[セッションの設定]では、セッションで許可するものを制御できます。一部の設定は、セッションを開始する前に設定する必要があります。それ以外の設定は、セッションの開始前、またはセッション中にいつでも変更できます。

セッション開始前に行う設定

設定のほとんどはセッション中いつでも変更できますが、一部はセッション開始前に設定しておく必要があります。

  • ゲストアクセス
  • 既定の参加者ロール
  • チャットのメッセージを匿名にする
  • セッションの電話通信を有効にする
  • プライベートチャット設定
  • 250人以上の参加を許可する

    この大規模セッションのオプションが表示されない場合は、ご利用の統合で同オプションが利用できない設定になっている可能性があります。この設定は、管理者が変更できます。

セッション中に変更できる設定

一部の設定は、セッション中に変更できます。セッション中に設定を変更するには、[Collaborate]パネルを開いて、[設定]を選択し、[セッションの設定]を開きます。

  • モデレータのプロフィール画像のみを表示
  • 参加者の権限

Video: Session Settings in Blackboard Collaborate with the Ultra Experience

Watch a video about session settings

The following narrated video provides a visual and auditory representation of some of the information included on this page. For a detailed description of what is portrayed in the video, open the video on YouTube, navigate to More actions, and select Open transcript.


Video: Session settings shows you session settings that must be set before a session and settings you can change during a session.

ゲストアクセス

ゲストは、セッションに参加するために、セッションにサインインしたりコースに登録したりする必要がない出席者です。ゲストには認証が必要がありません。

ゲストアクセスを許可すると、セッションのゲストリンクが利用可能になります。このリンクは、リンクを持っている人なら誰でも使用し、共有できるパブリックリンクです。ゲストリンクを持っていれば誰でもセッションに参加できます。

ゲストアクセスの詳細

既定の参加者ロール

デフォルトでは、すべての人が参加者としてセッションに参加します。セッション所有者とコースの教員は、モデレータとして参加します。[規定の参加者ロール]メニューを使用して、ゲストおよび学生のデフォルト設定を変更します。

セッション中にデフォルト設定を変更することはできません。ただし、セッションの終了日がない場合は、次にセッションを使用する前にデフォルト設定を変更することができます。

デフォルト設定を変更する前に、各ロールとその権限の違いを確認してください。

ロールおよび権限に関する詳細

セッションの記録の設定

セッションの記録の設定

  • 記録のダウンロードを許可する :セッション所有者の場合は、記録をダウンロードするためにこのオプションをオンにする必要はありません。セッション所有者、コースの教員、および管理者は常に記録をダウンロードできます。[記録のダウンロードを許可する]チェックボックスを使用すると、他のユーザも記録をダウンロードできるようになります。参加者や学生が記録をダウンロードできるようにするには、このオプションを選択します。

    この設定は、セッションの終了後にオンにすることができます。セッションが終了している場合は、セッションの終了日を現在または将来の日付に変更して、[保存]を選択します。

  • チャットのメッセージを匿名にする :セッション中に投稿されるチャットメッセージは、記録では匿名の投稿として表示されます。このオプションは事前に計画し、セッションを記録する前にオンにする必要があります。記録が開始されると、変更できなくなります。このオプションは元に戻せません。

モデレータにのみプロフィール画像を表示

セッションを安全な状態に保ち、不適切なプロフィール画像を避けるには、モデレータにのみ表示されるようにします。これを選択すると、セッションのどこにも参加者のプロフィール画像は表示されません。これには出席者リスト、チャット、ブレークアウトグループ、メインステージが含まれます。代わりに、参加者にはデフォルトのアバターが表示されます。

参加者の権限

参加者が250人未満のセッションの場合、デフォルトではすべての参加者の権限がオンに設定されています。参加者は音声や動画の共有、チャットメッセージの投稿、ホワイトボードとファイルへの描画を実行できます。いずれかのチェックボックスをクリアすると、その権限をオフにできます。

セッションの前またはセッション中に、いつでも参加者の権限を変更できます。これらの設定は、すべての参加者に対して権限をオンまたはオフにします。1人の参加者の権限だけを変更することはできません。特定の参加者に異なる権限を与えたい場合は、その参加者のロールを変更します

参加者の権限を変更しても、モデレータとプレゼンタの権限には影響しません。

より大規模なセッションの場合、すべての参加者の権限はデフォルトでオフに設定されており、変更できません。詳細については、ウェビナーモードの設定をご覧ください。

セッションの電話通信を有効にする

[電話によるセッションへの参加を参加者に許可する]を選択して、参加者がセッションのテレカンファレンスにダイヤルインできるようにします。電話でセッションに参加できるのは最大25名です。ダイヤルインによる出席者が最大数に達した場合、それ以上は電話参加できません。

セッション中は、この設定設定を変更することはできません。参加者がダイヤルインできるようにするには、セッションの開始前にこのチェックボックスを選択します。

Collaborateテレカンファレンスの詳細

プライベートチャット設定

参加者間のプライベートチャットは、デフォルトでオンに設定されていますが、使用方法を制限することができます。

  • 参加者はモデレータのみとチャットできる : 選択すると、参加者はモデレータのみと個人的にチャットができます。選択しなければ、参加者はセッション内の誰とでも個人的にチャットできます。

  • モデレータはすべてのプライベートチャットを監視する : 選択すると、モデレータには出席者間のプライベートチャットチャンネルでの発言がすべて表示されます。チャットが監視されていることを出席者に知らせる警告が、プライベートチャットチャンネルの上部に表示されます。選択しなければ、モデレータはプライベートチャットチャンネルを見ることができません。

プライベートチャットの詳細


大規模セッション

デフォルトでは、セッションでは250人までの出席者がサポートされています。最大500人の出席者をサポートするようにセッションを設定できます。セッションの開始前に、セッションの設定から、[250人以上の参加を許可する]を選択します。

大人数のセッションのオプションが表示されない場合は、セッションの長さを確認します。セッションには終了時刻が必要で、長さは24時間を超えることができません。

この大規模セッションのオプションが引き続き表示されない場合は、ご利用の統合で同オプションが利用できない設定になっている可能性があります。この設定は、管理者が変更できます。

このオプションを使用すると、セッションを最大500人の参加者をサポートするウェビナーにすることができます。ウェビナーモードでは一部の機能が利用できません。次のような機能はオフになっています。

  • 参加者の権限 : 参加者は音声や動画の共有、チャットメッセージの投稿、ホワイトボードとファイルへの描画を実行できません。

    モデレータは、セッション中にチャットをオンにすることができます。モデレータの権限は変更されません。

  • ブレークアウトグループ : ブレークアウトグループは、ウェビナーモードでは利用できません。

参加者にチャットさせたい、または音声を使用させたい場合はどうすればよいですか?

1人の参加者に対して音声や動画の共有、チャットメッセージの投稿、ホワイトボードとファイルへの描画を許可したい場合は、参加者をプレゼンタに昇格させてください。

出席者の管理の詳細