小人数のグループでのコラボレーションを促すために、モデレータはブレークアウトグループを作成できます。ブレークアウトグループは、インルームとは別であり、出席者を割り当てることができます。

ブレークアウトグループで最適なエクスペリエンスを実現するため、ChromeTM (バージョン52以降) または WebRTC を搭載したFirefox®ブラウザを使用してください。

ブレークアウトグループでは、非公開の音声、動画、ホワイトボード、アプリケーション共有、チャットをサポートします。ブレークアウトグループでの共同作業はすべて、メインルーム (および他のグループ) とは別のものになります。

談話室での発言や表示は記録されません。


ブレークアウトグループで可能な作業は?

ブレークアウトグループは、グループの共同作業を意図して作成されています。グループの出席者はすべてプレゼンタです。つまり、グループメンバ全員が、グループの他のメンバーとホワイトボードやファイル、アプリケーションを共有できます。

グループ内のチャットと共有コンテンツは、そのグループに固有のものになります。全員チャットルームは、グループを問わず、全員に開放されるものです。

ブラウザがアプリケーションの共有をサポートしていることを確認する

プレゼンテーションについての詳細


別のグループに移動する

モデレータはいつでもグループ間を移動できます。モデレータは、受講者が別のグループへ移動することを許可する必要があります。

グループ間の移動が可能な場合は、[出席者]パネルを開き、参加したいグループの横にある[グループに参加]を選択します。