セルフホスティングおよびManaged Hosting管理者を対象としています。
SaaS管理者の方は、導入の際にCollaborate Ultraに関する情報をヘルプセクションで確認してください

CollaborateのUltraユーザエクスペリエンスとは何ですか?

当社では、ユーザによりよい学習体験を提供するために、Blackboard Collaborateの設計を見直しました。これがUltraユーザエクスペリエンスです。授業に割く時間を増やし、設定に割く時間を減らすことができます。

セッションにすばやく参加 セッションにアクセスするために、Javaやランチャーをインストールする必要はありません。ブラウザベースのセッションに、すばやく簡単に参加できるようになりました。

モダンな美しさを味わう スマートで直感的なインターフェイスはすっきりしていて、あらゆる操作が簡単に行えます。当社ではこれをUltraユーザエクスペリエンスと呼んでいます。

学習に集中 インターフェイスが使いやすいので、ソフトウェアの使用方法ではなく、学習に集中することができます。

受講者によるCollaborateのUltraユーザエクスペリエンスの使用法の詳細

モデレータによるCollaborateのUltraユーザエクスペリエンスの使用法の詳細


Blackboard Learn 9.1でのCollaborate

Collaborate Request Integration Credentials


Get your credentials

To use Collaborate with the Ultra experience with your Learning Management System (LMS), start by contacting Blackboard to have it enabled on your instance and receive your integration credentials.

Submit a case on Behind the Blackboard (available in English only). Fill in all of the fields and make these selections:

  • From the Product line menu, select Collaborate.
  • From the Environment menu, select Web Conferencing.
  • From the Issue Topic menu, select Collaborate Ultra.
  • From the Functional Area menu, select LMS Integration Credential Creation Requests.
  • From the Category menu, select your Learning Management System.
    • Blackboard Learn
    • LTI integration
    • Moodle plugin
    • Rest API integration
  • From the Instance menu, select your instance:
    • Production
    • Test
    • Development
  • In the Description area, specify Collaborate Ultra.

インストールと設定

使用するBuilding Blockを決めたら、Blackboard Learnインスタンスにインストールする必要があります。また、Building Blockを設定する必要があります。設定が完了するまで教員はCollaborateを使用できません。

Blackboard Collaborate Ultra Building Blockを設定

Blackboard Collaborate Ultra Building Blockは、Learning Tools Interoperability® (LTI、学習支援ツールの相互運用) 準拠の認証資格を使用します。このBuilding Blockをインストールした後、新しい認証資格をリクエストする必要があります。以前にLTI統合を使用して Blackboard LearnインスタンスにCollaborateを追加したことがある場合は、その認証資格を再利用することができます。

  1. [管理者ツール]、[Building Blocks]、[インストールされているツール]に移動します。
  2. [Blackboard Collaborate Ultra]を見つけて[設定]を選択します。
  3. Web会議の設定]を選択します。
  4. [Collaborateサービスの設定]情報にBlackboardから入手した情報を入力します。
  5. 送信]を選択します。
  6. Building Blockを設定後、オンにします

Blackboard Collaborate Building Blockを設定

  1. [管理者ツール]、[Building Blocks]、[インストールされているツール]に移動します。
  2. [Blackboard Collaborate]を見つけて[設定]を選択します。

    初めてこのBuilding Blockを使用する場合は、Blackboardから提供されている認証資格を入力する必要があります。

  3. [コースの利用可否の設定]を選択し、[Ultraユーザエクスペリエンスを使う]を選択します。
  4. Building Blockを設定後、オンにします

[Ultraユーザエクスペリエンスを使う]を選択した場合、UltraユーザエクスペリエンスのCollaborateがBlackboard Learnの全コース、コミュニティ、関連付けられたユーザでただちに利用可能になり、元のユーザエクスペリエンスのCollaborateは選択できなくなります。

Blackboard Learnコースに既にある元のユーザエクスペリエンスを使用するCollaborateセッションは、Ultraユーザエクスペリエンスに変換されません。元のユーザエクスペリエンスの記録は、UltraユーザエクスペリエンスのCollaborateがそのコースに対して有効化された状態でも、Blackboard Learnのコースで引き続き利用可能です。ただし、このオプションを選択すると、各コースルームで使用できるのはUltraユーザエクスペリエンスのみとなります。

特定のコースでCollaborateユーザエクスペリエンスを選択したい場合は、[カスタム]を選択することができます。コースを検索して、そのコースで使用するCollaborateユーザエクスペリエンスを選択します。


Collaborateをオンにする

Collaborateを設定したらオンにします。

  1. [管理者パネル]から[ツール]を選択します。
  2. [Blackboard Collaborate]または[Blackboard Collaborate Ultra]を探します。
  3. コースおよび必要に応じてコミュニティツールをオンにします。

コースでルームをオンにした後、教員またはそれ以上のロールを持つ人が、他のコースユーザの初回アクセス時にそれらのユーザに対してルームを利用できるようにします。コースの開催中、ルームは常に開かれています。

