Collaborateで出席者パネルを使用する

出席者はどこで見ることができますか?

[出席者]一覧を開いて、すべての出席者を表示します。Collaborateパネルを開き、[出席者]を選択します。

ひと目で次のことがわかります。

  • 各出席者のロール。出席者をロールでグループ化しているので、セッションで各出席者の役目を簡単に確認できます。
  • 挙手している出席者。挙手している出席者はロールリストの先頭に表示されます。
  • 出席者のステータスまたはフィードバック。
  • マイクをオンにしている出席者。

出席者のリストを探すか、またはパネルの上部で[その他のボタン]を開いて[検索]を選択します。

出席者をポイントすると、ネットワーク接続などの詳細情報を表示できます。モデレータは出席者の名前の横にある[出席者コントロール]を選択して、出席を促すか、ミュートまたは削除を実行します。

キーボード操作を使用している場合は、パネル上部のタブを押して[出席者のアクセス一覧]を探します。[出席者のアクセス一覧]は、フォーカスされるまで表示されません。[Space]バーを押してアクティブ化します。モデレータの場合は、[Tab]を使用して、各出席者の[ コントロール]を移動できるようになりました。


常に出席者パネルを開いた状態にする

[出席者]パネルをずっと開いたままにすることができます。同時に、他のメンバーとのチャットやすべての出席者を確認できます。退席中の参加者、マイクをオンにしている参加者、ネットワーク接続に問題がある参加者を知ることができます。チャット中やセッションに参加している全員が対象です。

[出席者]パネルを開いたままにするには、パネルを切り離す必要があります。これを行うには2つの方法があります。

  1. [Collaborate]パネルを開きます。[出席者]アイコンをメインステージにドラッグアンドドロップします。
  2. Collaborateパネルを開き、[出席者]を選択します。パネルの上部から[その他のボタン]を選択します。[パネルを切り離す]を選択します。

メインステージを調整すれば、すべての表示を保持できます。共有する動画、コンテンツ、ホワイトボード、およびアプリケーションは、パネル表示のスペースを確保するために左に移動します。

パネルはいつでも閉じることができます。パネルの上部から[その他のボタン]を選択します。[パネルを結合する]を選択します。


通知

通知

誰かがセッションに参加したりセッションから退出したときの通知を受け取りたいですか。チャットメッセージが投稿されたときはどうでしょうか。音声通知と視覚的通知のどちらを選択しますか。

Collaborateパネルを開き、[設定]を選択します。[通知設定]を選択します。

デフォルトでは、すべての設定がオンになっています。これらの設定は、通知バナーと通知音のオン/オフの切り替えのみ行います。

これらの通知をオフにした場合も、次のものは引き続き確認できます。

  • [出席者]パネルの参加者の参加ステータス。
  • チャットアイコン上の新規投稿メッセージ数。
  • [出席者]パネルの挙手。
  • 記録時の記録アイコン上の赤いライト。

これらは個人的な設定です。全員が独自の通知を設定します。誰かが挙手したときの通知を設定できるのは、モデレータとプレゼンタだけです。


通知の種類

どのような通知を希望しますか?通知を目で確認したいですか?何か新しいことが発生したときにサウンドでお知らせすることを希望しますか?希望する通知の種類を選択します。次の3つの選択肢があります。

  • Collaborateのポップアップ通知 :Collaborateのメディアスペースに表示される視覚的な通知。これを表示するには、セッションウィンドウを開いてアクティブにする必要があります。
  • 音声 :何か新しいことが発生したときに知らせるサウンド。サウンドは通知の種類によって異なります。
    • セッションの参加に関する通知 :跳ねるようなサウンド。
    • 新着のチャットメッセージに関する通知 :ドスンというようなサウンド。
    • 挙手に関する通知 :「Duh da (ダダ)」というようなサウンド。挙手に関する通知を聞くことができるのはモデレータだけです。
    • セッションの退出に関する通知 :「Bing bong (ピンポン)」というようなサウンド。

    アクセシビリティのページでそれぞれのサウンドを確認する

  • ブラウザポップアップ通知 :ブラウザウィンドウの上部に表示される視覚的な通知。セッションウィンドウが開いてアクティブになっている場合、ブラウザポップアップ通知は表示されません。ブラウザポップアップ通知は、別のブラウザウィンドウまたはアプリケーションを開いてアクティブにしている場合にのみ表示されます。

チャットの監視


チャットの監視

音声や動画で話すのをためらうチャットの参加者もいるかも知れません。

チャットを監視して、誰かが質問しようとしたり、コメントを入力したりしていないか見守ります。[Collaborate]パネルを開き、[チャットを開く]を選択します。

すべてのプライベートチャットを監視することもできます。

プライベートチャットを監視したい、もしくは参加者にモデレータのみとのチャットを許可する場合は、セッションの開始前に[セッションの設定]で各オプションを選択する必要があります。

Collaborateでの出席者のミュート


出席者のミュート

モデレータは個々の出席者を、またはセッション内の全員をミュートできます。これには、BlackboardアプリまたはBlackboard Instructorを使用している出席者が含まれます。

  • 各出席者のミュート : [出席者]パネルから、音声をオンにしている出席者をポイントします。[出席者コントロール]を選択します。[ミュート]を選択します。
  • 全出席者のミュート : [出席者]パネルの上部から[その他のオプション]を選択します。[全員をミュート]を選択します。

