従来のコースビューで利用可能なツールは、あなたの教育機関によって管理されています。Ultraコースビューでは、インストラクタは課題を常に利用できます。

課題は、他のコンテンツとともに作成できます。

お使いの画面表示と異なる場合。課題へのアクセスに関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

課題を使用すると、コース学習を作成して、各学生の成績とフィードバックを別々に管理できます。課題は、コンテンツエリア、学習モジュール、授業計画、フォルダで作成できます。

課題を作成すると、成績管理列が自動的に作成されます。成績管理または[要採点]ページから、作業内容を提出済みである学生を確認し、採点を開始できます。学生は、[成績表]ページまたは課題の[提出履歴の確認]ページから自分の成績にアクセスします。

グループ課題を作成し、コース内の1つまたは複数のグループに公開することもできます。グループごとに1つの共同課題を提出し、すべてのメンバが同じ成績になります。単一の課題を作成してすべてのグループに割り当てたり、一意の課題を複数作成して個々のグループに割り当てることができます。

グループ課題の詳細


課題の作成

お使いの画面表示と異なる場合。課題の作成に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

課題は、コンテンツエリア、学習モジュール、授業計画、フォルダで作成できます。

  1. [アセスメント]メニューから、[課題]を選択して、名前、手順、および学生に必要なファイルを指定します。エディタの機能を使用して、テキストの書式を設定し、ファイルを追加することができます。[課題ファイル]セクションにファイルを追加することもできます。
  2. [マイコンピュータの参照]を選択して、ファイルをコンピュータからアップロードします。ファイルは、コースのファイルリポジトリの最上位フォルダに保存されます。ユーザアクセスを制御する設定。リポジトリからファイルを添付することもできます。

    -または-

    コンピュータから[添付ファイル]領域の「ホットスポット」にファイルをドラッグします。ブラウザで許可されていれば、ファイルのフォルダをドラッグできます。ファイルは個別にアップロードされます。フォルダをアップロードした後、課題の提出がブラウザで許可されない場合、フォルダの行の[添付しない]を選択して削除します。ファイルを個別にドラッグし、もう一度送信することができます。

    所属する教育機関が以前のバージョンのBlackboard Learnを使用している場合、ファイルをドラッグしてアップロードすることはできません。

    このリンクにはファイル名を使用することも、別の名前を指定することもできます。

  3. オプションで[期日]を選択します。期日付きの課題は、コースカレンダーに自動的に表示されます。
  4. [採点]セクションで、[満点の点数]を入力し、オプションでルーブリックを追加します。セクションを展開して、匿名採点、成績の表示方法、実施回数などの選択を行います。1つの課題に対して複数の答案を送信できるように許可できます。
  5. 課題を学生に公開する準備ができたら、課題を利用可能にします。アクセス設定、追跡および表示日の適切なオプションを選択します。表示日は、課題のアクセス設定には影響せず、表示のタイミングにのみ影響します。
  6. 送信]を選択します。

課題の成績設定の詳細

エディタでのファイル追加の詳細

コースファイルとコンテンツ管理の詳細


学生の課題提出の確認

学生が課題を正常に提出すると、[提出履歴の確認]ページに提出された課題の情報と確認番号を含む提出成功のメッセージが表示されます。学生はこの番号をコピーし、提出の証拠と学習上の異議申し立ての証拠として保存することができます。複数の答案がある課題の場合、学生は各提出物についてそれぞれ異なる番号を受け取ります。所属の教育機関が提出物を受領したことをEメールで通知するように設定している場合は、学生は提出のたびに確認番号と詳細を示すEメールも受信します。

所属教育機関が2016年第4四半期Blackboard Learn 9.1バージョン以前を使用している場合、教員および学生は確認番号を表示できません。学生へのEメール通知、および学生の受領履歴へのアクセス権は、2017年第2四半期のBlackboard Learnより導入されています。

教員と管理者は、答案、課題、または学生が後から削除された場合でも、システムから記録を回収することができます。そうした記録はコース内にあり、アーカイブやリストアプロセスの後に回収されます。

