この情報は、従来のコースビューのみに適用されます。利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。

自己評価/相互評価用の課題について

自己評価/相互評価を使用して、学生の目標、分析力、および学習における理解力の習得を促進できます。学生は、基準ベースの参照評価を通して仲間の学生の進捗を確認できます。学生は、科目教材の理解力が強化される建設的なフィードバックを受け渡しできます。

自己および学生同士のアセスメントによって、作業負荷が分散されるとともに、学生は複数の個人からフィードバックを得ることができるようになります。また、学生は、定義された基準に照らして提出物を評価するという分析作業を経験することができます。

アセスメントは正確にスケジュールされて、提出と評価のプロセスを完了するための適切な時間が確保されます。アセスメントと関連付けられたコンテンツ項目にアクセスするための時間も確保されます。

自己評価と匿名評価の両方を使用することができます。これらのオプションを使用することで安心感が得られ、その結果、より公平なテストと評価ができます。ただし、評価プロセスの整合性に影響を与える可能性もあります。

このようなテストは質問や基準とともにエクスポートして、今後使用する場合には、インポートすることができます。


質問と基準の例

質問には、アセスメントに使用する構造とコンテンツがあります。質問は、簡単なもの(「2足す2は?」)や複雑なもの(「ローマ帝国が滅亡した最大の理由を答えよ」)でも構いません。

各質問に付属する基準は、これらの質問に対する応答を評価する手段です。番号または基準も、1(「答えは4でしたか」)からそれより大きい数までの範囲をとることができます。

  • 応答では題材に対して幅広いコンテキストで問題を定義していますか?
  • 応答はよく整理されて、明確に述べられていますか?
  • 応答は注意深く校正されましたか?重大な文法、スペル、タイプミスなどのエラーはありませんでしたか?

アセスメントスケジュール

作成および配置 : 提出開始日から、参加者が作業を提出する前まで。

送信:提出開始日以降で、作業が提出されてから提出終了日まで。

完了 : 提出終了日から評価開始日まで。

評価 : 評価開始日から評価終了日まで。

結果 : 評価終了日以降。


アセスメントの日付範囲の指定

アセスメントを正常に作成して配置するには、

  • 表示開始日/表示終了日 : 学生がそのアセスメントを利用できる日付範囲。
  • 提出の開始日/終了日 : 学生がそのアセスメントに返答できる日付範囲。
  • 評価の開始日/終了日 : 学生が、アセスメントに対する他の学生や自己 (自己評価が有効になっている場合) の作業の評価を提出できる日付範囲。

自己評価/相互評価用の課題の作成

自己評価/相互評価用の課題は、コンテンツエリア、学習モジュール、授業計画、フォルダから作成できます。

  1. [アセスメント]メニューから、[自己評価/相互評価]を選択します。
  2. [自己評価/相互評価用の課題の追加]ページで、名前と手順を入力します。
  3. オプションで、エディタの[ファイルの挿入]を使用してファイルを追加します。
  4. [提出の開始日]と[提出の終了日]を設定します。
  5. 相互評価の[開始日]と[終了日]を設定します。
  6. 匿名評価を許可するには、[匿名評価を許可]の[はい]を選択します。
  7. 自己評価を許可するには、[自己評価を許可]の[はい]を選択します。
  8. 提出者に自身の評価結果の表示を許可する場合は、[提出者に評価結果を表示する]の[はい]を選択します。
  9. [評価する提出の数]で、各学生が評価する必要のあるテストの数を指定します。この数には、アセスメントの作成者は含まれません。自己評価のみを希望する場合は、ゼロ (0) を入力します。
  10. このアセスメントを利用可能にして、オプションで[統計情報の取得]をオンにします。
  11. [表示開始日]および[表示終了日]チェックボックスをオンにすると、選択した日付と時刻が有効になります。表示制限はアクセス設定には影響しません。空白ページを表示するタイミングにのみ影響します。
  12. 送信]を選択します。

添付ファイルの詳細


アセスメントの編集ルール

アセスメントを作成したら、さまざまな方法で編集できます。ただし、特定の期間内の特定の項目を編集することはできません。

これらのルールは、日付の不適切な設定によってアセスメントが使用不可になるなどの問題を防ぐために用意されています。過去の[提出終了日]を指定してアセスメントを保存した場合、または[提出開始日]と[提出終了日]を同じ日付に指定した場合、アセスメントは使用できません。この場合の唯一の対処法は、アセスメントをエクスポートし、それをインポートして日付を修正してから、元のアセスメントを削除することです。この処理により、元のデータに対するすべての提出内容が消去されます。

以下の表に、アセスメントエレメントの変更を規定するルールの定義を示します。これらの変更は、システムからの警告なしで行われます。

アセスメントルール
期間編集不可
作成および配置任意の要素を制限や警告なしで変更できます。

提出

  • 質問の削除
  • 質問の順序
  • 提出開始日

完了

  • 質問の追加、編集、削除または並べ替え
  • 提出開始日

評価

  • 他の学生の数
  • 質問の追加、編集、削除または並べ替え
  • 匿名評価
  • 基準の削除または並べ替え
  • 基準点数の編集
  • 満点の点数および割り当てた点数
  • 評価開始日
  • 自己評価
  • 提出終了日
  • 提出開始日

結果

  • 他の学生の数
  • 基準の追加
  • フィードバックの許可
  • 匿名評価
  • 基準の削除または並べ替え
  • 基準の編集
  • 基準点数の編集
  • 満点の点数および割り当てた点数
  • 基準文の編集
  • モデル応答の編集
  • 評価開始日
  • 質問の追加、編集、削除または並べ替え
  • 自己評価
  • 提出終了日
  • 提出開始日

