この情報は、元のユーザエクスペリエンスのみに適用されます。利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。

ファイルをコースファイルにアップロードした後、シラバス、カレンダーイベント、およびタスクなどのコンテンツを作成するときにリンクを作成できます。

ファイルのリンクを作成すると、デフォルトで、そのファイルの読み取り権がすべての登録ユーザに付与されます。コース内でファイルのリンクを削除しても、ファイルはコースファイルから削除されず、再びリンクを作成できます。

コース内でコンテンツを作成する前に、ファイルをコースファイルにアップロードする必要はありません。ファイルの添付が可能な場所で、[マイコンピュータの参照]を選択してファイルを選択します。ファイルが、現在の項目およびコースファイルに追加されます。



コースファイルでのファイルまたはフォルダのリンク作成

コンテンツを作成するときにファイルを添付できる場合は、[コースの参照]を選択して、コースファイルからファイルを選択できます。一部のコースツールでは、個々のWikiページの作成時など、コースファイル内のファイルにリンクできません。

教育機関にContent Management機能へのアクセス権が付与されている場合は、コンテンツ管理でファイルを参照し、[コンテンツ管理の参照]オプションを使用します。

  1. [項目の作成]ページの[添付ファイル]セクションで、[コースの参照]を選択するか、エディタのいずれかのオプションを使用して、ファイルを添付します。

    エディタを使用してファイルを添付すると、ファイルのリンクがその他のテキストと関連してどこに表示されるかを制御できます。ファイルを新しいウィンドウで開き、スクリーンリーダーの代替テキストを提供することもできます。これらのオプションは、[項目の作成]ページの[添付ファイル]セクションでは使用できません。

  2. [コースの参照]または[コンテンツ管理の参照]ウィンドウで、必要なファイルまたはフォルダに移動してチェックボックスを選択します。複数のファイルやフォルダをコンテンツ項目にリンクできます。すべてのフォルダのコンテンツに対する読み取り権が学生に付与されるため、フォルダにリンクするときは注意してください。学生は、読み取り権によってフォルダ内のすべてのファイルおよびサブフォルダを表示できます。

    コースファイルおよびコンテンツ管理内のファイルの参照の詳細について

  3. [提出]を選択して、選択したファイルを添付します。
  4. [項目の作成]ページで、[リンクタイトル]を入力します。このテキストは、ファイルのリンクとして表示されるテキストです。[削除マーク]を選択し、選択されたファイルを削除します。
  5. アクセス設定、追跡、日付と時刻の制限に[オプション]を選択します。
  6. 送信]を選択します。

コンテンツ項目がコンテンツエリアに、選択したファイルのリンクとともに表示されます。学生は、リンクされたファイルを表示およびダウンロードできます。

コースファイルに保存されているファイルを変更する場合、コース内でファイルがリンクされているすべてのインスタンスに変更が反映されます。


HTMLオブジェクトのリンク

コース領域で、コースファイルに含まれるHTMLオブジェクトにリンクできます。[ファイルの作成]オプションを使用して、HTMLオブジェクトにリンクします。ファイルコンテンツタイプはコース内のページとして表示したり、別のブラウザウィンドウまたはタブに独立したコンテンツとして表示したりできます。ファイルコンテンツタイプでは、説明なしでコンテンツを作成でき、コース領域のスクロール量を低減できます。

ファイルを選択すると、[アクセス権の管理]セクションでユーザのアクセス権を定義できます。次の3つのオプションがあります。

  • ユーザにフォルダ内のすべてのファイルとフォルダのアクセス権を付与する:このオプションを選択すると、リンクするファイルの親フォルダ内にあるすべてのファイルとサブフォルダに対するアクセス権がユーザに付与されます。このオプションは、CSS、JavaScript、および画像のサブフォルダが親フォルダに含まれる典型的な階層構造を持つWebサイトをリンクするユーザに適しています。
  • ユーザにこのファイルのみのアクセス権を付与する:ページ内にすべての書式設定を持ち、他のファイルや画像を参照しないHTMLファイルを1つリンクするときに、このオプションを選択します。
  • ユーザにフォルダ内の選択されたファイルのアクセス権を付与する:複雑な構造を持つWebサイトを埋め込む場合に、このオプションを選択します。一部のコンテンツが、コースファイル内やコンテンツ管理内で、親フォルダの外部にある他のフォルダにある場合は、そのコンテンツを参照し、親フォルダおよび追加するファイルとフォルダを手動で選択する必要があります。これにより、教員が提供するWebサイトのすべてのコンテンツに、ユーザがアクセスできます。

