この情報は、Ultraユーザエクスペリエンスのみに適用されます。

それでは始めてみましょう。

新しいCourseSitesを試すにあたって、いくつかの手順について説明します。これらの機能を使用してみて、感想を教えてください

1.ユーザ名だけでなく、オンラインプロフィールを構築します。


2.SMS通知機能をテストして、外出先でテキストメッセージ通知を受信できるようにします。この機能はプロフィールの[グローバル通知設定]で有効にできます。


3.アクティビティストリームを使用して、担当するすべてのコースから集約された最も重要な情報にすばやくアクセスします。


4.教育機関のページを確認します。このページではCourseSitesを開始するのに役立つ貴重なリンクやリソース、その他のコンテンツにアクセスできます。


5.タスクを管理し、イベントをカレンダーに追加します。


6.すべてのコースのすべてのメッセージを1ページに表示し、メッセージを自分で作成します


7.コンテンツをアップロード (またはドラッグアンドドロップ) する、過去または既存のUltraコースからコンテンツをコピーする、または一からコンテンツを作成するなどして、魅力的なUltraコースを構築します


8.既存の動画を他のコンテンツとともにコンテンツエディタに直接埋め込みます。動画のリンクをペーストし、代替テキストを追加し、保存します。


9.クラス授業の場合、出欠ツールを使用して、学生の出席、遅刻、欠席、早退をマークしてみましょう。課題の成績の列と同様に、出欠データを成績計算に組み入れることができます。


10.メインコースページの右上隅にあるキャプション吹き出しアイコンを選択すると、掲示板の管理と作成が簡単に行えることを確認します。


11.Ultraコースビューでアセスメントを作成します。プラス記号を選択して[作成]を選択し、コースに課題またはテストを追加します。さらに、複数の答案、グループ課題、制限時間の設定されたテストや課題など、多様な設定を確認しましょう。


12.ルーブリックを作成してテスト、課題、掲示板を評価し、選択した基準に基づいて学生の作業を採点します。


13.オリジナリティを促進するためのツールSafeAssignを使って、課題、掲示板、作文問題における学生の提出物のオリジナリティを確認します。


14.Blackboard Collaborateコースルームに移動して、オフィスアワーまたはバーチャルクラスを開始します。他の人がコースルームにいると、教員と学生に紫色のインジケータの警告が表示されます。


15.Blackboard Instructorアプリと学生用のBlackboardアプリを使用して、モバイルで教育と学習を行います。