成績管理から学生のすべての確認番号にアクセスできます。[レポート]メニューにアクセスし、[提出受領書]を選択します。

[提出受領書]ページでは、提出者や提出日など、各課題の情報を表示できます。グループ課題も記録され、[提出者]列にグループ内の提出者が表示されます。[提出]列では、学生がファイルを提出したか、課題のエディタで提出物を作成したかを確認できます。

ページ上部のメニューを使用して、フィルタで項目を絞り込みます。2つ目のメニューで、[空白でない]を選択し、検索ボックスを空欄のままにすると、提出受領書がすべて表示されます。任意の列見出しを選択して、項目をソートします。


課題の編集、並べ替え、および削除

お使いの画面表示と異なる場合。課題の管理に関する"Ultra"のヘルプを参照してください。

課題を編集、並べ替え、および削除できます。ドラッグアンドドロップ機能またはキーボードでアクセス可能な並べ替えツールを使用して、課題の順序を変更します。たとえば、現在の課題を常に一番上に置くなどして並べ替えます。

課題のメニューから、オプションを選択します。

  • 課題をコース内の別の場所に移動します。課題を移動すると、元の場所から削除されます。課題はコピーできません。
  • 課題を編集します。課題の手順を変更した場合は、すでに提出済みの学生には、それ以降の答案でのみ新しい手順が表示されます。
  • リリース基準、トラッキング、メタデータ、およびレビューステータスを適用します。

適用できるオプションの詳細

課題の削除

コース領域から課題を削除することができます。学生の提出物が存在しない場合は、成績管理列も削除できます。

学生の提出物がある課題を削除すると、その提出物もすべて削除されます。次の2つのオプションがあります。

  • 成績管理内の得点を保持する一方で、その課題とすべての提出物を削除します。得点は成績管理に保持されますが、学生の提出物には二度とアクセスできません。この操作は元に戻せません。
  • その課題、成績管理列、すべての割り当て済み成績、およびすべての提出物を削除します。この操作は元に戻せません。

または、コース内の成績可能項目を利用不可にして、提出物および得点を成績管理に保持することができます。


ULTRA :課題の作成

お使いの画面表示と異なる場合。課題の作成に関する"従来"のヘルプを参照してください。

Ultraコースビューでは、教員は課題を常に利用できます。

課題は、他のコンテンツとともに作成できます。学生は、必要なコンテンツの横にある自分の作業に、必要なときすぐにアクセスできます。グループ課題を作成し、コース内の1つまたは複数のグループに公開することもできます。

学生グループ用課題作成の詳細

自由に試してみましょう!教員が課題を表示できるようにするまで、学生は追加されたものを見ることができません。

既存の課題を編集する方法の詳細

[コースコンテンツ]ページで、課題を追加する場所のプラス記号を選択します。フォルダを展開または作成して、課題を追加することもできます。

[作成]を選択して、[項目の作成]パネルを開きます。[アセスメント]セクションを展開し、[課題]を選択します。[新しい課題]ページが開きます。

課題を作成すると、成績表項目が自動的に作成されます。

課題の成績を投稿すると、学生は成績ページまたはアクティビティストリームで自分の得点を確認できます。また、学生は[コースコンテンツ]ページの課題リンクから、課題、提出物、教員のフィードバック、ルーブリック、成績にアクセスすることもできます。

多肢選択問題や正誤問題など、自動的に得点される問題しかない課題を作成した場合、その得点は自動的に投稿され、学生に表示されます。

 

ULTRA :[新しい課題]ページ

お使いの画面表示と異なる場合。課題の基本については、「従来の」ヘルプに移動してください。

課題の必須項目の追加。課題にはわかりやすいタイトルをつけると、学生がコースコンテンツの中から課題を見つけやすくなります。タイトルは、学生が教材を表示するために選択するリンクとして表示されます。タイトルを追加しないと、コンテンツリストに「新しい課題」と表示されます。

テキスト、ファイル、問題の追加。プラス記号を選択してメニューを開き、選択を行います。問題タイプを選択するか、既存のアセスメントから問題およびコンテンツを再利用することができます。課題の指示など、ファイルやテキストを追加できます。OneDrive®やGoogle Drive™などのクラウドストレージからもファイルを追加できます。

