コースメッセージは、学生、ティーチングアシスタント、その他の教員など、1つのクラスに登録しているユーザとの連絡のため使用されます。コースメッセージは、それぞれのコース内に掲示されます。

学生のメッセージの使用方法の詳細

教員のメッセージの使用方法の詳細


コースのメッセージ

コースのメッセージツールは、各コースでEメールと同様に機能するプライベートかつセキュアなコミュニケーションシステムです。メッセージは、コース内のユーザ間でしか送受信できないことに注意してください。

通常、ユーザはメッセージにコースメニューからアクセスします。ユーザは、通知が表示される[更新]ページから新しいメッセージにアクセスすることもできます。このページには、画面右上隅にあるグローバルナビゲーションからアクセスできます。

コースメッセージツールの利用可否の設定

コースおよびコミュニティでコースメッセージツールを利用可能にする方法については、「ツールの管理」を参照してください。

コースメッセージのオプション

メッセージへの添付ファイル、およびパーソナルフォルダの作成をユーザに許可するかどうかを選択できます。これらの機能を無効にすると、ディスク空き容量を節約でき、ユーザがコンテンツを保存する目的でコースメッセージを使用できなくなります。デフォルトでは、ユーザはメッセージへの添付ファイルの追加、およびパーソナルフォルダの作成ができません。

[管理パネル]の[ツール/ユーティリティ]セクションで、[コースメッセージ]を選択します。チェックボックスをオンにすると、ユーザがメッセージにファイルを添付したり、メッセージ保存用のパーソナルフォルダを作成したりすることができます。


メッセージの保存場所の移行

コースメッセージのアーカイブを保存するため、コースおよびコミュニティのメッセージをLearnデータベースに移行することができます。これまで、過去のコースおよびコミュニティのメッセージは、フラットファイルを介して共有ストレージボリュームに保存され、新しいコースおよびコミュニティのメッセージは、常にデータベース上に保管されていました。

  1. コースメッセージの移行を開始するには、[管理パネル] > [ツール/ユーティリティ] > [コースメッセージ]をクリックします。
  2. 次に、[移行リクエストの作成]をクリックし、[選択したコースおよびコミュニティ]を選択します。
  3. 移行させたいメッセージが含まれるコースおよびコミュニティのIDを入力します。各IDはカンマで区切ってください。
  4. 送信]を選択します。リクエストの処理が自動的に始まります。移行処理中に、存在しない、無効化されている、またはすでにデータベースストレージを使用中のコース/コミュニティはスキップされます。

メッセージが正常に移行できたか確認したい場合は、Learnのシステムログを確認してください。