Communicate effectively.

Your school's website includes a simple-to-use notification system that is designed for teachers — Teacher Communications. You can send messages to any of your students, the entire class, all your classes, or just to parents. Plus, Teacher Communications allows you to send pre-made messages. These messages are categorized into teacher specific categories and can be targeted to select students based on the message subject. You can also create your own message.

Check it out!


Send my own message

If you want to create your own message instead of sending a pre-made message, you can type your own content in Send Message page. You can then select to send it as an email, text/SMS message, or if set by your school, as a phone message.

  1. Select Messages.

    Each teacher's students are separated into classes.

  2. Select the class or a user group.

    Is there a group of students or parents that you contact on a regular basis? Create a special user group!

  3. To send a message to one or a few members, select the specific users. You can select all parents or all students, or use the list icon to select individual users. You can also search for specific users by name.
  4. Type the Subject.
  5. Select one or more delivery methods from the main send message page to send to the recipients:
    • Emails - Type your text and add any images. To remove the email option, close out the tab from the upper right hand corner.
    • Text/SMS - Content needs to be less than 160 characters. To copy content from the email message, select the Copy Content icon. To remove the text/SMS option, close out the tab from the upper right hand corner.
  6. Select Start Time to change the time to send the message. If you want to repeat message, you can also add more dates and times. You cannot send messages during your school's blackout times.
  7. Include language translations by selectingLanguage, and select each language needed.

    You can remove any language with the Delete icon.

    Amheric language will not include translation or text-to-speech capabilities. Some Android devices and iOS do NOT support Amheric, and the message may not look correct on those devices. However, it is expected that those users requiring Amheric language will use phones that support the display.

    If needed, check the text message option if over the character limit.

  8. Select Send when finished.

Send a pre-made message

Pre-made messages allow you to quickly send standard, student-type messages to students in your classes or specific user groups you created. There are several you can choose from.

  • System created: Written and recorded in four supported languages: English, Spanish, Portuguese, and Haitian-Creole. Can't be edited, copied, or deleted. Identified by the Blackboard logo.
  • Admin created: Created by your district administrator. Can be copied only. Identified by an image of a building.
  • User created: Written and recorded by a user. Can be edited, copied, and deleted. Identified by an image of a person.

All of the system pre-made teacher messages are available in several languages including English, Spanish, French, German, Mandarin, and Cantonese. Any of these messages will send in the preferred language of the recipient if available.

Messages will deliver at the optimal start time set by the school or district, and will also adhere to the school or district call window. Contact the school administrator about the teacher message delivery times at each school.

  1. Select Messages.

    Each teacher's students are separated into classes.

  2. Select the class or a user group.
  3. To send a message to one or a few members, select the specific users. You can select all parents or all students, or use the list icon to select individual users. You can also search for specific users by name.
  4. Select a message category from the Saved Messages list.

    Category examples may include Class Achievements, Class Behavior, or Class Projects.

  5. Select the messages to use. The message will appear in the Send Message page.
  6. Type the Subject.
  7. Select one or more delivery methods from the main send message page to send to the recipients:
    • Emails - You can update the text and add any images. To remove the email option, close out the tab from the upper right hand corner.
    • Text/SMS - Content needs to be less than 160 characters. To remove the text/SMS option, close out the tab from the upper right hand corner.
  8. Select Send when finished.

What if I want to send a phone message?

By default, teachers cannot send phone messages unless the feature has been turned on by your district. If it is available, a phone icon will be available on the Send Message page. You can record audio to attach to your message. You can use your school's phone system to record the message, upload an audio file you created, or type text that will translate to speech. You select your recording option from the Phone list when creating a new message.

  • If you select Call me to record, type your phone number and select Call me to record.
  • If you select Call In to record, follow the on-screen instructions to record the message.
    • Call the number listed.
    • Immediately enter the unique four-digit code.
    • Record the message after the prompt.
    • Press pound # when finished.
    • Select from the menu options:
      • Press 1 to save the message.
      • Press 2 to listen to the message.
      • Press 3 to re-record the message.
    • When satisfied with the message, press 1 and wait for the confirmation message before hanging up.
  • If you select Upload Audio file, select Browse to find and upload your recorded audio file.
  • If you select Text to Speech, type your message in the Text messages box. Select Play Audio to listen to the message, or type your phone number and select Call to hear your message.

