Q2 2018リリースへのアップグレード方法これらのリソースを使って、情報を幅広く伝えます。

教育者や学生に新しいリリースの詳細を伝える必要がありますが、こうしたコミュニケーションの作成には時間も手間もかかります。Blackboardでは、こうした手間をできるだけ簡略化するよう取り組んでいます。

最新のBlackboard Learnリリース (Q2 2018、Q4 2017、およびQ2 2017) で導入された新機能や拡張機能について、認識や興味を促し、最終的な採用につなげるのに役立つ、カスタマイズ可能な各種リソースを以下に示します。

それぞれのニーズに合わせてリソースを自由に修正し、配布してください。別の目的に利用することも可能です。


新機能をカバーするリソース :ゼロから始める必要はありません

次の冊子および機能ガイドは、最新のBlackboard Learnのアップグレードについて興味を引き寄せるために、教育機関のWebプロパティで使用したり、Eメールで配布したりできます。

教育関連技術者向け冊子 : ITスタッフ向け最新リリースの概要

  1.  
  2.  
  3.  

リリースノートで以下の2つの機能の提供状況を確認してください。1) フィードバックの記録の作成、2) クラウドストレージ統合。これらの機能は、Q2 2018リリースで一般提供されます。提供開始についてのお知らせは、Behind the BlackboardおよびリリースノートのBlackboardヘルプで行われます。

教育者向け冊子 : 教員向け最新リリースの概要Blackboard LearnのQ2 2018、Q4 2017、Q2 2017リリースに対応しています。

この教育者向け冊子では、Q2 2018、Q4 2017、Q2 2017リリースで追加された新機能について解説します。この冊子をカスタマイズする場合は、上記の教育関連技術者向け冊子のうち、アップグレードのタイプに適した冊子を参照してください。

教育者および学生向け機能ガイド : 最新リリースにおける新しいエンドユーザ機能を詳しく説明しており、カスタマイズして教育者および学生に配布できます。

教育者および学生向けEメールテンプレート : これらのEメールテンプレートをカスタマイズして、Blackboard Learnのアップグレードと新機能について情報を発信します。


Webリソースとウェビナー

以下のリストには追加のWebリソースとウェビナーが含まれています。教育者、学生、教育関連技術者と共有することをお勧めします。


コミュニケーションチェックリスト

コミュニケーションプランを一から作成するのは時間がかかります。このため、戦略ガイドとして下記のチェックリストを作成しました。

また、Blackboard Communityサイトで次のブログ投稿をご覧ください :“マーケティング”技術の変化 :技術の採用を促進するための5つのヒント。

チャンネル提案
Webのタイルとページ教育機関の主なWebページに社交的なタイルを追加します。

Blackboard Learnの新着情報について説明する専用のページまたはセクションを構築します。

Wikiとブログ知識リポジトリを構築し、情報を共有します。

上記で共有された1、2個のコンテンツにリンクします。

書くことが好きでない場合は、当社のブログの1つを再投稿します。

[電子メール]Eメールで今後の変更を通知します。

リーチを広げ、コミュニケーションに運営陣、教職員、スタッフ、学生を含めます。

上記で示したチラシをEメールに添付します。

チラシ上記で示した1ページのチラシを、キャンパス周辺の教職員の掲示板に掲示します。
Twitter、Facebook、LinkedInソーシャルメディアを活用して、認識と興味を引き起こします。

関連ソフトウェアの連絡事項について、@Blackboardをフォローします

教職員および学生の新聞教職員と学生の新聞は、情報伝達の優れた方法です。

反応を共有できるように、学生記者に新しいソフトウェアをプレビューさせることを検討します。

主要な利害関係者のミーティング最新リリースに含まれるツールの多くは、学部長、教育機関リーダー、教職員、学生にとって非常に魅力的です。そのため、皆にこのイニシアチブに目を留めてもらう機会を作ることをお勧めします。

アカデミックリーダーシップ会議、学部長会議、教職員委員会議、学生委員会議のすべてが、認識、興味、サポートを構築するための優れた機会となります。

教職員のトレーニングオンライン、個人、1対1のいずれかで、所属教育機関に最も効果的なトレーニングをスケジュールします。

その他のLearnリリースおよびその他の製品向けコミュニケーションおよび導入のツールキットの詳細

このページで紹介したツールに関するコメントや、追加してほしいツールがある場合は、フィードバックを送信してください