教育機関がCommunity Engagement機能にアクセスできると、通知ダッシュボードにアクセスができます。

通知ダッシュボードモジュールには、コース項目あるいはコース情報が変更、送信、もしくは作成されたこと、またはコース項目またはコース情報の期日が差し迫っていることを示す通知が表示されます。これにより、ユーザは、すべての参加者の変更情報をコースから表示できます。ユーザは個別の項目に移動して、その項目を表示、終了、またはその項目に基づいて行動することができます。ユーザは通知に対応するコースに移動できます。

ユーザは通知設定を編集することで、表示される通知をカスタマイズしたり、Eメール通知を受信するかどうかを選択できます。

デフォルトでは、コースメニューには、通知ダッシュボードのようにコースのホームページが表示されますが、表示されるのはそのコースの通知だけです。


教員モジュール

デフォルトでは、通知ダッシュボードには3つのモジュールが表示されます。

  • 要注意 : 学生によって送信された項目がレビューまたは採点を必要とすることを示す通知
  • 警告 : 受講者がまだ送信していない項目の期日が過ぎていることを示す通知。あるいは、リテンション管理ルールが破られたことを示す通知
  • 最新情報:ユーザによって項目が追加、更新、送信、または変更されたことを示す通知

たとえば、教員が新しい連絡事項を投稿すると、通知が[新着情報]モジュールに表示されます。または、課題が送信された場合、通知は[要注意]モジュールに表示されます。または、ユーザに対する課題の期日が過ぎると、通知が[警告]モジュールに表示されます。


学生モジュール

デフォルトでは、通知ダッシュボードには2つの学生モジュールが表示されます。

  • しなければならないリスト:
    • 期限切れのもの : 学生がまだ送信していない項目の期日が過ぎていることを示す通知
    • 期日のもの : カレンダーと整理されたカテゴリ。今後の項目とその期日が表示されます
  • 新着情報 :ユーザまたは教員によって項目が追加、更新、送信、または変更されたことを示す通知

たとえば、教員が新しい連絡事項を投稿すると、通知が[新着情報]モジュールに表示されます。課題の期日が近づいている場合は、その期日が[To Do]モジュールに表示されます。ユーザに対する課題の期日が過ぎると、通知が[To Do]モジュールに表示されます。


通知一覧の場所

学校がCommunity Engagement機能にアクセスできる場合は、[教育機関]タブのサブタブから、通知一覧 にアクセスできます。ユーザはこの設定を管理できます。


使用者

管理者は、ユーザによる通知ダッシュボードの表示、ページに表示される通知の構成、およびEメール通知の受信をコントロールできます。管理者は、すべてまたは任意の通知やEメール通知をユーザが管理することについてもコントロールできます。


通知ダッシュボードをオン

デフォルトでは、システムの通知ダッシュボードページはオンになっています。管理者がこれを無効にすると、ユーザ側で有効にすることはできません。通知ダッシュボードのオン/オフを切り替えるには、[管理パネル]に移動します。[コース]セクションで、[コース設定]、[通知の初期設定]の順に選択します。[一括通知設定]で、[ダッシュボード]の設定を選択します。

通知の初期設定の詳細


Eメール通知

ユーザは、更新または作成された項目、または期日が迫っている項目についてEメール通知を受け取るよう選択できます。Blackboard LearnでBlackboard Connectとの統合が有効でアクティブな場合、通知はSMSメッセージおよびテキスト音声変換でも送信できます。

通知オプション選択の詳細