Blackboard Learnコースでのツールの制御の詳細

CollaborateおよびLearnの出欠レポート (管理者向け)


出欠レポート

出欠レポートは終了の日付と時刻のあるセッションでのみ利用可能です。コースルーム内では出欠は追跡されません。

Collaborateが教員に代わって出欠を取ります。Blackboard Learnの教員は、出欠を手動で追跡せずにCollaborateセッションをホストすることができます。

管理者と教員が設定する項目に基づいて、学生がセッションに出席しているか、遅刻したか、欠席したかをCollaborateが追跡します。Collaborateは、その情報を該当するBlackboard Learnコースの[出欠]ページに直接送信します。

Collaborateセッションの出欠情報は、コースの各学生の平均出欠にカウントされます。また、学生の成績計算にも使用できます。

Blackboard Learnでの出欠の詳細

出欠レポートの設定

出欠レポートを使用する前に、システムでBlackboard Collaborate Ultra Building Blockを有効にして設定する必要があります。Learnの各インスタンスに、一意のCollaborate利用者アカウントも必要です。Collaborate利用者アカウントをステージング環境と本番環境の間で共有する場合は、追加のCollaborate利用者アカウントをリクエストする必要があります。

出欠レポートを使用するには、クラウドサイトIDを登録し、出欠レポート機能を有効にする必要があります。

  1. [管理者ツール]から、[Building Blocks]、[インストールされているツール]の順に選択します。
  2. [Blackboard Collaborate Ultra]を見つけて[設定]を選択します。
  3. [クラウドサイトIDの登録]を選択します。
  4. [登録]、[送信]の順に選択します。
  5. [出欠設定]を選択します。
  6. [出欠のレポート]チェックボックスを選択します。

    これにより、教員はセッション内で出欠レポート機能を使用できるようになります。教員は、出欠を追跡するセッションそれぞれにこの機能を使用するよう、引き続き選択する必要があります。詳細については、教員向けの出欠レポートのヘルプを参照してください。

  7. 必要に応じて、出欠しきい値を編集します。この出欠しきい値はロックされていないため、教員は、セッション内で値を変更できます。
    • 次の時間を過ぎると遅刻 :入力した分数が経過した後でセッションに参加した出席者は、遅刻とみなされます。デフォルトでは、予定された開始時刻から5分以上 (最大20分) 遅れてセッションに参加した場合、遅刻となります。5分を1秒でも過ぎると、遅刻とみなされます。
    • 次の時間を過ぎると欠席 :入力した分数が経過した後でセッションに参加した出席者は、遅刻とみなされます。デフォルトでは、予定された開始時刻から20分以上遅れてセッションに参加した場合、欠席となります。20分を1秒でも過ぎると、欠席とみなされます。
    • セッションの所要時間 :出席とみなされるには、出席者は選択したパーセンテージ以上の時間、セッションに参加する必要があります。デフォルトでは、セッション実行時間の半分以上参加することで、出席とみなされます。
  8. 送信]を選択します。

Blackboard Learnでの出欠の詳細


よくある質問

すでに持っているBlackboard Collaborate Building Blockの認証資格を、新しいBlackboard Collaborate Ultra Building Blockに再利用できますか?

いいえ。新しい認証資格をリクエストする必要があります。

LTIをBlackboard LearnでのCollaborate Ultraで使用していますが、今持っているLTI認証資格を新しいBlackboard Collaborate Ultra Building Blockで使えますか?

はい。お持ちのLTI認証資格は、新しいBlackboard Collaborate Ultra Building Blockで使えます。

Blackboard CollaborateとBlackboard Collaborate Ultra Building Blockを同時に使えますか?

はい。それぞれは独立しています。

自分のUltraセッションと記録を、Blackboard Collaborate Building BlockからBlackboard Collaborate Ultra Building Blockへ移動できますか?

いいえ。しかし、Blackboard Collaborate Building Blockを同時に使えるので、そこに保存されている記録を利用できます。

教員がセッションをホストする際にBlackboard Collaborate Building Blockを使用できないようにしたいが、その記録は利用できるようにしたいという場合は、Blackboard Collaborate Building Blockを[記録のみ]に変更します。 

Blackboard Collaborate Building Blockを[記録のみ]に設定する方法の詳細については、Behind the Blackboardを参照してください (英語のみ)

自分のUltraセッションと記録をUltra LTIからBlackboard Collaborate Ultra Building Blockに移動することはできますか?

はい。新しいBlackboard Collaborate Ultra Building Blockで、Ultra LTIセッションおよび記録を見ることができます。

新しいBlackboard Collaborate Ultra Building Blockでは私のセッションがありますか?

いいえ。新しいコースルームがあり、新しいセッションを作成することができます。

Blackboard Collaborate Ultra Building Blockのセッションのスケジュール設定についての情報はどこで見つかりますか?

セッションのスケジュール方法についてのモデレータ向け情報