質問の追加の詳細

質問の再利用の詳細

課題の表示または非表示教員が課題を表示するよう選択するまで、学生は課題を表示することができません。事前にすべてのコンテンツを作成し、スケジュールに基づいて学生に表示するものを選択することができます。また、日付、時刻、コース成績表のその他の項目のパフォーマンスに基づいて、利用可能性の条件を設定することもできます。学生は[コースコンテンツ]ページで、教員が設定した時間に課題を表示できるようになります。

課題の設定の適用[課題の設定]アイコンを選択して、課題の詳細と情報を提供するパネルを開きます。

期日の指定期日はカレンダーとアクティビティストリームに表示されます。課題の期日、または期限超過になった日に学生が初めてコースにアクセスすると、コースの通知がポップアップします。期日後の提出物は、コースの成績表に[期日超過]ラベル付きで表示されます。期日を迎えているもの、今後期日を迎えるものを確認するよう学生に促し、学生ができるだけ早く教員に質問できるようにします。

優遇措置の表示。学生に対して優遇措置を設定し、課題の期日や制限時間など、特定のコース要件を除外できます。優遇措置を選択するには、[ユーザ一覧]に移動して、学生のメニューにアクセスします。設定した優遇措置の数は課題ページの[課題の設定]セクションに表示されます。

特別優遇措置の詳細

制限時間の追加制限時間により提出までの時間制限が設けられるため、学生は課題に集中できます。制限時間が経過すると、課題の答案は自動的に保存され提出されます。制限時間を超過して取り組むことを学生に許可することもできます。現在、グループ課題に制限時間を追加することはできません。

クラスの会話を許可学生が課題について質問がある場合は?課題内での会話を許可でき、誰でも会話に貢献できます。会話の発展に応じて、関連する課題のみが表示されます。

会話の詳細

オフラインでの提出物の収集。学生による提出物のアップロードがない作業を評価することもできます。たとえば、口頭によるプレゼンテーション、科学展のプロジェクト、演技のパフォーマンス、直接提出された芸術作品の成績などを成績表に追加できます。

オフラインでの提出物の収集の詳細

質問と解答をランダム表示する。練習/ドリルのアクティビティをサポートするため、または学生の不正を避けるために問題をランダム表示します。1つまたは両方の設定を使用すると、各学生に対して異なる課題が表示されます。テキストブロックまたは添付ファイルを含む課題では、質問をランダム表示できません。

質問は、教員には順序どおり表示されますが、学生に対してはランダムに表示されます。混乱を避けるため、課題の中で別の問題を参照するのに数字を追加しないようにします。

質問と解答のランダム表示の詳細

成績カテゴリの変更。課題の成績カテゴリは、コース内で設定したカスタム成績表カテゴリの1つになるように変更できます。新しいカテゴリを作成して、コースでの学習活動の分類方法をカスタマイズできます。カスタムカテゴリは、全体の成績を設定するときに便利です。

答案数の決定。学生が1つの課題に対して複数の答案を送信できるよう許可できます。複数の答案を許可している場合、最終成績の計算方法を選べます。

採点スキーマの選択[採点方法]メニューから、[点数]などの既存の採点スキーマを選択します。いつでも成績評価を変更でき、その変更は学生と成績表に表示されます。

採点ルーブリックの追加ルーブリックは、定義した主要基準を元に学生の提出物を評価する時に役立ちます。新しいルーブリックを作成するか、既存のルーブリックを関連付けることができます。ルーブリックは得点ツールの1つで、採点対象の作業を評価するために使用できます。現在、ルーブリックを追加できるのは質問のない課題のみです。

目標と基準を追加します課題を1つまたは複数の目標にあわせることができます。教員と所属の教育機関はゴールを使用して、プログラムやカリキュラム全体で学生の達成度を測定できます。各問題を目標と関連付けることもできます。

