツ]ページで、ファイルの圧縮パッケージ (ZIPファイル) をアップロードできます。学生はZIPファイルを選択してコンピュータにダウンロードし、ファイルを解凍してその内容にアクセスします。メニューで[アップロード]を選択すると、お使いのコンピュータにあるファイルを参照できます。


ULTRA :コンテンツ管理からのファイルの追加

コンテンツ管理を使用して、自分のコースのファイルおよび所属教育機関全体で共有されているファイルを整理、共有、再利用することができます。[コースコンテンツ]ページで、コンテンツ管理からファイルを追加できます。ファイルを追加したい場所のプラス記号を選択します。メニューで[コンテンツ管理]を選択して、自分が利用可能なファイルを参照し、それらのファイルをコースに追加します。

また、コンテンツ管理は[コースコンテンツのインポート]パネルにもあります。[コンテンツ管理]を選択して、自分が利用可能なファイルを参照し、それらのファイルをコースに追加します。素早く処理するため、複数のファイルを選択して一度に追加することができます。

[コンテンツ管理を参照]を選択して、開始します。移動先のコンテンツ管理システムで、その他のコースからここに保存されたファイルが見つかります。所属教育機関が追加して共有しているファイルにもアクセスできます。参照機能を使用すると、探索できます。

Ultraコースでコンテンツ管理を初めて開くときは、現在のウィンドウまたは新規ウィンドウで開くことができます。いずれか最適な方を選んでください。この設定は後から変更できます。ウィンドウ上部の[参照設定]アイコンを選択します。

コースに追加したいファイルが見つかったら、ファイル名の横にあるチェックボックスを選択します。引き続きファイルを参照して選択できます。選択したファイルの数はウィンドウの下部に表示されます。追加する準備ができましたか。[提出]を選択して、選択済み項目のリストをレビューします。

コンテンツ管理を参照するだけでファイルをコースに追加しない場合は、[ツール]ページからコンテンツ管理にアクセスできます。また、コンテンツ管理内の項目へのリンクを追加することもできます。

リストのレビュー

ファイルをコースにインポートする前に、選択済みファイルのリストをレビューできます。[項目名]、[変更日]、[サイズ]をレビューして、これらが正しいファイルであるかどうか確認します。不足しているものがありますか。その他の項目をリストに追加できます。[コンテンツ管理に戻る]を選択して、参照を続けます。

ファイルをリストから削除、または編集するには、その項目のメニューを開きます。ファイルを今後コースにコピーしない場合は、[削除]を選択します。ファイルの名前または説明を変更するには、[編集]を選択します。

コンテンツを自分のコースに追加するには、[保存]を選択します。デフォルトではファイルは学生に表示されないため、引き続きコースコンテンツの構築を行えます。

コンテンツ管理ファイルの動作

コンテンツ管理からUltraコースにファイルを追加するとき、コース内のファイルは元の場所へのリンクを維持します。コンテンツ管理のファイルをコースに追加するときは、次の特性に注意してください :

  • コンテンツ管理内のファイルのアクセス権は、学生がコース内のファイルを表示できるかどうかには影響しません。これらのファイルの表示/非表示設定は、コース内の他のコンテンツと同じように制御されます。
  • コースに追加したファイルがコンテンツ管理内で更新または上書きされると、コース内のファイルにもその変更が反映されます。
  • コースに追加したファイルがコンテンツ管理内で削除されると、コース内でそのファイルにアクセスできなくなります。ファイルは[コースコンテンツ]ページには表示されますが、ユーザが開こうとするとエラーが表示されます。コンテンツ管理のファイルを削除する前に、360度表示にアクセスしてその影響を判断することができます。
  • コンテンツ管理から追加したコースファイルを削除しても、そのファイルはコンテンツ管理に残ります。削除されるのはコース内のファイルだけです。

Video: Add Content to the Course Content Page


ULTRA: Watch a video about adding content

The following narrated video provides a visual and auditory representation of some of the information included on this page. For a detailed description of what is portrayed in the video, open the video on YouTube, navigate to More actions, and select Open transcript.


Video: Add content to the course content page explains how to add content to your course by creating new content, copying content from other courses, uploading content, or adding content from your Content Collection.