HTMLオブジェクトの作成の詳細について

  1. コンテンツエリアで、[コンテンツ]をポイントし、[ファイル]を選択します。
  2. [ファイルの作成]ページで、[コースの参照]を選択します。
  3. [コースの参照]ウィンドウで選択できるのは、1つの項目のみです。該当するHTMLオブジェクトに移動し、チェックボックスを選択します。HTMLオブジェクトファイル名に.html拡張子が追加されます。
  4. [送信]を選択します。
  5. [アクセス権の管理]で、ユーザに適切なアクセス権のオプションを選択します。学生にはデフォルトにより読み取り権が付与されます。
  6. コース領域に表示されるファイルのリンクの[名前]を入力します。ファイルコンテンツタイプに説明は追加できません。リンクのみが表示されます。このコンテンツが追加された理由と使用方法を学生が理解できるように、わかりやすい名前にしてください。選択したファイルを削除するには、[別のファイルの選択]を選択します。
  7. [新しいウィンドウで開く]で[はい]または[いいえ]を選択します。[いいえ]を選択した場合、コンテンツがコンテンツフレームに表示され、ユーザは移動バーやコースメニューなど、すべてのコースナビゲーションにアクセスできます。[はい]を選択した場合、コンテンツは新しいウィンドウまたはタブに表示され、ユーザは他のコースコンテンツと一緒にそのコンテンツを表示できます。
  8. アクセス設定、追跡、日付と時刻の制限に[基準オプション]を選択します。
  9. [送信]を選択します。

ファイルコンテンツタイプがコンテンツエリアに表示されます。学生はファイルのタイトルを選択してコンテンツにアクセスします。学生は、HTMLオブジェクトに添付されたファイルを表示したり、ダウンロードしたりできます。

コースファイルに保存されているHTMLオブジェクトを変更する場合、コース内でファイルがリンクされているすべてのインスタンスに変更が反映されます。


ファイルまたはフォルダがリンクされている場所の表示

コースファイルに格納されたファイルまたはフォルダについての情報を表示できます。[360度表示]レポートには、名前、ファイルタイプ、ファイル/フォルダサイズ、サブフォルダ情報、最後に編集された時間などのファイルまたはフォルダのプロパティが含まれます。ユーザに割り当てられたアクセス権を表示することもできます。

コースでファイルが再利用可能になると、[360度表示]レポートには、ファイルがリンクされているすべてのコース領域が一覧表示されます。ファイルまたはフォルダを削除した場合はコース内のどのリンクが破損するか、ファイルを編集した場合はどこが変更されるかをこのレポートを表示して判断します。

コースファイルで、ファイルまたはフォルダのメニューを開き、[360度表示]を選択します。フォルダの場合は、フォルダ内のファイルおよびサブフォルダがリンクされているコース内の場所を表示できます。


リンクされているファイルの削除

コース内のファイルまたはフォルダへのリンクを削除しても、コースファイルからは削除されません。ファイルまたはフォルダをコースから完全に削除するには、コースファイルから削除する必要があります。ファイルまたはフォルダのメニューの[削除]オプションを使用するか、ファイルまたはフォルダのチェックボックスをオンにして[削除]を選択します。

コース内でリンクされているコースファイル内の項目を削除する場合は、[リンク付きファイルとフォルダの一覧表示]ページが表示され、これらの項目を削除するとコース内のリンクが破損する可能性があることが通知されます。削除するファイルまたはフォルダのチェックボックスを選択する、または削除を取り消して360度表示レポートを表示し、削除を続行する前に各ファイルまたは各フォルダのリンク箇所を確認できます。