SafeAssignを使用した採点

お使いの画面表示と異なる場合。SafeAssignを使用した採点に関する"Ultra"ヘルプに移動します。

課題を作成する際、SafeAssignオリジナリティ検知サービスをオンに設定できます。成績を設定する際に、使用された情報源に関する情報を記載したオリジナリティレポートにアクセスできます。

SafeAssignレポートの処理が完了したら、[課題の採点]ページでそのSafeAssignレポートにアクセスできます。[課題の採点]ページには、成績管理または[要採点]ページからアクセスできます。

成績管理で、SafeAssignオプションを有効にした課題を見つけます。学生が課題を提出すると、要採点アイコンが表示されます。セルのメニューにアクセスし、答案を選択します。

[課題の採点]ページで、採点サイドバーにSafeAssignセクションが表示されます。レポートの処理中は、「レポートの実行中...」というメッセージが表示されます。

レポートを表示する準備ができたら、採点サイドバーにパーセンテージが表示されます。「SafeAssign」リンクを展開して、[オリジナリティレポートの表示]を選択して、結果を新しいウィンドウで表示します。

SafeAssignでインライン採点注釈を使用するには、学生は次のファイルタイプを課題として送信する必要があります。

  • DOC
  • DOCX
  • PDF

ULTRA :SafeAssignを用いた採点

お使いの画面表示と異なる場合。SafeAssignを使用した採点に関する"従来"のヘルプに移動します。

SafeAssignが有効な状態で課題の成績を付ける場合は、オリジナリティレポートを表示して、学生の提出課題が、公開されている資料とどのくらい重複しているかを確認します。

この設定が無効になっている場合、SafeAssignでは提出された答案がチェックされることはなく、テキスト一致に基づく成績が自動的に生成されることもありません。SafeAssignを使用することで、提出課題で盗作の可能性がないか確認し、ソースの言い回しを変えるのではなく、ソースの出典を適切に示す方法を学生が理解するように支援する機会を設けることができます。

開始するには、答案を開きます。SafeAssignでは、学生が答案を提出すると、自動的に提出物コンテンツの処理が開始されます。オリジナリティレポートの処理が完了すると、SafeAssignのパネルが提出物コンテンツの横に表示されます。このパネルが表示されない場合、レポートの処理はまだ完了していません。

レポートの準備ができると、答案について[SafeAssignオリジナリティレポート]パネルが表示されます。SafeAssignは、テキストでの回答や添付ファイルなど、答案の各部分を分析します。詳細な結果を新規ウィンドウで表示するには、[オリジナリティレポート]リストのエントリを選択します。

SafeAssignオリジナリティレポートの閲覧方法に関する詳細

SafeAssignでインライン採点注釈を使用するには、学生が次のファイルタイプを課題として送信する必要があります。

  • DOC
  • DOCX
  • PDF

グループまたは複数回提出された答案を使用して、SafeAssignmentの評価と同じワークフローに従います。SafeAssignを使用する課題で答案の複数回提出を許可している場合は、提出ごとにオリジナリティレポートが生成されます。提出ごとのオリジナリティレポートは[提出物]リストで表示できます。

複数回提出された答案の成績についての詳細