ライブ字幕 (クローズドキャプション)

Ultraユーザエクスペリエンスは、ライブ字幕 (クローズドキャプション) に対応しています。聴覚に障害を持つ生徒や、モデレータとは違う母国語を使用する生徒たちに、アクセス可能な学習体験を提供します。

モデレータは出席者を字幕入力担当者に設定する必要があります。字幕入力担当者は、セッション中の発言を入力します。その他の出席者は、入力された内容をリアルタイムで確認できます。複数の字幕入力担当者を設定して、複数の言語に対応できます。

出席者を字幕入力担当者に設定する方法の詳細 (モデレータ向け)

セッションが記録される場合、ライブセッション中に入力された字幕も含まれます。セッションにキャプショントラックが複数ある場合には、最初のものが記録されます。

参加者向けセッションの記録の詳細

字幕入力担当者になる

字幕入力担当者として、セッション中の字幕を他ユーザに提供します。このロールは、モデレータによって割り当てられます。

1つのセッションで、字幕入力担当者を何人か指定できます。字幕入力担当者は、出席者パネル上で、クローズドキャプション (CC) アイコンで表示されます。

ライブ字幕は、日本語、簡体字中国語、繁体字中国語、韓国語には対応していません。これらの言語がブラウザで設定されている場合、字幕の開始時にエラーが表示されます。

字幕入力担当者となった場合、字幕入力が可能になったことがアラートで通知されます。

準備ができたら、[開始してください]を選択します。これにより、字幕が表示可能になったことが他の出席者に通知されます。字幕入力担当者が文字を入力すると、画面に字幕がリアルタイムで表示されます。

[開始してください]を選択すると、セッション中の音声を入力するためのテキストフィールドが表示されます。

デフォルトでは、字幕のタイトルとして名前が使用されます。他の参加者が字幕入力担当者を識別できるよう、タイトルを変えるようにします。例えば、「字幕」や「スペイン語字幕」といった感じです。

共有されているコンテンツが表示されている状態で、発言者を見たいですか?ピクチャインピクチャを選択すると、アクティブな発言者を表示できます。

ブラウザが中国語、日本語、韓国語の場合

ライブ字幕の入力プロセスは、中国語、日本語、韓国語が言語として設定されたブラウザではサポートされません。つまり、入力した内容が正しく表示されない可能性があります。出席者は結果として表示される文字だけではなく、キー入力も目にすることになります。

:日本語の「河口」を入力する場合、字幕入力担当者がkakouとタイプすると、「kかkこう」と表示されます。これらの文字は手動で「河口」に変換されます。字幕を見る出席者は、入力された文字と変換された文字の両方を見ることになるため、読みにくくなります。

日本語、中国語、韓国語で字幕を入力する場合は、ブラウザの言語を英語に設定してください。


字幕とチャットのトランスクリプトの記録

Collaborateの記録とトランスクリプトのダウンロード

モデレータがセッション記録のダウンロードを許可している場合は、記録プレーヤーの[記録]メニューから、記録とトランスクリプトをダウンロードできます。

画面の左上部で[記録]メニューを開きます。

  • 完全な記録のダウンロード
  • キャプションのトランスクリプトのダウンロード
  • チャットのトランスクリプトのダウンロード

メインの[記録]リストから字幕をダウンロードすることもできます。

  1. [記録]から、字幕 (CC) 付きの記録を検索します。
  2. [字幕オプション]メニューを選択し、[字幕のダウンロード]を選択します。