教育機関の階層は、学校がcommunity Engagement機能にアクセスできる場合に限り作成できます。

教育機関の階層とは、管理者がBlackboard Learn内に実際の教育機関を表す複数レベルのフレームワークを作成できるように設計された階層管理ユーザインターフェイスです。たとえば、学科別に複数の学校を持つ教育機関や、教育計画やコースの異なる複数の教育プログラムを持つ教育機関などがあります。

教育機関の階層は、管理者が管理タスクを適切な他のユーザに委任できるように設定されています。つまり、たとえば、教育機関内の各キャンパスが、各自の登録、コース、コミュニティ、およびブランドなどの階層レベルノードを管理できるようになったということです。

  1. [ノード]パネルに、階層内のレベル、およびそれらの親子関係がリストとして表示されます。ノードとは、階層内のレベルです。学校、プログラム、部署、部門などをノードにすることができます。階層レベルの各ノードには、そのレベルの登録、コース、および下位ノードのデータがあります。ノードを開くには、ノードを選択します。
  2. ページタイトルには、現在表示している階層レベルのノードが示されます。
  3. 現在のノード内に、子レベルのノードを作成します。
  4. 各階層レベルのノードから、ユーザ、登録、コース、利用可否の設定および設定の編成と管理ができます。
  5. [ノードの検索]パネルから、特定の階層レベルのノードを検索します。

階層の検索

[教育機関の階層]は[管理パネル]にあり、適切なアクセス権を持つ管理者のロールを持つユーザのみが管理できます。