音声と動画の問題

音声と動画に問題が発生している場合は、セッションとブラウザの設定を確認します。

  • 音声または動画のコントロールはオンになっていますか?アイコンが線で消してある状態は、デバイスが無効になっていることを示します。
  • 最新版のSafariを使用していますか?ブラウザを更新します。
  • ブラウザに、カメラとマイクへのアクセス権限がありますか?
    • Safariの[環境設定]メニューを開いて[Webサイト]を選択します。[カメラ]または[マイク]を選択します。[現在開いているWebサイト]のリストからCollaborateを探して、メニューから[許可]を選択します。
  • WebRTC有効化プラグインをインストールしてありますか?
    • Safariの[環境設定]メニューを開いて[Webサイト]を選択します。[プラグイン]のリストからWebRTCを選択します。WebサイトのリストでCollaborateセッションを探して、[オン]を選択します。リスト内にない場合は、WebRTCプラグインをダウンロードして、インストールします。

VoiceOverによる音声設定

[Tab]キーまたはVoiceOverのカーソルナビゲーションキーを使用して、[音声の共有]ボタンにフォーカスします。[Space]バーを押してアクティブ化します。VoiceOverは音声が共有されることを読み上げます。

VoiceOverによる音声設定と表示設定に問題がある場合には、次の手順を実行してください。

  1. [設定]トグルボタンを見つけ、[Space]バーを押して選択します。
  2. [音声と動画の設定]タブを見つけ、[VO+Space]キーを押して選択します。
  3. [カメラとマイクの設定]ボタンにタブ移動し、[Space]キーを押します。
  4. 上下矢印を使用して、使用するマイクを選択します。
  5. Collaborateが音声を受信すると、VoiceOverが「マイクは正常に機能しています。」と返答します。矢印キーで[動作を確認しました]に移動し、[Enter]キーを押します。
  6. 上下矢印を使用して、使用するカメラを選択します。
  7. Collaborateが動画を受信すると、VoiceOverが「カメラは正常に機能しています。」と返答します。矢印キーで[動作を確認しました]に移動し、[Enter]キーを押します。
  8. [閉じる]ボタンで[VO+Space]キーを押し、ダイアログを閉じます。

ヘルプが必要ですか?

ナレッジベースを検索する (英語のみ)

Behind the Blackboardにケースを送信する (英語のみ)。