管理者は[カタログエントリオプション]ページで、[Learning Objectsカタログ]にエントリを送信するためのシステムの利用可否の設定を選択できます。カタログエントリが利用可能である場合、選択した権限を持つユーザは、コンテンツ管理の項目をカタログに送信できます。カタログマネージャで、これらのエントリを承認するか拒否するかを決定します。


カタログエントリオプションの設定

  1. [管理パネル]の[Content Management]で、[Learning Objectsカタログ]を選択します。
  2. [カタログエントリオプション]を選択します。以下の表に使用できるフィールドを示します。
  3. 送信]を選択します。
フィールド説明
システムの利用可否の設定[はい]または[いいえ]を選択して、カタログエントリ送信をシステムで利用可能にするかどうかを指定します。[はい]を選択した場合、この機能を受信するユーザロールを選択します。[いいえ]を選択した場合、システム上のすべてのユーザはカタログエントリを送信することができません。
利用可能すべてのユーザがエントリをカタログに送信できるようにするには、[全員]を選択します。所属機関でCommunity Engagement機能が利用できる場合、[選択したロール]をクリックして、特定のロールを持つユーザがカタログエントリを送信できるようにします。[選択する項目]リストからロールを選択し、矢印を使用して、選択したロールを[選択された項目]リストに移動します。
パブリックカタログエントリオプション今後、教育機関がパブリックカタログにエントリを追加するかどうかを決定します。このエントリをパブリックカタログに含める場合は、[はい]を選択します。エントリがパブリックカタログ用にマークされないようにする場合は、[いいえ]を選択します。パブリックカタログを今後利用可能にするには、追加する各エントリに対してこのオプションを選択する必要があります。