Learn UltraでAllyを使用する (教員向け)

ULTRA :ファイルアクセシビリティの表示と向上

お使いの画面表示と異なる場合。ファイルアクセシビリティの向上に関する"Original"のヘルプを参照してください

どのツールが利用可能かは、所属教育機関が管理しています。

クラスにはさまざまな学生がおり、それぞれ学習能力も違います。学生にとって利用しやすいコンテンツを提供するには、個々の学生が自分にとって最適なフォーマットを選択できることが重要です。所属教育機関がBlackboard Allyを使用している場合は、教員はこのツールを活用して、コースコンテンツをすべての学生にとって利用しやすいものにすることができます。

Allyはコースコンテンツを自動でスキャンし、ファイルをさらに利用しやすくするための手順を実行します。

Allyを使い始める

  1. [コースコンテンツ]ページで、アクセシビリティ向上対象のファイルを探します。
  2. [その他のオプション]メニューで、[編集]を選択します。
  3. [アクセシビリティの得点]の横に、ファイルのアクセシビリティの得点をすばやく示すアイコンが表示されます。アイコンをマウスオーバーすると、得点が表示されます。
  4. ファイルのアクセシビリティを向上させる方法を知るには、得点アイコンまたは「得点およびガイダンスを開く」リンクを選択します。
  5. Allyが開き、アクセシビリティを向上させるためにファイルを編集する方法、およびそのファイルを代替形式に最適化する方法が手順で示されます。

コースコンテンツ内でアクセシビリティを向上させる方法

ファイルのアクセシビリティの得点は学生には表示されません。その代わり、学生はAllyがファイルを作成する代替形式を選択できます。Allyの作成する代替形式がより適切なものになるよう、アクセス可能なファイルを作成するためのベストプラクティスに従ってください。

代替形式の表示

ファイルをコースに添付すると、元のファイル形式をベースとして、Allyで代替形式が作成されます。たとえば、元のファイルがPDFの場合、Allyで同じ内容をオーディオ、電子点字、ePub形式で作成できます。これらの形式は元のファイルで利用できるよう、1つの便利な場所にすべて収められています。

作成できる代替形式は元のファイルの種類によって異なります。代替形式をダウンロードするオプションが表示されない場合は、Allyがそのコースで有効になっていないか、またはファイルのコンテンツタイプがサポートされていません。

コース内のファイルを検索します。ファイルの隣にあるメニューを選択し、[代替形式]を選択します。最適なバージョンを選択します。[ダウンロード]を選択し、選択した代替形式をデバイスに保存します。

コースコンテンツの代替形式の詳細


ULTRA :Content Marketファイルの挿入

利用可能なツールは、所属教育機関によって管理されています。

Content Marketは、信頼されたコンテンツプロバイダの貴重な学習教材にアクセスするための入り口です。また、管理者が教育機関全体で利用可能にしたツールやリンクにアクセスすることもできます。

Content Marketにあるコンテンツを、コースの課題、テスト、ドキュメントのエディタに直接追加することができます。エディタで[コンテンツの挿入] > [LTI項目を挿入/編集]を選択します。

起動するツールを選択して、追加するコンテンツを参照します。または、教育機関ツールのカードでプラス記号をクリックして、エディタ内のツール全体を追加します。ツールやコンテンツの一部をエディタに追加すると、追加された内容がリンクとして表示されます。

Content Marketの詳細


ULTRA :エディタでの画像の挿入

お使いの画面表示と異なる場合。画像の追加に関する"従来"のヘルプを参照してください

Ultraコースの一部の領域では、エディタ機能を使用してテキストコンテンツとともに画像を追加できます。オンラインでホストされている画像を追加するか、ローカルドライブから画像をアップロードすることができます

サイズの大きい画像を追加する場合、別のテキストリンクとして画像を含めることをお勧めします。この方法では、学生がリンクを選択して画像を別の場所でより鮮明に表示できるだけでなく、教員のテキストを読むことも可能です。

現時点では、カレンダー項目のエディタで画像を追加することはできません。

[Webから画像を挿入/編集]アイコンを選択します。オンラインでホストされている画像を埋め込むには、画像URLを入力またはペーストします。必ずhttp://プロトコルを使用してください。画像を表示できないユーザが画像の重要性を理解できるように、画像の説明を[代替テキスト]ボックスに記載してください。

