Blackboard Learnには管理者用のEメール機能が含まれ、ユーザ群にすぐにEメールを送信できます。

  • すべての教員
  • すべての学生
  • すべてのユーザ

受信者を指定した後、すべてのメッセージは同じ方法で作成されます。

コースおよびコミュニティでEメールツールを利用可能にする方法の詳細

学生のEメールの使用方法の詳細

教員のEメールの使用方法の詳細


Eメールの送信

  1. 管理パネルの[ツール/ユーティリティ]セクションで、[Eメール]を選択します。
  2. [すべての教員]、[すべての学生]、または[すべてのユーザ]を選択します。
  3. 件名とメッセージを入力します。
  4. [送信]を選択すると、メッセージが送信されます。

DMARC処理をオフにする

Blackboard Learn 9.1 Q2 2016およびQ4 2016リリースで、BlackboardはEメールのDMARC処理をオフにする新しい機能を追加しました。独自のメールサーバをホストし、ユーザのEメールアドレスを制御するクライアントは、DMARCベースでの拒否の影響を受けることがないため、この機能を無効にできます。

  1. bb-config.propertiesファイルで、bbconfig.email.use.dmarc.from.overrideを変更し、DMARC処理を無効にします。設定を[false]に変更します。設定をfalseに変更することにより、[email protected]はメールヘッダから削除されます。
  2. PushConfigUpdatesコマンドを実行して、設定を更新します。

bb-config.propertiesファイルの詳細

PushConfigUpdatesの詳細


Eメール構成設定の編集

Blackboard Learn 9.1 Q2 2017リリースから、管理者は、bb-config.propertiesファイルの設定を編集する代わりに、ユーザインタフェイスのEメール構成設定を編集します。この方法では、Blackboard Learn環境を再起動せずとも、Eメール構成設定を編集できます。

管理パネルで、ユーザがサポートを依頼する連絡先のEメールアドレスを指定できます。追加のEメール設定も利用可能です。管理パネルに移動します。[ツール/ユーティリティ]領域で、[システム設定] > [Eメール設定]を選択して編集を開始します。

必要に応じて、以下の設定を編集します。完了したら、[送信]を選択します。

設定説明
主要サポートEメール宛先Blackboard Learnから発信されるサポート依頼用のEメールアドレスを入力します。これは、コースの[コントロールパネル]で教員およびコース作成者を表す「サポートに問い合わせ」リンクに使用されるEメールアドレスです。

Blackboard Learnの以前のバージョンでは、このフィールドは[システム管理者] > [サポートの問い合わせ先]にあります。

管理者のEメールこのEメールアドレスは、管理者がBlackboard Learnから送信するEメールの[送信者]フィールドに表示されるアドレスです。
「送信者」アドレスを上書きする送信者のEメールアドレスに上書きするEメールアドレスを指定できます。[はい]を選択した場合は、メッセージの[送信者]フィールドに表示されるEメールアドレスを入力する必要があります。
「宛先」アドレスを上書きするBlackboard Learnから送信されるEメールのコピーを受信するEメールアドレスを指定できます。Eメールは対象の受信者に送信されますが、メッセージのコピーがこのEメールアドレスに送信されます。このEメールアドレスにはBlackboard Learnから送信されるすべてのメッセージのコピーが送信されるため、時間の経過とともに非常に多くのメッセージが収集されます。このフィールドを空のままにすると、Eメールのコピーは管理者のEメールアドレスに送信されます。
SMTPのデバッグこの設定を有効にすると、SMTPインタラクションのログが保存されます。このログは、トラブルシューティングの際に役立ちます。
Eメール通知の送信元Blackboard Learnから送信される通知Eメールの[送信者]フィールドに表示するEメールアドレスを入力します。
メールサーバの設定SMTPサーバをセットアップしてLearn内のEメールを管理します。セキュリティを厳重にするには、[認証要求]を選択してSSL/TLSの暗号化を有効化します。[送信]をクリックすると設定が有効になります。この設定ページに最初にアクセスした際に、レジストリにエントリが作成されます。

Blackboard Learnでのセキュリティの詳細

詳細情報bb-config.propertiesファイルのEメール構成設定の詳細を確認できます。これらの設定を編集するには、Blackboard Learnインスタンスを再起動する必要があります。

メールサーバの設定

送信Eメールに関するセキュリティ向上のため、SMTP認証はBlackboard Learn 9.1 Q4 2017以降でサポートされています。[管理パネル]でメールサーバの設定を完了させることができます。記録を残すために、bb-config.propertiesファイルもパラメータに追加されました。[管理パネル]を使用してレジストリエントリが作成されていない場合は、パラメータで設定を行うことができます。レジストリが作成されている場合は、bb-config.propertiesの代わりに使用します。設定ファイルの変更方法は以下のとおりです。

前回のリリースからアップグレードする場合、以前の設定は保存され、新しい構成がデフォルトとなり、認証または暗号化を使用しない設定となります。管理者は、アップグレード後にこれらの機能を有効化できます。Eメールに関するエラーはそのEメールログに記録されます。

bbconfig.propertiesの抜粋 :

## The boolean flag to indicate whether the SMTP server requires authentication, the value can be either true or false(default) ##
[email protected][email protected]
[email protected]@
[email protected][email protected]

## Connection type specifies the way how the emails be encrypted, the valid options are ##
## Default: the emails are not encrypted.
## StartTLS: the emails are encrypted via TLS
## SSL: The emails are emails via SSL
## Any other value (including null) will be token as Default. ##
[email protected][email protected]


コース内でのEメール使用権限の制限

管理者は、コース内のユーザがEメールツールを使用して連絡を取り合うことのできる範囲を設定できます。コース内で利用可能なオプションにより、Eメールツールでの受信者を制限できます。これにより、学生によるツールの誤使用を防ぐことができます。

以下の権限を設定することで、オプションを管理できます。

  • [コース/コミュニティ (ツール)] > [Eメールの送信先] > [すべてのグループ]
  • [コース/コミュニティ (ツール)] > [Eメールの送信先] > [すべての教員/代表者ユーザ]
  • [コース/コミュニティ (ツール)] > [Eメールの送信先] > [すべてのオブザーバーユーザ]
  • [コース/コミュニティ (ツール)] > [Eメールの送信先] > [すべての学生/参加者ユーザ]
  • [コース/コミュニティ (ツール)] > [Eメールの送信先] > [すべてのティーチングアシスタント/アシスタントユーザ]
  • [コース/コミュニティ (ツール)] > [Eメールの送信先] > [すべてのユーザ]
  • [コース/コミュニティ (ツール)] > [Eメールの送信先] > [グループの選択]
  • [コース/コミュニティ (ツール)] > [Eメールの送信先] > [オブザーバーユーザの選択]
  • [コース/コミュニティ (ツール)] > [Eメールの送信先] > [ユーザ の選択]

管理者権限で無効にしたEメールの設定を、教員が有効化することはできません。たとえば、学生によるコース内のすべてのユーザへのEメール送信を制限した場合、そのオプションはグレーで表示され、教員がコース内で有効化できなくなります。

教員がコース内でEメールを有効化する方法の詳細