最新のリリースノートをお探しですか?Qwicklyに関するリリースノートを表示する

Qwicklyについて

QwicklyはBlackboard Learnの生産性プラットフォームです。Qwicklyモジュールを使用すると、教員は、コースの利用可否の設定、Eメールの送信、連絡事項の投稿、コンテンツの投稿を複数のコースに対して同時に行えるようになります。Qwicklyは学生を結び付け、グループ対話を促進します。またQwicklyにより、教育機関はクラウドストレージパートナーをBlackboardに接続できます。教員と学生は、DropBox、Googleドライブ、OneDriveからドキュメントを追加できます。またファイルにリンクしたり、コンテンツエリアや課題にファイルを追加したりできます。

学生のQwicklyの使用方法の詳細

教員のQwicklyの使用方法の詳細



配置

Qwickly Building Blockは、[拡張機能ライブラリ]で使用できます。You can also download and install Qwickly directly from their website.Blackboard Learnインスタンスがセルフホストの場合、ダウンロードした後、Building Blockを有効にする必要があります。Qwicklyにはライセンスキーがあり、このキーを入力することで、Qwicklyクラウドサービスを開始できます。Qwicklyのインストールの際、Managed Hostingのお客様は、Behind the Blackboardチケットを開きすべてのアプリケーションサーバのローリング再起動を実行してすべてのアップデートを取得します。


Qwicklyを構成

開始するには、Blackboard Learn環境にQwickly Building Blockをインストールして有効化します。

QwicklyのWebサイトでは、多くのリソースが利用可能

  1. [管理パネル]で、[Building Blocks] > [インストールされているツール]に移動します。
  2. リストでQwicklyを検索して、メニューから[設定]を選択します。Qwickly IDを作成するようメッセージが表示されます。Qwickly IDは、各学校および教育機関で一意の識別子となります。Qwickly IDをまだお持ちでない場合は、 [Qwickly IDを持っていない]を選択して IDを生成します。
  3. Qwickly IDを使用して、ライセンスを開始します。
  4. Qwicklyライセンスを開始したら、以下のページでQwicklyを構成します。最初に有効化した後、Qwickly設定を構成する必要がある場合は、管理パネルの[ツール]メニューから、[Qwickly設定]に移動します。

    Qwickly設定の構成のビデオを視聴します。

  5. Qwicklyの設定では、追加するツールを選択して、学期コードを入力し、[送信]をクリックします。

    ツールは使用前に構成する必要があります。ツールをアップグレードする場合は、何も変更しなかった場合でも、インストール後にQwickly設定に移動して、設定を[保存]する必要があります。

    • Qwickly+クラウド : クラウドコネクタを開始するには、[サポート]タブに移動し、サービスごとにクラウドコネクタをリクエストします。これは通常24時間かかります。
    • 学期コード : 特定のコースのセットを対象にしたオプションの文字列。たとえば、Qwicklyを2013SUから始まるコースIDのコースにだけ適用したい場合、[学期コード]ブロックにそれを入力します。学期コードはコースIDの先頭、末部、間に配置することができます。学期コードを空白のままにすると、Qwicklyのツールはすべてのコースに適用されます。
    • Qwicklyツール : 利用可能なツールを選択します。利用可能なツールは、教職員および学生に表示されます。学生に表示されるのは、[課題の送信]、[教員にEメール送信]、[グループメンバにEメール送信]のみです。
  6. Googleドライブ、DropBox、OneDriveなどのクラウドコネクタを開始するには、[サポート]タブに進み、開始するクラウドコネクタを選択します。ホスティングプロバイダによる承認プロセスがあるため、リクエストの完了には、通常24時間かかります。


Qwicklyモジュールの追加

  1. [管理パネル]の[Community Engagement]メニューで、[タブ/モジュール] > [モジュール]を選択します。
  2. Qwicklyモジュールを指定し、メニューから[プロパティの編集] を選択します。
  3. このページでできること :
    • 適切なユーザに対してモジュールを利用可能にします。通常、システムレベルで利用可能にする必要があります。
    • [非同期ロードを許可]オプションをオフにします。このオプションでは、モジュールに不適切なロードがあっても、他の要素の後にそのページへのロードが可能になります。
  4. 終了したら、[送信]を選択します。
  5. Qwicklyモジュールを、[ホーム]タブの他のモジュールと同じように配置します。

    Blackboardでは、[ホーム]タブの左上にQwicklyを配置することをお勧めします。


Qwicklyツールの追加

QwicklyをツールとしてBlackboardのメインタブに配置することができます。Blackboard Learn環境でコミュニティを使用しない場合、このオプションを使用する場合があります。

  1. [管理パネル]から、[タブ/モジュール] > [ツールパネル]に移動します。
  2. [ツールの追加]を選択します。
  3. ツールのタイトルを入力し、ツール選択メニューから [Qwickly] を選択します。
  4. ツールの利用可否を選択します。
  5. 終了したら、[送信]を選択します。

Qwicklyコースツールの追加

  1. 管理パネルの[ツールおよびユーティリティ]メニューで、[ツール]に移動します。
  2. リストでQwicklyを探し、コースのすべてのオプションをオンに設定します。[新規]および[既存のコース]の変更を適用します。
  3. [送信]を選択します。

ツールが利用可能かどうかは、コンテンツエリア (コース文書など) を入力するか、または[コンテンツ] > [クラウドコンテンツのアップロード]を選択すると確認できます。


Webサービス

QwicklyはさまざまなBlackboard Webサービスを利用するため、Qwicklyが適正に機能するようにサービスをオンにしておく必要があります。「.WS」が含まれるメッセージが表示されるエラーが発生した場合、その項目のWebサービスがQwicklyで利用できる設定になっていない可能性があります。これらのエラーは次のようなものです。

  • operation Announcement.WS.createCourseAnnouncements is invalid
  • [WSFW005] Attempt to use a tool-only method (CourseMembership.WS.getCourseRoles) when authenticated as a user

エラーメッセージを使用して、オンに設定する必要があるWebサービスを特定します。

Webサービスをオンにする

  1. 管理パネルで、[Building Blocks]セクションの[Webサービス]に移動します。
  2. 受信したエラーメッセージと一致する[Webサービス名]を確認します。上記の例では、[Announcement.WS]および[CourseMembership.WS]です。
  3. 適切なWebサービスのメニューを開きます。[操作]を選択します。
  4. 受信したエラーメッセージに一致する操作を確認して、制限が[認証アクセスをすべて許可する]に設定されていることを確認してください。上記の例では、操作は[createCourseAnnouncements]および[getCourseRoles]です。