ミュートされた出席者には、モデレータによってマイクがオフにされたことが通知されます。

注 : 出席者は、ミュートされたマイクをオンに戻すことができます。

Collaborateでの挙手の管理


挙手の管理

出席者はセッション中、好きなときに挙手できます。こうすることで、あなたの注意を引いたり質問したりできます。管理者は、すぐに相手を指名するか、通知を閉じて後で指名するかを選択できます。

挙手した出席者の横に、挙手している人のイメージが表示されます。また、挙手した出席者は[出席者]パネルのロールリストの先頭にも表示されるので、忘れられたり、見落とされたりすることがありません。

挙手をやめるには、通知内で[挙手の取り消し]を選択します。通知を閉じると、挙手したままにして、後で戻ってくることができます。

[出席者]パネルから挙手を取り消すこともできます。挙手している出席者をポイントして[出席者コントロール]を選択します。[挙手の取り消し]を選択します。

デフォルトでは、誰かが挙手をすると通知されます。出席者が挙手しても挙手通知が表示されない場合は、[設定]の[通知設定]を確認してください。


参加者の権限

ゲスト講演者が話しているときに、参加者ロールの全員の音声をオフにしますか?参加者がホワイトボードを使用できるように設定しますか?

セッションの前はまたはセッション中に、誰が何をできるかを、[セッションの設定]で設定します。Collaborateパネルを開き、[設定]を選択します。[セッションの設定]を選択します。

Collaborateパネルの場所が不明ですか?「自分の設定を見つける」にジャンプします。

デフォルトでは、参加者ロールのユーザは、自分のプロフィール写真の表示、音声および動画の共有、チャットメッセージの投稿、ホワイトボードおよび共有ファイルの利用が許可されています。

セッションの設定の詳細


出席者の昇格

モデレータまたはプレゼンタのロールを、プレゼンテーションの参加者と分担していますか?出席者を別のロールにいつでも昇格させることができます。

昇格させる前に、さまざまなロールを理解してください。たとえば、モデレータに昇格すると、セッションを完全にコントロールできるようになります。

さまざまなロールに関する詳細

[出席者]パネルの出席者をポイントし、[参加者コントロール]を選択します。出席者に割り当てるロールを選択します。

全出席者の昇格

また、すべての出席者をプレゼンタまたはモデレータにすることもできます。セッションのリストからセッションを見つけます。[セッションのオプション]および[設定の編集]を選択します。[ゲストのロール]メニューから[プレゼンタ]または[モデレータ]を選択します。

現時点ではこれは、スケジューラにモデレータアクセス権があるユーザ、LTI準拠のLMSでCollaborateを使用するユーザ、またはBlackboard LearnコースでBlackboard Collaborate Ultraを使用するユーザのみ利用できます。どれを使うべきか迷っていますか?「セッションのスケジュール」にジャンプします


各ロールの役割は?

Ultraユーザエクスペリエンスでは、ユーザはモデレータ、プレゼンタ、参加者、字幕入力担当者となることができます。

  • モデレータ : モデレータは、共有コンテンツを完全にコントロールできます。モデレータは出席者をプレゼンタやモデレータに設定できます。挙手の通知を確認し、挙手をやめさせることができます。出席者をセッションから削除することができますが、他のモデレータを削除することはできません。モデレータはセッションの設定を行えます。この設定には、参加者の権限の決定も含まれます。モデレータは、セッション記録へのリンクが記載されたEメールを受け取ります。
  • プレゼンタ :プレゼンタは、学生に完全なモデレータ権限を与えずにプレゼンテーションを許可するためのロールです。プレゼンタは、コンテンツのアップロード、共有、編集、共有の停止が行えます。また、挙手の通知を確認し、手を降ろすようにすることができます。
  • 参加者 :参加者は、参加者のセッションへの参加や終了、および他者がチャットに投稿したときなどの通知を、有効または無効に設定できます。モデレータは、参加者が音声や動画の共有、チャット、ホワイトボードや共有ファイルの利用ができるかどうか決定します。

    参加者の権限の詳細

  • 字幕入力担当者 :字幕入力担当者ロールは、耳の不自由な学生や、母国語がモデレータと異なる学生に、アクセス可能な学習体験を提供するよう設計されています。出席者はモデレータによって、このロールに指定されます。字幕入力担当者には、発言内容を入力する領域が与えられます。その他の出席者は、字幕入力担当者が入力した内容をリアルタイムで確認できます。複数の字幕入力担当者を設定して、複数の言語に対応できます。

    字幕入力担当者についての詳細


出席者の削除

必要なときにいつでも出席者を削除できます。

[出席者]パネルの出席者をポイントし、[参加者コントロール]を選択します。[セッションから削除]を選択します。

出席者は再度参加できますか?

はい。出席者は切断が通知され、改めて接続できます。

他のモデレータを削除できますか?

いいえ。モデレータは削除できません。削除できるのは、参加者、プレゼンタ、字幕入力担当者だけです。

 

出席

Collaborateが出欠を取ります。Collaborateは出席者がいつセッションに参加し、退席したかを追跡します。これによって、出席者がセッションに参加していた時間の平均がわかります。

各セッションでのセッション出欠レポートを表示できます。

Blackboard Learnコースでの出欠

Blackboard LearnでのCollaborate出欠設定

CollaborateをBlackboard Learnコースから使用する場合、CollaborateがBlackboard Learnコースの[出欠]ページに学生の出欠を送信するよう選択できます。

これは、セッションの開始前に設定する必要があります。

Collaborateの出欠情報をコースと共有する機能は、Blackboard Learnでのみ利用できます。Blackboard Learnを使用しているかご不明な場合は、「ミーティングのスケジュール」を参照して、どの学習管理システムが自分のものであるか確認してください。

出欠レポートの詳細