メッセージツールについて

メッセージツールは、同じ教育機関およびグローバルラーニングネットワークで非同期のコミュニケーション機能を提供します。ユーザは、今日、他のソーシャルプラットフォームで送受信されているものに似た、1対1および1対多メッセージを送信できます。[メッセージツール]では、メッセージの作成、読み取り、削除、返信ができます。

教員のメッセージの使用方法の詳細

学生のメッセージの使用方法の詳細 


Blackboard Learnのメッセージツールの機能

新しいメッセージツールでは、同じコースに所属しているかどうかに関係なく、グローバルラーニングネットワーク内のBlackboard Learnユーザなら誰にでもすばやくメッセージを送信できます。メッセージツールは、他のソーシャルアプリケーションに見られる同様のツールに似ています。コースメッセージツールは特定のコース内の他のユーザに対してのみメッセージを送信することを目的としており、件名の行、フォルダの作成および編集、メッセージの移動、既読/未読、完全なコンテンツエディタなどの機能を備えた、より本格的なツールです。これらのツールは、異なるシナリオおよびユーザのニーズに対応するものであるため、Blackboard Learnでは両方のツールが提供されます。

メッセージツールは、Blackboardクラウドにより運用されている、完全に独立した非同期のコミュニケーションツールです。現在のところ、メッセージをユーザの個人、または教育機関のEメールシステムと統合する機能はありません。


不適切なコンテンツを監視

システム管理者が、ユーザ間のメッセージを表示することはできません。ユーザは、複数の教育機関で使用できる生涯にわたるプロフィールを1つ持つことができます。たとえば、複数の学校で受講している場合や、ある教育機関で学生である人が別の教育機関で指導をしている場合があります。そのため、クラウドベースのメッセージデータには、ユーザと、他の教育機関の教職員/管理者/学生との会話が含まれている場合があります。このことから、メッセージデータを個々の管理者に公開するのは適切ではありません。