個人の成績や1グループの成績はすべてのメンバが共有するのか

グループはチームです。グループに学生を割り当てる場合でも、学生が自らチームメイトを選ぶ場合でも、望ましい形は、ほとんどの学生が共通のゴールに責任を感じることです。グループが効果的に機能し、価値のある結果を生み出すには、個々の説明責任が不可欠です。グループの各メンバが同じ成績を受け取った場合、個人の説明責任が問題になります。

 グループプロジェクトについて個人の成績を決めることは、場合によっては難しい作業です。一部の教員は、すべてのメンバにグループ課題の成績を等しく割り当てます。そうすることでグループ内の競争を排除し、コラボレーションに集中させます。成績を共有することに関する学生の懸念を軽減するため、必ず、グループの成績が成績全体に占める割合がわずかになるようにしてください。

あるいは、さまざまな宿題を出して各学生の貢献度を採点することもできます。学生同士の評価を求め、各メンバのテスト得点、アンケート、および内省的作文課題を検討します。


相互評価の利点

相互評価では、学生は評価プロセスに参加します。学生はグループメンバの各作業についてコメントし、評価を行います。教員はフィードバックを利用して、参加点やボーナスポイントを加え、概要に示す要件を達成したグループメンバを評価できます。

グループメンバが事前に相互評価があることを認識していると、関与と責任をより強く感じる可能性があります。評価者が身近にいることを意識することで、チームの最終成果物の品質が高まり、各学生はより多くのことを学ぶことができるでしょう。学生同士のアセスメントを、もう改善の機会がない最後の時点で提出する単なるアンケートとしてではなく、共同プロセスの一環として使用することができます。共同プロセスがどのように機能しているかの簡単なチェックを依頼できます。

最終的にグループの達成度と個々のメンバの貢献度を採点するときは、次の点を検討します。

  • グループがその成功と学生同士をどのように評価したか。
  • グループの成果物は、課題の要件を満たしているか。

ルーブリックと進捗レポート

学生が互いの成果を評価する前に、教員がルーブリック、基準、ガイドラインを提供します。各チームとバーチャル会議の時間を取り、チームのロールについて話し合います。チームがどのように共同作業することが期待されるか、どれくらいの頻度で会議が必要か、相互評価が最終成績にどのように影響するかについて話し合います。

簡単な週次進行状況レポートを使用して、グループメンバが進捗を把握するのに役立てます。次のような質問を3、4個含めます。

  • グループは週の目標を達成したか。
  • グループ作業に十分な時間を割いたか。
  • すべてのメンバが同じように貢献したか。
  • メンバはよく協力して作業を進めたか。
  • 自分のチームを助けるために、今週他にも貢献できることはなかったか。
  • 自分のチームを助けるために、他のメンバが今週他にも貢献できることはなかったか。
  • 今週最も貢献した人と最も貢献しなかった人は誰か。
  • あなたが変えたいチームの1つの側面は何か。
  • 今週のグループとしての体験について、良い点を3つ、悪い点を1つ挙げてください。

グループ課題の採点の詳細

ルーブリックの詳細