画像のソースまたは代替テキストを編集するには、エディタで画像を選択し、[Webから画像を挿入/編集]アイコンを選択します。


ULTRA :エディタでのメディアファイルの挿入

お使いの画面表示と異なる場合。メディアファイルの追加に関する"従来"のヘルプを参照してください。

Ultraコースの特定の領域では、エディタでファイルをアップロードできます。添付ファイルは、追加するテキストを補うことができます。たとえば掲示板では、学生が指示事項や最初のプロンプトをよく理解できるように、画像やドキュメントを含めた方がよい場合があります。

MP4形式の動画の場合、エディタはインライン表示のみサポートしています。必要に応じて、MOV、MPEGなどの他のファイルタイプを使用する動画をダウンロードすることもできます。カレンダー項目のエディタで添付ファイルを追加することはできません。

[コンテンツの挿入]>[ローカルファイルの挿入]を選択します。コンピュータからファイルを参照します。ステータスウィンドウが開き、ファイルアップロードの進捗状況が表示されます。OneDriveなどのクラウドストレージからもファイルを追加できます。

表示名、代替テキスト、表示時の動作など、ファイルの設定を編集できます。エディタ内でリンクとしてファイルを挿入するか、またはファイルが追加した他のコンテンツとともにインラインで表示されるように直接埋め込むかを選択します。

ファイルの代替テキストまたは表示動作を編集するには、エディタでファイルを選択し、[添付ファイルの編集]アイコンを選択します。

ほとんどのブラウザでは、JPEG、GIF、PNG、MP3、FLAC、WAV、MP4などのファイルタイプがサポートされています。


ULTRA :エディタでの動画の挿入

エディタに動画を直接挿入するには、[Webから動画を挿入/編集]オプションを選択します。エディタは自動的に動画を埋め込むので、追加した他のコンテンツの横に表示されます。学生は、動画のホストサイトに移動する必要がなく、同じウィンドウ内で動画を視聴できます。

現時点で挿入できるのはYouTubeまたはVimeoの動画だけです。

  1. エディタで[Webから動画を挿入/編集]を選択します。
  2. 動画のソースURLを貼り付けます。
  3. スクリーンリーダーを使用するユーザや動画を読み込むことができないユーザのために、動画を説明する代替テキストを追加します。
  4. [挿入]を選択します。動画は自動的にエディタに埋め込まれます。

ULTRA :エディタでのフィードバックの記録の挿入

お使いの画面表示と異なる場合。フィードバックの記録に関する"従来"のヘルプを参照してください

答案を採点する際、音声/動画で記録したフィードバックをエディタに埋め込むことができます。コース上の採点済みの項目のほとんどで、フィードバックエディタ内に記録オプションが表示されます。学生は教員がテキストに埋め込んだ音声や動画の内容を確認できます。

この機能は、すべてのブラウザでサポートされているわけではありません。最高の操作環境を実現するために、ChromeまたはFirefoxを使用してください。

音声または動画形式のフィードバックを追加する方法の詳細


ULTRA :エディタでのウェブコンテンツの挿入

現時点でサポートされているWebコンテンツプロバイダはYouTubeのみです。

[ウェブコンテンツの挿入]オプションを使用して、動画コンテンツをエディタ上で直接参照して追加します。コースを離れてリンクを探す必要はありません。動画をリンクとして表示するか、その他の内容とともに表示されるように動画を埋め込むかを選択できます。学生は、動画のホストサイトに移動する必要がなく、同じウィンドウ内で動画を視聴できます。

  1. エディタで[ウェブコンテンツの挿入]を選択します。
  2. 検索語句を入力して、関連する動画を検索します。
  3. フィルタオプションを使用して、検索結果のリストを調べます。検索結果の順序はYouTubeによって決定されます。
  4. リストから動画を選択します。
  5. [コンテンツの設定を編集]パネルで、スクリーンリーダーを使用するユーザや動画の読み込みができないユーザのために、動画を説明する代替テキストを追加します。
  6. 動画をリンクとして表示するか、その他の内容とともにインラインで表示されるようにするかを選択できます。学生のブラウザがインライン表示をサポートしていない場合、動画はリンクとして表示されます。
  7. [挿入]を選択します。