特定のアクションに必要なアクセス権

この表で、特定のアクションに必要なアクセス権について説明します。フォルダの場合、ユーザは一般的にフォルダおよびそのすべてのコンテンツ、サブフォルダおよびそのコンテンツのアクセス権が必要です。

ユーザが作業しているフォルダの読み取り権とその他に必要なフォルダおよびそのコンテンツのアクセス権をユーザが持っていれば、サブフォルダの読み取り権は必ずしも必要ではありません。たとえば、ユーザが親フォルダの読み取り権と削除権を持ち、サブフォルダについては削除権のみを持っている場合、そのサブフォルダを含む親フォルダを削除することができます。この場合、ユーザはサブフォルダに対する読み取り権を持っていないため、サブフォルダのみの削除はできません。 

必要なアクセス権
アクション必要なアクセス権
ファイルまたはフォルダを追加する現在のフォルダの読み取り権および書き込み権
ファイルまたはフォルダを編集する項目の読み取り権および書き込み権
ファイルまたはフォルダを表示する項目の読み取り権
ファイルをダウンロードする項目の読み取り権
フォルダとフォルダ内の項目すべてをダウンロードするフォルダとフォルダ内の項目すべての読み取り権
ファイルまたはフォルダをEメールで送信する項目の読み取り権
ファイルまたはフォルダのプロパティを表示する項目の読み取り権
ファイルをコピーする項目の読み取り権と宛先フォルダの書き込み権
フォルダをコピーする項目 (とそのサブフォルダおよびファイルすべて) の読み取り権と宛先フォルダの書き込み権
ファイルまたはフォルダのプロパティを編集する項目の読み取り権および書き込み権
ファイルまたはフォルダを移動する移動させる項目の読み取り権と削除権および移動先フォルダの書き込み権
ファイルまたはフォルダを削除する項目の読み取り権および削除権
ファイルまたはフォルダをロックおよびロック解除する項目の読み取り権および書き込み権

ロックを設定したユーザのみが項目をロック解除できます。

ファイルまたはフォルダのコメントを追加または表示する(コメントが共有されている場合) 項目の読み取り権

(コメントが共有されていない場合) 項目の読み取り権と管理権

ファイルまたはフォルダにブックマークを付ける項目の読み取り権
トラッキングを有効または無効にする項目の読み取り権および管理権
バージョン - ファイルのチェックアウト項目の読み取り権および書き込み権
バージョン - ファイルをチェックインする項目の読み取り権および書き込み権

ファイルがチェックアウトされると、バージョンがロックされます。ファイルをチェックインできるのは、ファイルをチェックアウトしたユーザだけです。

バージョン - ファイルの削除項目の読み取り権、書き込み権および削除権
バージョン - ファイルをロールバックする項目の読み取り権および書き込み権

バージョンをロールバックできるのは、ファイルをチェックアウトしたユーザだけです。

ワークフロー - ファイルの追加項目の読み取り権および管理権
ワークフロー - コメントを追加するユーザはワークフローアクティビティの所有者または受信者である必要があります。
ワークフロー - ファイルを編集するユーザはワークフローアクティビティの所有者である必要があります。
ワークフロー - 送信または受信したワークフローアクティビティからファイルを削除するユーザはワークフローアクティビティの所有者かコメントを送信したユーザである必要があります。