グループ課題の作成1つまたは複数の学生グループに課題を作成できます。デフォルトでは各グループごとに成績を割り当てるようになっていますが、グループメンバの個別の成績に変更できます。

SafeAssignの有効化SafeAssignを使用して、学生の提出物における盗作の可能性をチェックできます。学生が提出を開始した後であっても、SafeAssign Originality Reportはいつでも有効化できます。ただし、提出物がチェックされるのはSafeAssignが有効になっている時のみです。

オプションで説明を追加。説明は、[コースコンテンツ]ページに課題タイトルと一緒に表示されます。


ULTRA :課題へのファイルやテキストブロックの追加

問題、テキスト、またはファイルを追加したい場所でプラス記号を選択してメニューを開きます。テキストブロックとファイルを追加したいだけ追加できます。

テキストブロックの追加。[テキストを追加]を選択して、エディタを開きます。課題のセクションの指示や、音声ファイルや画像の説明テキストを追加できます。Wordドキュメントからテキストをペーストすることもできます。

また、エディタを使用して、テキストとともに画像を埋め込み、ファイルを添付することもできます

テキストブロックのみを含む課題を作成する場合、[課題の設定]で[最高点]を手動で変更できます。

ファイルの追加。[ローカルファイルを追加]を選択し、コンピュータ内のファイルを参照します。アップロードできるファイルの最大サイズは、所属の教育機関が管理しています。ファイルのフォルダを追加することはできません。

クラウドストレージからファイルを追加する :OneDriveなど、ファイルを保存している複数のウェブアプリにすぐに接続できます。追加されるファイルはコピーです。クラウドストレージでファイルを変更した場合、新しいコピーをコースにアップロードする必要があります。ブラウザで許可されていれば、クラウドストレージから追加されるメディアファイルはインラインで表示されます。

クラウドストレージの詳細

メディアファイルの表示オプション

ブラウザで許可されていれば、課題に追加するメディアファイルは、デフォルトでインライン表示されます。ブラウザがメディアファイルのインライン表示を許可していない場合、メディアファイルは添付として表示されます。  クラウドストレージ から追加したファイルは、同じように動作します。

インライン表示の画像は、最大のブレイクポイントで768ピクセルで埋め込まれます。画像がそのサイズに近いほど、周囲のパディングが少なくなります。

メディアファイルのメニューにアクセスし、[編集]を選択します。[ファイル設定の編集]ウィンドウで、課題での動画、音声または画像ファイルの表示方法を、インラインまたは添付から選べます。たとえば、非常に大きなファイルを添付として表示すると、学生がダウンロードできます。添付として表示されるファイルのファイル名を編集できます。

追加する画像を説明する代替テキストを付け加えることもできます。代替テキストは、スクリーンリーダーを使用するユーザや画像をオフにしてWebページを表示するユーザのために、画像を説明するものです。

インラインで表示される動画や音声ファイルについては、学生は再生、一時停止、音量調整、ダウンロードを操作できます。学生は動画ファイルを全画面表示で閲覧できます。

メディアファイルの添付表示

添付ファイルとして表示されるメディアファイルの場合、学生はメニューを選択して[ファイルをプレビュー]または[ファイルをダウンロード]を選択します。インストラクタの場合は、さらに移動、編集、削除の機能を使用できます。

問題内のファイルの編集

問題に追加したファイルの設定を編集することができます。エディタでファイルを選択し、エディタ機能の行にある[添付の編集]アイコンを選択します。[表示名]と[代替テキスト]を追加することができます。

また、エディタ内でリンクとしてファイルを挿入するか、追加した他のコンテンツとともにインラインで表示されるようにファイルを直接埋め込むかを選択できます。


ULTRA :タイマーの追加

Ultraコースビューでは、課題に制限時間を追加できます。制限時間により提出に制限時間が設けられるため、学生は課題に集中できます。制限時間が経過すると、課題の答案は自動的に保存され提出されます。

