Microsoftは、教員がTeamsミーティングを作成し、学生と共有できるようにするアプリケーションを作成しました。このアプリケーションを、BlackboardはLearnに統合できるLTI Advantageツールへと変換しました。Blackboardの統合により、ユーザは任意のLearnコースからMicrosoft Teamsミーティングを直接起動できます。

LearnセルフホスティングおよびManaged Hostingクライアントを対象としています。
Learn SaaSクライアントは、SaaSのMicrosoft Teamsの情報をご覧ください。


要件

Blackboard向けMicrosoft Teams統合は、どのBlackboard Learnコースでもご利用いただけます。Blackboard向けMicrosoft Teamsを使用するには、教育機関が次の要件を満たす必要があります。

  • 2019年5月以降にリリースされたBlackboard Learn SaaSまたはBlackboard Learn 9.1 Q2 2019/3700
  • コースでLTIの使用を有効にする必要があります:[管理パネル] > [LTIツールプロバイダ] > [グローバルプロパティの管理]。LTIのコースでの使用で有効にし、必要に応じてコミュニティでの使用も有効にします。[送信]を選択します。
  • LTIを設定する必要があります
  • Blackboard向けMicrosoft Teams LTI 1.3ツールを追加します
  • Blackboard 向けMicrosoft Teams REST API統合を追加します

Blackboard向けMicrosoft Teams LTI 1.3ツールの追加

  1. 管理パネルで、[LTIツールプロバイダ]を選択します。
  2. [LTI 1.3ツールの登録]を選択します。
  3. [ツールのステータス]で、[承認]を選択します。
  4. [クライアントID]フィールドに「

    1df16aa2-2f09-4808-9ff8-09cc67206666

    」と入力します。
  5. [送信]を選択します。
  6. LTIツールプロバイダのリストから、[Microsoft Teams]の[配置の管理]を選択します。
  7. [配置の作成]を選択します。
  8. [ラベル]に「Microsoft Teams」と入力し、[ハンドル]に「MicrosoftTeams」(スペースなし) と入力して、[コースツール]を選択します。
  9. [ツールプロバイダのURL]に「https://msteams.blackboard.com/lti13」と入力します。
  10. [送信]を選択します。

Blackboard 向けMicrosoft Teams REST API統合の追加

  1. Microsoft Teams REST APIで使用するユーザを作成します。ユーザ名は「msteams」、システムロールは「なし」とします。
  2. [管理パネル]に移動して、[REST API統合]を選択します。
  3. [統合の作成]を選択します。
  4. アプリケーションIDを追加します :

    1df16aa2-2f09-4808-9ff8-09cc67206666

  5. [Learnユーザ]の下で、ステップ1で作成したユーザ名の「msteams」を入力します。
  6. [エンドユーザアクセス]を[はい]に設定します。
  7. [ユーザとしての操作権限]を[サービスの初期設定 (いいえ)]に設定します。
  8. [送信]を選択します。

統合がREST API統合のリストに入り、自動的に利用可能になります。


ヘルプが必要な場合

この統合により、ミーティングセッションを作成し、それをMicrosoft Teamsチャットとして設定するプロセスが簡素化されます。Microsoft Teamsによって作成されたセッションへのオープンアクセスリンクが、Ultraコースビューの[コースアウトライン]、または元のコースビューの最初のコンテンツエリアとLearnのコースカレンダーのカレンダーエントリとして追加されます。

LTIまたはRest APIの設定に問題がある場合は、Behind the Blackboardにチケットを送信してください。

Microsoftのサポートリソース

この統合では、ユーザデータ、メンバシップ、Microsoft Teamsサイトへの権限が管理されません。学生がMicrosoft Teamsのファイルやその他のツールにアクセスする必要がある場合、教員がこれらのユーザをTeamsサイトに追加する必要があります。Teamsファイル、Wikiや課題などのツール、OneDrive、Outlook、カレンダーなどのその他のO365サービスへの直接の統合はありません。Microsoft Teams、Outlook、OneDrive、およびその他のO365機能の使用 (これらのツールを使用してユーザがコラボレーションやファイルの共有を行う方法など) について支援が必要な場合は、Microsoftから提供されているサポートリソースをご利用ください。

Microsoftのサポートリソース


追加リソース

Teamsの使用に関しては、Microsoftから提供されている無料のリソースをご覧ください。リソースは英語でのみ提供されている場合があります。

Teamsミーティング設定の管理

Teamsミーティングポリシーの管理

リモート学習のスタートガイド