課題へのSafeAssignの使用

このページで

    SafeAssignでは、送信された課題と一連の学術研究論文とを比較し、送信された課題と既存の研究作品の重複する領域を識別します。

    SafeAssignは、抑止するだけでなく教育的であるため、効率的なツールです。SafeAssignを使用すると、提出された課題で盗作の可能性がないか確認して、ソースの言い回しを変える代わりにソースの出典を適切に示す方法を学生が理解することを支援するための機会を創出できます。

    SafeAssignは、ペーパーと教材の間で完全な一致と不完全な一致を検出できる固有のテキスト一致アルゴリズムに基づいています。提出物は、以下の複数のデータベースと照らし合わせて比較されます。

    • 教育機関の文書アーカイブ:それぞれの教育機関のユーザによってSafeAssignに送信されたすべての資料が含まれています。
    • グローバル参照データベース :複数の教育機関にまたがる盗作を防止するために、Blackboardのクライアント教育機関の学生によって自発的に提供された、1,500万を超えるペーパーが含まれています。
    • ProQuestジャーナルデータベース :1970年代から現在までに蓄積された3,000を超える出版物、450万冊ものマニュアル、200を超える話題のカテゴリに加え、広告から女性学に至るまでのトピックを網羅しています。
    • インターネット :SafeAssignは、内部検索サービスを使用して、一致するテキストを見つけるためにインターネットを幅広く検索します。

    課題へのSafeAssignの使用

    お使いの画面表示と異なる場合。課題でのSafeAssignの使用に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

    すべての課題でSafeAssign盗作チェックツールを使用できるようになりました。

    1. [課題の作成]ページで、[提出オプション]を展開します。
    2. [SafeAssignを使用すると、提出に盗作がないかをチェックできます]を選択します。
    3. 希望に応じて、次のオプションのいずれかまたは両方を選択します。
      1. 学生に自身の提出物に関するSafeAssignオリジナリティレポートの表示を許可します。
      2. 教育機関のデータベースまたはグローバル参照データベースから、この課題に対する学生のすべての提出物を除外します。
    4. [課題の作成]ページですべての項目を設定します。
    5. 送信]を選択します。

    SafeAssignmentを作成すると、成績管理内に成績列が自動的に作成されます。SafeAssignmentの採点の準備が整うと、成績管理のセルに[要採点]アイコンが表示されます。成績管理からSafeAssignmentを採点するか、[要採点]ページからアクセスします。

    SafeAssignの使用についての動画を見る

    お使いの画面表示と異なる場合。課題およびテストでのSafeAssignの使用に関する"Ultra"の動画をご覧ください。


    提出除外オプションについて

    SafeAssign設定には、課題を作成する際に「提出除外」オプションがあります。このオプションにより、教員は教育機関またはグローバル参照データベースにある学生の提出物を含まない課題を作成できます。Blackboard課題の他のオプション同様、このオプションは、その時点のもので、課題作成後に編集できます。後でオプションが変更されると、新しい提出物が設定の新しい状態を引き取ります。使用例の例 :

    教員はある課題について、最終的でない提出を許可し、1つだけ「最終の」提出物を許可したいと考えています。後の提出物と比較するために、教育機関のデータベースのSafeAssignには、最終の提出物のみを含む必要があります。

    次の手順を使用して、この使用例に対応できます。

    1. 複数の答案、SafeAssign、および「提出除外」オプションを有効にした課題を作成します。
    2. 学生は、最終前の「ドラフト」の作業を提出します。提出物は教育機関またはグローバルデータベースには含まれません。
    3. 最終の提出物が予期される場合、「提出除外」オプションを解除します。
    4. 学生は、最終の作業を提出します。提出物は教育機関またはグローバルデータベースに含まれます。

    サポートされているファイル

    SafeAssignでは、次のようなプレーンテキストに変換可能なファイルタイプのみがサポートされています。DOCX、DOC、PPT、PPTX、PDF、TXT、ODT、RTF、HTML、HTMなどが挙げられます。スプレッドシートファイルはサポートされていません。