制限時間を超過して取り組むことを学生に許可することもできます。延長時間を指定すると、学生が課題に取り組んでいる最中に接続が切れた場合、再接続することができます。延長時間により、最初に設定していた時間が学生にとって課題を完了するのに十分であるかを確認できます。課題を採点するとき、各学生が課題を完了するのに使用した延長時間を確認できます。問題を含めた場合は、最初の制限時間後に回答された問題がどれかも確認できます。学生が採点済みの課題にアクセスする際にも同じ情報が表示されます。

現在、グループ課題に制限時間を追加することはできません。

[課題の設定]パネルで、[その他のツール]セクションの[時間制限を追加]を選択します。

最初に、制限時間を入力します。制限時間は1から480までの整数で追加する必要があります。小数点には対応していません。次に、2つのオプションのいずれかを選択します。

  • 時間切れになると、作業は自動的に保存され、送信されます。:学生が時間内に提出しないと、システムで自動的に課題が保存され、提出されます。
  • 制限時間に達した後も学生は時間を延長して作業することができます :このオプションを選択すると表示されるメニューから、延長時間の長さを以下から選択します。
    • 50%
    • 100%
    • 延長時間無制限

50%と100%のオプションは、課題が自動的に保存、提出される前に制限時間に追加される時間の量を示します。たとえば、制限時間を60分に設定し、延長時間に50%を選択すると、学生はさらに30分間作業できます。最初の制限時間がほぼ一杯になるまで、延長時間が許可されている ことは 学生に通知されません。延長時間が許可されていることを知らせるポップアップメッセージが表示されます。学生は延長時間を使用するか、課題を提出するかを選択できます。制限時間を経過してから作業を提出すると、部分的な評価が与えられる場合があることが通知されます。

複数の答案を許可している場合、時間制限は答案ごとに適用されます。

[X]を選択して、[課題の設定]パネルに戻ります。設定した制限時間が表示されます。制限時間を選択して変更します。ただし、学生が提出した後は制限時間を編集できません。制限時間をポイントして[削除]アイコンにアクセスし、削除します。制限時間は[コースコンテンツ]ページにも課題の詳細とともに表示されますが、延長時間は表示されません。

制限時間の優遇措置+制限時間

制限時間の優遇措置を受けている学生に対して、課題の時間延長を許可する設定を行うと、時間が合算されます。

制限時間の優遇措置の詳細

学生のワークフロー

学生には、課題のその他の詳細とともに、制限時間が[コースコンテンツ]ページに表示されます。制限時間は、課題の[詳細と情報]パネルと、学生が作業中の課題の中に表示されます。

学生が[答案を開始]を選択すると、課題にアクセス可能になる前に、タイマーを開始するためのポップアップウィンドウが開きます。開始する準備ができていない場合は、[キャンセル]を選択できます。開始後は、制限時間を経過すると、課題の答案が自動的に提出されます。

複数の答案を提出できるように教員が設定している場合、この制限時間は答案ごとに適用されます。

延長時間を与えている場合、初期設定時間が切れると別のポップアップウィンドウが開き、課題をすぐに提出するか、あるいは引き続き作業可能である旨が通知されます。制限時間の経過後に提出された作業には部分的な評価が与えられる場合があることも通知されます。最初の制限時間がほぼ一杯になるまで、延長時間が許可されていることは学生に通知されません。

学生がその課題に実際に取り組んでいるかどうかに関係なく、タイマーは進みます。タイマーはウィンドウの下部に表示され、残り時間を把握できます。ドラフトを保存するか課題ウィンドウを離れた場合もカウントダウンは続き、時間切れになると課題が保存されて提出されます。

制限時間付き課題の評価の詳細

時間制限がない場合は、学生は課題を送信せずに表示のみを行うことができます。学生は[課題を表示]を選択して、課題の表示または作業の追加を行うことができます。次に、パネルで[保存して閉じる]を選択します。学生がすでに課題を開始している場合、その作業は保存されます。作業を再開するには[課題を表示]を選択します。作業が完了している場合は[送信]を選択します。


ULTRA :課題の編集、並べ替え、および削除

お使いの画面表示と異なる場合。課題の管理については、「従来の」ヘルプに移動してください。

[コースコンテンツ]ページで既存の課題を変更し、表示される場所を変更できます。課題の行の[移動]アイコンをクリックし、新しい場所に移動させます。課題をフォルダに移動することもできます。