Create accessible messages

アクセシビリティ対応メッセージの作成

全世界で10億人にのぼる人が、身体的または精神的な障害を抱えていることを知っていましたか?北米の全学生のうち、12.9%が何らかの障害を抱えていることは知っていましたか?学生とコミュニティメンバー全員があなたのコミュニケーションを確実に理解できるようにすることが重要です。

教育におけるアクセシビリティの詳細


あらゆるコミュニケーションに対するアクセシビリティのベストプラクティス

EメールであろうとFacebookであろうと、以下のアクセシビリティのベストプラクティスに従うことで、メッセージを簡単にアクセシビリティ対応にできます。

  • わかりやすく記述すること。文章は短くまとめます。できるだけ音節が1つか2つの単語または単語の組み合わせを使用してください。短縮形を使用しましょう。Hemmingway Editorなどのツールを使用してテキストの読みやすさを評価する。
  • フォントのスタイルまたはカラーだけを使って重要ポイントを表わさないこと。視覚的に強調する必要がある場合、アクセシビリティの観点から、別の方法を使用してください。重要な文の最後には感嘆符 (!) を使いましょう。スクリーンリーダーは、感嘆符や疑問符を抑揚をつけて読み上げます。つまり、ツールは"疑問符"とは読まず、質問調で質問を読み上げます。
  • 画像には代替テキストを含めること。支援ツールは画像だとわかっているので、"~の画像"のように説明する必要はありません。簡潔に、わかりやすく、説明的に記述します。"関連テキストを示す画像"など、すべての画像に同じ代替テキストを使用しないでください。意味がなく、混乱を招くだけです。
  • 代替テキストを追加できない場合は、画像キャプションを追加すること。画像に代替テキストを追加できない場合は、画像に頼らず、テキストだけですべての情報を伝えられるようにしてください。
  • リンクは説明的な内容にすること。リンクはすべて、ユーザがクリックすると何にたどり着くのかを説明する必要があります。"ここをクリック"や"詳細を参照"など、一般的なフレーズを使用しないようにします。WebアドレスやURLは、情報を提供するように考慮されていないため、使用しないでください。そうではなく、テキストを説明的なものにしてください。
  • 添付ファイルをアクセシビリティ対応にすること。上記と同じベストプラクティスに従って、添付ファイルをアクセシビリティ対応にしてください。詳細については、「Blackboardのアクセシビリティ」を参照してください。
  • 動画にはクローズドキャプションまたは字幕を入れること。動画にクローズドキャプションが入っていない場合は、字幕へのリンクを張ってください。
  • メッセージを自分の耳で聞き、音声に問題がないことを確認すること。メッセージを送信する前に、ほとんどのデバイスに用意されているテキスト読み上げツールを使って、メッセージを自分の耳で確認してください。

ソーシャルメディアのアクセシビリティ

ソーシャルメディアは必ずしもアクセシビリティ対応ではありません。スクリーンリーダーのユーザにとってソーシャルメディアの操作はたやすいものではなく、コンテンツで見出し、画像の代替テキスト、動画キャプションが使用されているとは限りません。これはソーシャルメディアを使用できないという意味ではありません。オーディエンスが置かれている状況を理解していただきたいのです。コンテンツがオーディエンス全員に伝わるように、コンテンツをできる限りアクセシビリティ対応にしてください。

FacebookやTwitterを使用するときは、すべてのコンテンツについて「 アクセシビリティのベストプラクティス」に従うとともに、以下のヒントを参考にしてください。

Facebook

  • 投稿するすべての写真と画像に代替テキストを入れてください。
  • 動画を投稿するときには、字幕へのリンクを張ってください。

Twitter

  • ツイートの内容をオーディエンスに伝えてください。ツイートに写真、動画、または音声が含まれている場合は、ツイートの最初に以下のプレフィックスを入れてください。
    • 写真 :[PIC]
    • 動画 :[VIDEO]
    • 音声 :[AUDIO]
  • ツイートの最後にはハッシュタグまたはメンションを入れてください。
  • ハッシュタグではキャメルケースを使用してください。ハッシュタグの各単語の最初の文字は大文字にしてください。例 : #BlackboardAccessibility
  • スクリーンリーダーで読み上げたときに奇妙に聞こえる専門用語や隠語は使用しないでください。