    SafeAssignはZIPファイルにも対応しており、これらのファイルタイプのいずれかと一致するファイルを処理します。

    SafeAssignは、提出物に添付されたファイルの合計数と、SafeAssignによって処理された添付ファイルの数をカウントして表示します。SafeAssignは、サポートされているファイルタイプに一致する添付ファイルのみを処理して、それらの添付ファイルのオリジナリティレポートを作成します。サポートされていないファイルタイプについては、SafeAssignオリジナリティレポートでは一致スコアは省略されます。


    SafeAssignオリジナリティレポート

    ペーパーが処理されると、送信されたペーパーのテキストが既存のソースと一致するパーセンテージが詳述されたレポートが生成されます。このレポートでは、既存のソースと一致すると判定された提出済みペーパーの各セクションの疑わしいソースが示されます。ペーパーが同じ学生が依然提出した作業の続きであれば、レポートから一致するソースを削除し、もう一度処理します。

    レポートを慎重に確認し、テキストの各ブロックの出典が適切に示されているかどうかを調査してください。

    SafeAssignオリジナリティレポートの詳細


    新しいURLの推奨

    URL Adderツールを使用することで、フラグが付与されていなかったり、オリジナリティレポートで参照されていなかったりするWebページやWebサイトをSafeAssignに対して推奨することができます。

    教員は、URL Adderツールに[コースツール] -> [SafeAssign] -> [URL Adder]と移動することでアクセスできます。 SafeAssignページで[URLの推奨]を選択し、Webアドレスを送信します。 

    ユーザが特定のWebページを推奨すると、SafeAssignは、そのベースWebサイトURLで利用可能なすべてのWebページを取り込もうとします。たとえば、http://www.blackboard.com/about-us/index.aspxを推奨すると、http://www.blackboard.comベースWebサイトURLに関連するすべてのWebページの検出が試行されます。

    URL Adderツールを使用して追加されたすべてのURLは、すべてのSafeAssignユーザおよび教育機関が使用することができます。つまり、URLの推奨は、SafeAssignコミュニティにとってメリットがあるということです。


    グローバル参照データベース

    Blackboardのグローバル参照データベースは、独創性を促進するために学生から自発的に提供されたペーパーのコピーを格納する独立データベースです。このデータベースは、各教育機関がすべてのペーパーを保存している内部データベースとは別に存在します。学生は、グローバル参照データベースに送信しないで、自分のペーパーをチェックするというオプションも自由に選択できます。学生はペーパーをデータベースに自発的に送信し、将来的にペーパーを削除しないことに同意します。グローバル参照データベースへの送信は、独創性の促進を目的として自発的に提供される追加のコピーです。Blackboardは、送信されたペーパーの所有権を主張しません。


    ULTRA :課題へのSafeAssignの使用

    お使いの画面表示と異なる場合。課題でのSafeAssignの使用に関する"従来"のヘルプを参照してください。

    SafeAssignを使用して、学生の提出物における盗作の可能性をチェックできます。

    1. 新規または既存の課題で、[課題の設定]を開きます。
    2. [SafeAssign]で、[オリジナリティレポートを有効化]を選択します。
    3. [SafeAssignを使用して提出物の盗作の有無をチェック]を選択します。
      • 課題に対してSafeAssignを有効化している場合、学生へのオリジナリティレポートの表示を許可することもできます。複数の答案を許可している課題の場合、オリジナリティレポートは、学生が提出する答案ごとに生成されます。
      • 教育機関およびグローバル参照データベースの提出物を除外するかどうかを選択します。
    4. レイヤを閉じます。これで、変更が保存されました。

    課題に対してオリジナリティレポートを有効にしている場合、[提出物]ページには[オリジナリティ]列が追加されます。盗作が含まれている可能性がある提出物を素早く見つけるには、リストをざっと確認します。

    学生が提出を開始した後であっても、SafeAssignオリジナリティレポートは随時有効化できます。ただし、提出物がチェックされるのはSafeAssignが有効化されている場合のみです。設定を有効化する前に受領した提出物は、SafeAssignではチェックされません。

    SafeAssignが利用している技術は、従来のコースビューおよびUltraコースビューの両方で同じです。SafeAssignの詳細については、前のセクションを参照してください。

    グローバル参照データベースからの提出物の除外

    SafeAssignでサポートされるファイル

    グローバル参照データベースとは何か

    ULTRA :SafeAssignの使用についての動画を見る