キーボードを使用して課題を移動できます。

  1. [Tab]キーを押して、項目の[移動]アイコンを選択します。
  2. [Enter]キーを押し、移動モードを有効化します。
  3. 矢印キーを使用して、場所を選択します。
  4. [Enter]キーを押して、移動先に項目をドロップします。

課題の行でメニューにアクセスし、[編集]および[削除]機能を選択します。

課題の削除

コースから課題を削除することができます。学生の提出物が存在しない場合は、成績表項目も削除できます。提出物がある課題の場合は、課題、すべての提出物、および成績をコースから永久に削除してよいか確認する必要があります。

あるいは、学生に対して課題を非表示にし、提出物と成績表のスコアを残します。提出物が採点されていても、学生は[コースコンテンツ]ページまたは成績ページで非表示の課題にアクセスすることはできません。

課題とメディアファイルの編集

学生がアクセス可能な既存の課題を変更する場合は、一部の学生が提出を開始している可能性があることに注意してください。すでに採点を開始している場合、採点スキーマを変更することはできません。

課題の要素や設定に基づいて、課題を移動、編集、削除またはダウンロードします。メニューを選択して利用可能なオプションにアクセスします。[移動]アイコンをクリックし、課題ページの新しい場所に要素を移動させます。


ULTRA :課題とアクティビティストリーム

課題を作成し、学生が表示できるようにすると、学生のアクティビティストリームに通知が表示されます。

課題の成績を投稿すると、学生は[成績を表示]を選択して、成績を表示できるようになります。提供するフィードバックは、課題のタイトルの後に表示されます。

採点する提出物があると、ストリームにアラートが表示されます。課題のタイトルを選択して、[課題の提出物]ページで課題を採点します。

アクティビティストリームの詳細


ULTRA :オフラインでの提出物の収集

教員は、[コースコンテンツ]ページに表示され、学生が提出物をアップロードする必要がないアセスメントを作成することができます。手順、ファイル、ルーブリック、およびゴールを追加して、学生がオフラインでの作業を準備できるようにします。会話を有効にすることもできますが、質問は追加できません。

オフライン作業の例 :

  • 口頭によるプレゼンテーション
  • 科学展のプロジェクト
  • 演技のパフォーマンス
  • 直接提出された芸術作品
  • 対面式のチームビルディング演習、パネルディスカッション、討論

二本立てのコース (ハイブリッド) を指導する教員は、このタイプのアセスメントが最も有益だと感じるかもしれません。たとえば、ルーブリックを使用して、学生によるクラス内のプレゼンテーションを採点することができます。メモを取ったり、後で得点を追加したりする必要はありません。

課題を作成する際は、設定パネルで、提出物をオフラインで収集する方法を選択できます。学生がこのタイプの課題を開くと、作業をオンラインで提出できないことが通知されます。教員がグループを作成してオフラインで提出物を収集する場合、学生にグループメンバが表示されます。

オフラインで収集される提出物の場合、複数の答案、時間制限の設定、SafeAssignの使用は許可できません。

ゲスト講演者や校外学習など、クラス外での学生の参加を必要とする成績項目については、出欠機能にミーティングを追加することができます。

ミーティングの追加の詳細

オフラインの提出物を採点する

オフラインの提出物を採点する準備ができたら、アセスメントページまたは成績表から提出物の一覧ページを開きます。学生の名前を選択して[答案を作成]パネルを開き、提出日時を入力して保存します。

学生の提出物ページで、成績を割り当てたり、成績と関連付けているルーブリックを使用したりできます。

学生には何が表示されますか?

学生は[コースコンテンツ]ページ、グローバル成績ページ、およびコースの成績ページで、その他のコンテンツとともにアセスメントを表示できます。学生がこれらのコース領域の課題を開くと、オンラインで作業を提出できないことが通知されます。説明やルーブリックなど、その他の情報にはアクセスできます。

成績を割り当てると、学生にアクティビティストリームで通知されます。