アセスメントの編集

  1. アセスメントのメニューにアクセスし、[編集]を選択します。
  2. [編集]ページで[アセスメントキャンバス]を選択します。
  3. 質問を並べ替えるには、ドラッグアンドドロップ機能またはキーボードでアクセス可能な並べ替えツールを使用します。
  4. 質問の基準を並べ替えるには、質問のメニューにアクセスし、[基準]を選択します。手順3と同じように並べ替えます。

アセスメントプロパティの編集

  1. アセスメントのメニューにアクセスし、[編集]を選択します。
  2. [編集]ページで、[プロパティ]を選択して、変更を行います。
  3. [送信]を選択します。

自己評価/相互評価用の質問

質問は、アセスメントの基本コンポーネントです。学生の各質問には、応答を評価するときに使用する基準を1つ以上追加する必要があります。質問には、アセスメントの構造とコンテンツがあります。質問は、簡単にも複雑にもできます。

  • エリザベス女王は何年に亡くなりましたか?
  • 144の平方根はいくつですか?
  • ナポレオンの軍隊がワーテルローの戦いで敗北した理由を説明してください。

質問を作成するときに、コンテンツ管理項目の永久的なURLを追加する必要があります。質問に対する回答例として、モデル回答を追加できます。評価者はモデル回答を使用することで、提出されてきた回答と例を比較できます。アセスメントを受ける学生には、モデルは表示されません。


アセスメントへの質問の追加

  1. アセスメントのメニューにアクセスし、[編集]を選択します。
  2. [編集]ページで[アセスメントキャンバス]を選択します。
  3. [アセスメントキャンバス]ページで、[質問の作成]を選択します。
  4. [質問の追加]ページで、質問の情報とモデル応答を入力します。
  5. この質問を利用可能にします。
  6. 送信]を選択します。

デフォルトの質問または過去に使用した質問の追加

デフォルトの質問を追加することによって、効果的なアセスメントをすばやく簡単に作成できます。アセスメントの作成に使用できる一連のデフォルトの質問があります。他のアセスメントで作成した質問も含めることができます。

  1. アセスメントのメニューにアクセスし、[編集]を選択します。
  2. [アセスメントキャンバス]ページで、[質問の検索]を選択します。
  3. 検索テキストを入力して[検索]を選択します。または、[移動]を選択して、すべてのデフォルトの質問のリストを表示します。
  4. [検索結果]ページで、一部の質問に詳細が含まれている場合があります。これらの詳細を表示するには、質問の[展開]アイコンを選択します。
  5. 追加する質問の横にあるチェックボックスをオンにします。
  6. [送信]を選択します。

基準を使用して、質問への応答を評価します。基準の数は、1つだけでも多数でもかまいません。

  • 応答では題材に対して幅広いコンテキストで問題を定義していますか?
  • 応答はよく整理されて、明確に述べられていますか?
  • 応答は注意深く校正されましたか?重大な文法、スペル、タイプミスなどのエラーはありませんでしたか?

一般に作文問題は、多くの基準を必要とする場合が多いです。短めの質問は、1つか2つの基準しか必要としない場合が多いです。


質問への基準の追加

学生の各質問には、応答を評価するときに使用する基準を1つ以上追加する必要があります。基準ごとに点数を割り当てる必要があります。

  1. アセスメントのメニューにアクセスし、[編集]を選択します。
  2. [編集]ページで[アセスメントキャンバス]を選択します。
  3. [アセスメントキャンバス]ページで、質問のメニューにアクセスして、[基準]を選択します。
  4. [基準の追加/編集]ページで、[基準]を選択します。
  5. [基準の追加]ページで、基準と満点の点数を入力します。
  6. [[すべて]または[なし]]または[部分的な評価]を選択して、オプションでフィードバックを許可します。
  7. [送信]を選択します。

ワード数基準の追加

回答の長さを評価する場合、質問にワード数基準を追加できます。たとえば、教員は回答の長さを約200ワードに指定できます。ワード数基準を使用することで、回答の長さに基づいて点数を付与できます。たとえば、回答の長さが最大200ワードから20ワード以内であれば点数を付与します。

  1. アセスメントのメニューにアクセスし、[編集]を選択します。
  2. [編集]ページで[アセスメントキャンバス]を選択します。
  3. [アセスメントキャンバス]ページで、質問のメニューにアクセスして、[基準]を選択します。
  4. [基準の追加/編集]ページで、[ワード数基準]を選択します。
  5. [基準の追加]ページで、[満点の点数]、[推奨ワード数]、および[許可されている偏差]にそれぞれの値を入力します。
  6. [送信]を選択します。

デフォルトの基準の追加

デフォルトの基準を追加することによって、効果的なアセスメントをすばやく簡単に作成できます。アセスメントの作成に使用できる一連のデフォルトの基準があります。

  1. アセスメントのメニューにアクセスし、[編集]を選択します。
  2. [編集]ページで[アセスメントキャンバス]を選択します。
  3. [アセスメントキャンバス]ページで、質問のメニューにアクセスして、[基準]を選択します。
  4. [基準の追加/編集]ページで、[検索基準]を選択します。
  5. キーワードを入力して、[検索]を選択します。
  6. [検索結果]ページで、一部の基準に詳細が含まれている場合があります。これらの詳細を表示するには、基準の[展開]アイコンを選択します。
  7. 追加する基準の横にあるチェックボックスをオンにします。
  8. 送信]を選択します。