[ゲートウェイ]ページのカスタマイズ

ユーザはBlackboard Learnにアクセスした場合は通常、[ゲートウェイ]ページが最初のページとなります(管理者が[ゲートウェイ]ページのバイパスを指定した場合を除きます)。

[ゲートウェイ]ページには、以下の機能があります。

  • ログイン :ユーザは[ログイン]ページへ移動します。
  • コースカタログ : ユーザはコースカタログへ移動します。この機能は、管理者によってオフにされる場合があります。
  • アカウントの作成:ユーザは[アカウントの作成]ページへ移動します。この機能は、管理者によって削除される場合があります。任意のユーザに対してアカウント作成用URLへのアクセスを許可する場合以外は、このボタンをオフにしてください。

また[ゲートウェイ]ページには、Blackboardからのデフォルトの歓迎メッセージと画像が含まれています。


[ゲートウェイ]ページのバイパス

[ゲートウェイ]ページをバイパスする場合、管理者はサイトの訪問者をゲストとして直接ポータルに移動させることができます。[ポータル直接エントリ]は、教育機関がCommunity Engagement機能にアクセスできる場合のみ利用できます。ユーザは、ヘッダーフレームの[ログイン]を選択するとログインできます。また[ゲートウェイオプション]ページには、パスワード紛失のユーザリクエストを処理するURLを変更するためのオプションが含まれています。


ゲートウェイページでボタンをカスタマイズする

[ゲートウェイ]ページと[ログイン]ページ内のいくつかの機能は、カスタマイズ可能です。ユーザがBlackboard Learnにアクセスした場合は、通常、[ゲートウェイ]ページが最初のページとなります。このページには、任意のユーザに対してアカウントの作成やカタログの参照を許可するボタンがあります。

セキュリティとデータ整合性の理由から、ユーザに対してアカウントの作成を許可することをお勧めします。


ゲートウェイオプションの設定

管理パネルの[セキュリティ]セクションで、[ゲートウェイオプション]を選択します。以下の表にオプションを示します。アカウントのロックオプションに関する詳細については、アカウントロックを参照してください。

ゲートウェイオプション
オプション説明
ユーザのスタートページ
スタートページこのオプションは、教育機関がcommunity Engagementにライセンス付与している場合に限り作成できます。[タブページ]を選択すると、[ゲートウェイ]ページを完全にスキップして、サイトの訪問者をゲストとして直接ポータルに送ることができます。ユーザは、ヘッダーフレーム内のボタンからログインできます。この設定を変更する場合は、サーバを再起動してエラーの発生を回避してください。ログインモジュールは、[ポータル直接エントリ]がオンになっている場合にのみオンにできます。
ゲートウェイ機能
コースカタログへのリンク[有効]を選択すると、[ゲートウェイ]ページにあるコースカタログへのリンクボタンが表示されます。[外部カタログURL]のリンクをフィールドに入力します。
アカウントへのリンクの作成[有効]を選択すると[ゲートウェイ]ページに、訪問者にユーザアカウントの作成を許可するためのボタンが表示されます。作成されるユーザアカウントは、教育機関ロールが「学生」で、管理者ユーザ権限が「なし」となります。
パスワードを忘れた場合の機能
忘れてしまったパスワードを要求[有効]を選択すると、ユーザがアカウントのパスワードをリクエストするためのリンクを有効にできます。
忘れてしまったパスワードのURLログインページのリンクにURLを設定して、ユーザ情報に格納されているEメールアドレスへのパスワードの送信をユーザがリクエストできるようにします。デフォルトのURLは /webapps/blackboard/passwordです。
ゲストアクセスのデフォルト
システムへのゲストアクセスを許可[有効]を選択すると、アカウントのないユーザ(認証されていないユーザ)が、ポータル領域など、システムにアクセスできるようになります。[無効]を選択すると、アカウントのないユーザは、システムにアクセスできなくなります。
コースへのゲストアクセスを許可[有効]を選択すると、ユーザアカウントのないユーザ(認証されていないユーザ)が、システムのコースにアクセスできるようになります。[無効]を選択すると、教員は、コースの領域をゲストに利用可能にできなくなります。
組織へのゲストアクセスを許可 [有効]を選択すると、ユーザアカウントのないユーザ(認証されていないユーザ)が、コミュニティにアクセスできるようになります。[無効]を選択すると、代表者はコミュニティの領域をゲストに利用可能にできなくなります。

歓迎メッセージと画像のカスタマイズ

歓迎メッセージと画像をカスタマイズするには、ファイルシステム内のHTMLフラグメントを置換します。各バーチャルインストールでは、カスタマイズした独自の歓迎メッセージと画像を表示することができます。以下の手順によって、HTMLフラグメントを置換して、教育機関用にカスタマイズされた歓迎メッセージと画像を生成します。

  1. バーチャルインストールのURLを開いて、[ゲートウェイ]ページが表示されていることを確認します。
  2. Blackboardファイルシステム内で、ディレクトリを/content/vi/vi_ID/brandingに変更します。vi_IDは、バーチャルインストールの名前です。
  3. gateway.bbファイルのコピーを保存して、デフォルトへのリストアができるようにします。
  4. gateway.bbを編集または別のHTMLフラグメントに置換します。
  5. バーチャルインストールのURLを開いて、歓迎メッセージと画像が指定どおりに表示されていることを確認します。